SSブログ

安彦良和マイ・バック・ページズ/原点/安彦良和の戦争と平和 [本]

安彦良和、石井誠「安彦良和マイ・バック・ページズ」太田出版

------------
アニメ『機動戦士ガンダム』『クラッシャージョウ』『巨神ゴーグ』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』、漫画『アリオン』『虹色のトロツキー』『天の血脈』『乾と巽-ザバイカル戦記-』などで知られる、漫画家・アニメーターである安彦良和。
そんな安彦良和が過去に手掛けてきた「全仕事」を30時間を超える超ロングインタビューで語り下ろした、これぞ永久保存版。
------------

漫画家・アニメーターの安彦良和さんの「全仕事」についてインタビューした本です。
これは面白かったです。
この本を読んで初めて知ったのですが、安彦さんは弘前大学時代に学生運動で逮捕され大学を抹籍になっているんですね。
その後、虫プロ経由でアニメーターになります。
安彦ファン、ガンダムファンにはお勧めです。
アニメとマンガの話が主なので、大学時代の話などは「原点」という本作の前に出た本に詳しいです。

安彦良和、斉藤光政「原点 戦争を描く、人間を描く」岩波書店

------------
『機動戦士ガンダム』の生みの親の一人であり,『虹色のトロツキー』など歴史に材をとった作品を世に送ってきた漫画家・安彦良和.
戦い,殺し合ってしまう人間を,彼は,なぜ,どのように描いてきたのか.
東奥日報記者・斉藤光政がその人生に迫り,ついに安彦本人も自らの「原点」を綴った!
生い立ち,学生運動,アニメ・マンガ界での出会いと模索…….
作品世界のバックには,この人間観があった!
------------

安彦良和さんの生い立ちから現在までをインタビューと本人の文章でまとめた本です。
東奥日報に連載された物が元になっています。
学生運動時代の事も詳しくマイ・バック・ページズを補完する本です。
アニメ業界から一時期撤退した事はこちらでは宮崎駿には対抗できないからと語っています。
また、虫プロ養成所時代には伝説の漫画家、岡田史子が同期だったというのも初めて知りました。

杉田俊介「安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本」中公新書ラクレ

------------
『機動戦士ガンダム』の生みの親の一人であり、マンガ家として歴史や神話を題材にした傑作を世に問うてきた安彦良和。
安彦さんが語る、『機動戦士ガンダム』に込めたメッセージや逸話、戦争・歴史マンガへの熱き思い――。
------------

杉田俊介さんが安彦良和さんにインタビューした本です。
上記の2冊と比べると新書だしコンパクトな感じですが、これはこれで面白かったです。


安彦良和 マイ・バック・ページズ

安彦良和 マイ・バック・ページズ

  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2020/11/26
  • メディア: 単行本



原点 THE ORIGIN-戦争を描く,人間を描く

原点 THE ORIGIN-戦争を描く,人間を描く

  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: Kindle版



安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本 (中公新書ラクレ)

安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 杉田俊介
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/05/17
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

罪人の選択/オムニバス [本]

貴志祐介「罪人の選択」文藝春秋

------------
2年半の沈黙を破り、満を持して世に放つ貴志祐介ワールド全開の作品集。
最新SF「赤い雨」は、パンデミックが起きたときあらわになる人間の本性を描いた、今読むべき一作。
表題作は、著者自身が「ここまで強いテンションを維持した作品は、書いたことがありません」と断言する手に汗握るミステリー。
人間の愚かさが絶望で世界を塗りつぶすとき、希望が一筋の光となって未来を照らし出す。
------------

貴志祐介さんの最新刊です。4篇のうち2編がSFの短編集。
どれもかなり暗い話ですが、さすがは貴志祐介さん読ませました。

誉田哲也「オムニバス」光文社

------------
警視庁刑事部捜査一課殺人班捜査第十一係姫川班の刑事たち、総登場!
捜査は続く。人の悪意はなくらない。
激務の中、事件に挑む玲子の集中力と行動が、被疑者を特定し、読む者の感動を呼ぶ。
刑事たちの個性豊かな横顔も楽しい、超人気シリーズ第10弾!
------------

誉田哲也さんの姫川玲子シリーズ最新刊です。
短編集なのでちょっと物足りない部分もありますが、面白かったです。
最終話でちょっとびっくり。誉田さんのあのシリーズともリンクするのか。
続巻が楽しみです。


罪人の選択 (文春e-book)

罪人の選択 (文春e-book)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2020/03/27
  • メディア: Kindle版



オムニバス 警部補 姫川玲子

オムニバス 警部補 姫川玲子

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2021/02/23
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0)