SSブログ

諦念後/工作艦明石の孤独 1 [本]

小田嶋隆「諦念後──男の老後の大問題」亜紀書房

------------
〈2022年6月、惜しくも亡くなられた小田嶋隆さんの幻の連載を1冊に。〉
「人生で前向きだったことなどは一瞬もない。加えて、人生で継続したことはアルコール依存くらい」
齢60にして、そばを打ったり、ギターに再挑戦したり、ジムに通って逆三の体を手に入れようとしたり、体当たりの取材をこなす……。はたして新しい境地は?
定年後の男の身の持っていき場所、ヒマのつぶし方、諦念と満足などを軽やかに綴るコラム集。
------------

亡くなられた小田嶋隆さんの連載をまとめた本です。
色々と老後に挑戦するという話。でも最後は入院で休載となります。
最後が「がんで死ぬという事」というタイトルでせつないですね。
奥さんがあとがきを書いています。


林譲治「工作艦明石の孤独 1」ハヤカワ文庫JA

------------
ワープ航法の開発により、 60ほどの植民星系に広がった人類。
そのひとつ辺境のセラエノ星系で突如地球圏とのワープが不能となる。
星系政府首相のアーシマ・ジャライは、工作艦明石の狼群涼狐艦長に事態の究明を命じる。
一方、セラエノ星系に取り残された地球宇宙軍の偵察戦艦青鳳、 輸送艦津軽もまた、 それぞれの思惑で動き始める。
30光年の虚空で孤立するセラエノ星系150万市民の運命は? 究極のミリタリー文明論SF開幕
------------

林譲治さんの新シリーズです。
ワープ航法の原理が不明なのにワープで植民星系に入植しているという設定はちょっとどうかと思いますが。
とにかく突然地球圏にワープができなくなった植民惑星の運命は。
ファーストコンタクトもからんで来て今後が楽しみです。


諦念後――男の老後の大問題

諦念後――男の老後の大問題

  • 作者: 小田嶋隆
  • 出版社/メーカー: 亜紀書房
  • 発売日: 2023/01/20
  • メディア: Kindle版



工作艦明石の孤独1 (ハヤカワ文庫JA)

工作艦明石の孤独1 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 林 譲治
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2022/07/20
  • メディア: Kindle版



工作艦明石の孤独2 (ハヤカワ文庫JA)

工作艦明石の孤独2 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 林 譲治
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2022/10/18
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

薬の神じゃない [映画]

「薬の神じゃない」DVDで見ました。

28e6c501df1129dc04171d02229ed925.jpg

------------
上海にある男性用の回春薬を販売する店の店主チョン・ヨン(シュー・ジェン)は、店の賃料が払えず妻にもあきれられていた。
何の喜びもない人生を送っていた彼のもとに、ある日、慢性骨髄性白血病患者のリュ・ショウイーがやって来る。
彼は国内で認可された高額な薬の代わりに、インドのジェネリック薬を仕入れてほしいとチョンに頼む。
チョンは断るが、大金に目がくらみ、密輸と販売を行うようになる。
------------

友人のお勧めの2018年の中国映画です。これは面白かった。
白血病のインドのジェネリック薬を仕入れて欲しいと言われた主人公が密輸と販売を行う事になります。
色々あって大儲けしますが、、
これが実話というのに驚きますが、お話はかなりアレンジされている様です。
一度は警察の追求を逃れるため足を洗いますが、患者たちの要望で再び密輸を始めますが。
ラストが泣かせますね。
ちょっと「タクシー運転手 約束は海を越えて」を連想させました。

監督 ウェン・ムーイエ(文牧野)
脚本 ウェン・ムーイエ、韓家女、鍾偉
チョン・ヨン(程勇) - シュー・ジェン(徐崢)
リュ・ショウイー(呂受益) - ワン・チュエンジュン(王伝君)
ツァオ・ビン(曹斌) - ジョウ・イーウェイ(周一囲)
リウ・スーフェイ(劉思慧) - タン・ジュオ(譚卓)
ボン・ハオ(彭浩) - チャン・ユー(章宇)
リウ牧師(劉牧師) - ヤン・シンミン(楊新鳴)
nice!(0)  コメント(0)