SSブログ

池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」 [本]

池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」ダイヤモンド社

------------
未来につながる、パスがある。
大手自動車メーカー・トキワ自動車のエリート社員だった君嶋隼人は、とある大型買収案件に異を唱えた結果、横浜工場の総務部長に左遷させられ、同社ラグビー部アストロズのゼネラルマネージャーを兼務することに。
かつて強豪として鳴らしたアストロズも、いまは成績不振に喘ぎ、鳴かず飛ばず。
巨額の赤字を垂れ流していた。
アストロズを再生せよ―。
ラグビーに関して何の知識も経験もない、ズブの素人である君嶋が、お荷物社会人ラグビーの再建に挑む。
------------

池井戸潤さんの2019年の長編小説です。
池井戸さんの小説はほとんど読んでいるのですが、本作は読み逃していました。
図書館にあったので読んでみました。
さすがは池井戸さん読ませますね。
エリートだった主人公は左遷されラグビー部のGMを兼務します。
ラグビー部の再建には内外の敵がいます。
宿敵と思った人物がそうでなかったりと展開も面白く一気に読みました。
大泉洋主演でドラマ化されているのでレンタルで見てみるかな。


ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2019/06/12
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。