SSブログ

川本三郎「サスペンス映画ここにあり」 [本]

川本三郎「サスペンス映画ここにあり」春秋社 読みました。

川本三郎さんが'40-60年代のサスペンス映画について取り上げた本です。
O.プレミンジャー監督「ローラ殺人事件」から、J.クレイトン監督
「回転」まで55本の映画を取り上げています。
それぞれの作品についてだけでなく、監督や出演者の別の作品やリメイ
クについても言及していて情報量は凄いですね。
55本のうち私が見ていたのは以下の4本。
「バニー・レークは行方不明」「ボディ・スナッチャー 恐怖の街」
「ミュンヘンへの夜行列車」「未知空間の恐怖 光る眼」

取り上げた作品の一覧は以下を参照。
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%98%A0%E7%94%BB-%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8A-%E5%B7%9D%E6%9C%AC%E4%B8%89%E9%83%8E/dp/4582282598


サスペンス映画 ここにあり

サスペンス映画 ここにあり

  • 作者: 川本三郎
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2015/06/17
  • メディア: 単行本



nice!(3)  コメント(4) 

4月に見た映画 [映画]

5月以降に見たい映画は映画館が休館中なので、予定がはっきりしたら書きます。

4月に見た映画は以下3本。

11.4/1 「サーホー」
12.4/3 「囚われた国家」
13.4/7 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」
nice!(3)  コメント(2) 

女王と海賊の披露宴 [本]

茅田砂胡「女王と海賊の披露宴」C★NOVELS

茅田砂胡さんの海賊と女王の航宙記シリーズ最新刊です。
「スカーレット・ウィザード」に始まるシリーズですが、
「スカーレット・ウィザード」から20年かあ。
この本は図書館に予約を入れていたのですが、届いたと
たにコロナで休館になってしまったので、買いました。
お話は色々あった二人の披露宴と新婚旅行です。
いや面白かったですね。


女王と海賊の披露宴-海賊と女王の航宙記 (C★NOVELS (か1-75))

女王と海賊の披露宴-海賊と女王の航宙記 (C★NOVELS (か1-75))

  • 作者: 茅田 砂胡
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/11/26
  • メディア: 新書



nice!(4)  コメント(0) 

横山信義「蒼洋の城塞5 マーシャル機動戦」 [本]

横山信義「蒼洋の城塞5 マーシャル機動戦」C★NOVELS

横山信義さんの仮想戦記新シリーズ5巻です。
実は横山さんの本は会社の後輩に借りていました。
ですがテレワークとなりしばらく出社できないの久々に買いました。
本作はドゥリットル空襲を日本の潜水艦が発見していたらという所から歴史が変わります。
アメリカ軍にはエセックス級空母とF6Fが登場し、日本側はいよいよ苦しくなってきます。
この巻では米軍の攻勢に機動部隊司令官の小沢治三郎が奇策を提案し日本軍は有利な展開となります。
これからどうなるか。続巻楽しみです。


蒼洋の城塞5-マーシャル機動戦 (C・Novels 55-107)

蒼洋の城塞5-マーシャル機動戦 (C・Novels 55-107)

  • 作者: 横山 信義
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2020/04/18
  • メディア: 新書



nice!(3)  コメント(0) 

物語の向こうに時代が見える/横道世之介 [本]

川本三郎「物語の向こうに時代が見える」春秋社

川本三郎さんが小説や作家について書いた本です。
車谷長吉(読んでます)や桜木紫乃(読んでいません)など色々な作家
を取り上げて川本さんらしく読ませます。
やはり文章がいいですね。

吉田修一「横道世之介」文春文庫

図書館が休館になるので借りてみた1冊。
映画化された作品は結構見ていますが、吉田修一さんの本は初めて読みました。
面白いですね。作者と同じく長崎から大学生になって上京した主人公の1年間を描きます。
ラストはほろりとさせます。
最近、「続 横道世之介」という続編が出たので機会があれば読んでみたいです。


物語の向こうに時代が見える

物語の向こうに時代が見える

  • 作者: 川本 三郎
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2016/10/20
  • メディア: 単行本



横道世之介 (文春文庫)

横道世之介 (文春文庫)

  • 作者: 吉田 修一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/11/09
  • メディア: 文庫



続 横道世之介

続 横道世之介

  • 作者: 吉田 修一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: 単行本



nice!(5)  コメント(2) 

映像研には手を出すな! [その他]

アニメ「映像研には手を出すな!」見ました。

maxresdefault.jpg

これは面白かったです。
さすがは湯浅政明監督。とにかく情報量がぎっしりで画面の隅まで見逃せない。
声優陣も良かった。アニメ中アニメがとにかく楽しい。
http://eizouken-anime.com/

71QutCJ1v1L.jpg

アニメが面白かったので、実写版も見てみました。
映画版は5月公開予定でしたが、延期に。
ドラマ版は1話を見逃していたので、見逃し配信で見ました。
実写版もなかなかいいですね。
https://eizouken-saikyo.com/

001.jpg
nice!(5)  コメント(0) 

映画の中にある如く/バンダル・アード=ケナード-眠らぬ谷を踏み越え- [本]

川本三郎「映画の中にある如く」キネマ旬報社

川本三郎さんのキネマ旬報の連載「映画を見ればわかること」をまとめた本です。
古い映画の話も少しはありますが、割と新しい映画の話が多いです。
映画の話だけでなく、関係する本、音楽の話も色々と。
色々と面白い話が多いですが、一つ例に上げると「真昼の決闘」のカメラマン、フロイド・クロスビーはCSN&Yのデビッド・クロスビーの父だとか。


