SSブログ

デルタの羊/日本アニメ誕生 [本]

塩田武士「デルタの羊」KADOKAWA

------------
アニメ製作プロデューサー・渡瀬智哉は、念願だったSF小説『アルカディアの翼』のテレビアニメ化に着手する。
しかし業界の抱える「課題」が次々と浮き彫りとなり、波乱の状況下、窮地に追い込まれる。
一方、フリーアニメーターの文月隼人は、ある理由から波紋を広げる“前代未聞のアニメ”への参加を決意するが…。
アニメに懸ける男たちの人生が交差するとき、“逆転のシナリオ”が始動する!
------------

塩田武士さんの新作長編です。テーマはアニメーション。
「罪の声」のシリアスな印象が強かったので驚きました。
しかしさすがは塩田さん話が凝っています。
主人公渡瀬が念願の小説『アルカディアの翼』のテレビアニメ化に奔走するという話と、もう一人の主人公のアニメーターの文月の話が交互に描かれるのですが、この二つの話のつながりには思わずビックリ。そう来たか。
その後さらにどちらの主人公も事件に巻き込まれていき、ラストは鮮やかな逆転劇となります。
アニメ業界に関しても相当取材した様ですね。
参考資料に最近友人に言われて録画しているアニメ「SHIROBAKO」も取り上げられています。


豊田有恒「日本アニメ誕生」勉誠出版

------------
手塚治虫をはじめとする日本アニメ黎明期を支えた人々との交流、とり・みきや出渕裕ら、いまなお第一線で活躍する錚々たるクリエイターの巣となったパラレル・クリエイションの日々…。
日本アニメのオリジナル・シナリオライター第一号として、『鉄腕アトム』『エイトマン』『宇宙戦艦ヤマト』など、エポックメイキングとなる作品とともに歩んだ筆者が、貴重なエピソード・お蔵出しの資料とともに伝えるアニメ誕生秘話!
------------

豊田有恒さんが日本アニメ黎明の自身の体験をつづった本です。
豊田さんは、SFマガジンコンテスト入賞者で平井和正の紹介で『エイトマン』のシナリオを書きます。
その後は黎明期のアニメ業界で活躍。ただ徐々に作家に専念します。
『宇宙戦艦ヤマト』に関しては西崎プロデューサーの口のうまさに苦労をされます。
主催したパラレル・クリエイションはとり・みきやゆうきまさみなど作家、マンガ家が所属していて活躍。
その話も興味深いです。

デルタの羊

デルタの羊

  • 作者: 塩田 武士
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/10/07
  • メディア: Kindle版



日本アニメ誕生

日本アニメ誕生

  • 作者: 豊田有恒
  • 出版社/メーカー: 勉誠出版
  • 発売日: 2020/08/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0)