SSブログ

小森収インタビュー集/移民の宴 [本]

「小森収インタビュー集」創元推理文庫

------------
各務三郎が「ミステリマガジン」編集長時代を、皆川博子が少女時代の読書体験を、三谷幸喜が「作戦もの」の魅力を、法月綸太郎がアントニイ・バークリーの読み解きを、石上三登志がミステリの楽しみ方を、松岡和子が戯曲を翻訳する喜びを、和田誠が戦後のアメリカ文化を、はじめて語ってくれた。
〈短編ミステリの二百年〉で日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞に輝くアンソロジスト・評論家による類を見ないインタビュー集、待望の文庫化。
北村薫が「良き読者」としての在り方を語る新規インタビューを特別収録。
------------

小森収さんのインタビュー集です。
どれも面白いですが、やはり故人の対談が印象的ですね。
大ファンの和田誠さんとの対談はイラストレーターとしてのデビューから映画の話までとても面白かったです。
三谷幸喜が「スパイ大作戦」に代表される「作戦もの」の話をするのも楽しい。
「スパイ大作戦」ファンとしては「ミッション・インポッシブル」は許せないとか。気持ちはわかる。
石上三登志さんの家庭環境に関する話も貴重でした。


高野秀行「移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活」講談社文庫

------------
日本に住む二百万を超える外国人たちは、日頃いったい何を食べているのか?
「誰も行かない所に行き、誰も書かない事を書く」がモットーの著者は、伝手をたどり食卓に潜入していく。
ベリーダンサーのイラン人、南三陸町のフィリピン女性、盲目のスーダン人一家……。
国内の「秘境」で著者が見たものとは?
------------

海外の秘境を旅する高野さんですが、本作では日本に住んでいる外国人たちを取材します。
南三陸町で震災にあったフィリピン女性、ベリーダンサーのイラン人どの人も興味深いです。
ですが「異国トーキョー漂流記」に登場した盲目のスーダン人がその後結婚して一家を構えた話が一番面白かったかな。

はじめて話すけど……: 小森収インタビュー集 (創元推理文庫)

はじめて話すけど……: 小森収インタビュー集 (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2023/12/18
  • メディア: 文庫



移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)

移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)

  • 作者: 高野秀行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。