駒崎優「バンダル・アード=ケナード-眠らぬ谷を踏み越え-」朝日文庫

駒崎優さんのC-NOVELSの戦記ファンタジーが朝日文庫へ移籍しての2冊目。
文庫になってイラストがなくなったのは残念ですが、お話は相変わらず読せますね。
マドゥ=アリの過去の因縁が関係してきます。
シリーズ旧知のキャラのお医者さんも登場して読ませました。
前巻になかったあとがきも復活して楽しかったです。


映画の中にある如く

映画の中にある如く

  • 作者: 川本三郎
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2018/02/16
  • メディア: 単行本



バンダル・アード=ケナード 眠らぬ谷を踏み越え (朝日文庫)

バンダル・アード=ケナード 眠らぬ谷を踏み越え (朝日文庫)

  • 作者: 駒崎 優
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2020/01/31
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(0) 

あの映画に、この鉄道/星系出雲の兵站-遠征-3 [本]

川本三郎「あの映画に、この鉄道」キネマ旬報社

川本三郎さんの映画と鉄道を語るエッセイ集です。
川本さんは映画ファンで鉄道旅が好きなので、新旧の邦画を見て舞台となった地方の鉄道に乗りに行きます。
川本さんは神保町シアターでの「鉄道映画紀行」という特集上映の選定もしたとか。
男はつらいよシリーズの舞台を訪ねた『「男はつらいよ」を旅する』、「台湾、ローカル線、そして荷風」と重なる部分もあります。
北海道から九州まで映画と鉄道の話がぎっしり。
楽しいですね。やはり川本さんのエッセイは読ませます。

林譲治「星系出雲の兵站-遠征-3」ハヤカワ文庫JA

林譲治さんの長編SF第2部3巻です。
このシリーズは兵站にフォーカスしている所が面白いです。
成田三樹夫がモデルの烏丸三樹夫は今回も活躍します。
ガイナス人の調査が進む事で、意外にも出雲星系の人類の謎が明らかになってきます。
ラストは良い所で続きます。
続巻が楽しみです。


あの映画に、この鉄道

あの映画に、この鉄道

  • 作者: 川本三郎
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2018/10/03
  • メディア: 単行本



星系出雲の兵站―遠征― 3 (ハヤカワ文庫JA)

星系出雲の兵站―遠征― 3 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 林 譲治
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2020/02/20
  • メディア: Kindle版



nice!(5)  コメント(0) 

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実 [映画]

「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」見ました。

184260_01.jpg

------------
作家の三島由紀夫が自決する1年半前に行った東大全共闘との討論会に迫ったドキュメンタリー。
2019年に発見されたフィルムの原盤を修復したことにより、多くの学生が集まった討論会の様子が鮮明に映し出され、当時の関係者や現代の文学者、ジャーナリストなどの証言を交えて全貌が明らかになる。
監督はドラマシリーズ「マジすか学園」などの豊島圭介。
------------

640 (1).jpg

あまりドキュメンタリーは見ないのですが、この作品は評判がいいのと、新作公開が延期になっているので見ました。
見ごたえありました。
討論の学生の観念的な主張はあまり良く分かりませんが、三島のカリスマ性は良く伝わって来ました。

1016642_02.jpg

監督 豊島圭介
ナレーター 東出昌大
音楽 遠藤浩二
出演者
三島由紀夫
芥正彦(元東大全共闘)
木村修(元東大全共闘)
橋爪大三郎(元東大全共闘)
篠原裕(元楯の会)
宮澤章友(元楯の会)
原昭弘(元楯の会)
清水寛(討論会場にいた新潮社カメラマン)
小川邦雄(討論会場にいたTBS記者)
瀬戸内寂聴
椎根和
平野啓一郎
内田樹
小熊英二
nice!(4)  コメント(2) 

ツインスター・サイクロン・ランナウェイ/蒼洋の城塞4 ソロモンの堅陣 [本]

小川一水「ツインスター・サイクロン・ランナウェイ」ハヤカワ文庫JA

小川一水さんの新作です。6000年後の未来。
辺境の巨大ガス惑星で大気を泳ぐ魚をとらえて暮らしている世界。
主人公の漁師テラは、謎の家出少女ダイオードと出逢い誰も予想しなかった漁獲をあげることに。
さすが小川さん読ませますね。
百合SFでもあります。


横山信義「蒼洋の城塞4 ソロモンの堅陣」C・NOVELS

横山信義さんの仮想戦記新シリーズ4巻です。
ドゥリットル空襲を日本の潜水艦が発見していたらという所から歴史が変わります。
前巻から日本側は守勢に回るという展開。
アメリカ軍にはエセックス級空母とF6Fが登場し、日本側はいよいよ苦しくなってきます。
この巻では守勢に回った事で日本軍は有利な展開ですが、これからどうなるか。
続巻楽しみです。


ツインスター・サイクロン・ランナウェイ (ハヤカワ文庫JA)

ツインスター・サイクロン・ランナウェイ (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2020/03/18
  • メディア: 文庫



蒼洋の城塞4-ソロモンの堅陣 (C★NOVELS)

蒼洋の城塞4-ソロモンの堅陣 (C★NOVELS)

  • 作者: 横山 信義
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2020/02/18
  • メディア: 新書



nice!(2)  コメント(0)