SSブログ

松岡圭祐「ウクライナにいたら戦争が始まった」 [本]

松岡圭祐「ウクライナにいたら戦争が始まった」KADOKAWA

------------
単身赴任中の父と3か月を過ごすため、高校生の瀬里琉唯(るい)は母・妹とともにウクライナに来た。
初日の夜から両親は口論を始め、琉唯は見知らぬ国で不安を抱えていた。
キエフ郊外の町にある外国人学校にも慣れてきたころロシアによる侵攻が近いとのニュースが流れ、一家は慌ただしく帰国の準備を始める。
しかし新型コロナウイルスの影響で一家は自宅から出ることができない。
帰国の方法を探るものの情報が足りず、遠くから響く爆撃の音に不安と緊張が高まる。
一瞬にして戦場と化したブチャの町で、琉唯は戦争の実態を目の当たりにする。
------------

松岡圭祐さんがウクライナで戦争に巻き込まれる一家を描いた小説です。
松岡さんの小説は初めて読みました。
リアリティがありまるで実体験の様に読めます。
体験者に聞き取り取材した内容を忠実に描いているそうです。


ウクライナにいたら戦争が始まった

ウクライナにいたら戦争が始まった

  • 作者: 松岡 圭祐
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2022/08/03
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

隆

こんばんは!

意外に好戦的なので、戦争アンチでも無いですね。戦線が膠着して、長い時間が掛かってますが、戦後の平和とか街の再建を考えると、再生して行くには癒しが必要じゃ無いかな、と思います。

だから、多分、大統領は、責任を取って今のリスクと戦うよりも、本業に復帰したいと思って居るんじゃ無いかな、と思います。
by 隆 (2022-11-26 20:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。