SSブログ

彷徨える艦隊 ジェネシス 先駆者たち/夢の砦 二人でつくった雑誌「話の特集」/パスタぎらい [本]

本の感想です。溜めてしまったので短縮版です。

ジャック・キャンベル「彷徨える艦隊 ジェネシス 先駆者たち」ハヤカワ文庫SF

------------
〈彷徨える艦隊〉の時代から時をさかのぼること数世紀……アルファル星系艦隊の退役士官ロバート・ギアリーは、新コロニー設立をめざす四千人の移民団に加わった。
だが到着早々、近隣のスカザ星系の戦闘艇が現われ、この星系はスカザ星系の保護下にあると宣言し、保護料を要求する。
たった20名の防衛部隊の隊長に任命されたギアリーは、救命服と殺傷力のない麻酔銃だけを武器に戦闘艇に立ち向かうが!?
新シリーズ堂々開幕!
------------

「彷徨える艦隊」の外伝2作目です。
本編の数世紀前、本編の主人公ジャック・ギアリーの先祖の物語です。
こちらは読まなくてもいいかなと思っていたのですが、本編の12巻が面白かったので読んでみました。
なかなか面白かったですが、こちらの外伝の続きはいつ出るかな。

矢崎泰久、和田誠「夢の砦 二人でつくった雑誌「話の特集」」ハモニカブックス

------------
「アートディレクターのギャラは払えないの?じゃあ、その代わりデザインは勝手にやるし、企画内容も口出しさせてもらうね」
この約束から二人の雑誌づくりは始まった。30年間にわたって、和田誠はノーギャラでADを務める。
ADというより和田誠は事実上の編集長でさえあったと語る矢崎泰久。
雑誌「話の特集」は和田誠なしには存在しなかった。
単行本未収録「雪国」、吉永小百合インタビュー、ユージン・スミスとの対談など「話の特集」を舞台に発表された希少な名作を再録。
------------

矢崎泰久さんが和田誠さんとの縁を中心に語る「話の特集」。
和田誠さんは事実上の編集長だったそうですが、ノーギャラというのが凄い。
それだけ楽しかったのでしょうね。
単行本未収録「雪国」や対談も収録。

ヤマザキマリ「パスタぎらい 」新潮新書

------------
断言しよう。パスタより美味しいものが、世界にはある!
フィレンツェのモツ煮込み、シチリア島で頬張った餃子、理性を狂わすポルチーニ茸、死にたいくらいに憧れた日本食、忘れ難いおにぎりの温もり、冷えたナポリタンetc.
いわゆるグルメじゃないけれど、食への渇望と味覚の記憶こそが、私の創造の原点――。
絵画を学ぶため、17 歳でフィレンツェに留学。イタリア以外にも北海道やリスボン、エジプト、シリア、シカゴに暮らし、世界中を旅したヤマザキマリが、胃袋で世界とつながった経験を美味しく綴る、極上の食文化エッセイ。
------------

ヤマザキマリさんの食文化エッセイです。
美味しいものの話もありますが、いわゆるB級グルメの話が多いかな。
でもB級でもいかにも美味しそうです。
nice!(0)  コメント(0) 

高峰秀子「私の渡世日記」 [本]

高峰秀子「私の渡世日記」文春文庫上下読みました。

------------
複雑な家庭環境、義母との確執、映画デビュー、青年・黒澤明との初恋など、波瀾の半生を常に明るく前向きに生きた著者が、ユーモアあふれる筆で綴った傑作自叙エッセイ。
------------

今さらながら高峰秀子の映画を見ました。
今までほとんど見ていなかったのですが、友人にDVDを借りた「流れる」が素晴らしかった。
という事で成瀬巳喜男監督とのコンビ作「稲妻」「放浪記」「浮雲」「乱れる」を見ました。
その他五所平之助監督「煙突の見える場所」野村芳太郎監督「張込み」も見ました。
高峰秀子といえば文筆家としても有名です。
まずムック「没後10年 高峰秀子」を読みました。対談やインタビューも収録されていますが、エッセイの文章が素晴らしい。
という事で「私の渡世日記」を。
両親や養母の事から書き始めて、子役時代から数々の名作に出るまで。
こちらの文章もいいですね。
映画と並行して著作も読んでいこうと思っています。


わたしの渡世日記 上 (文春文庫 た 37-2)

わたしの渡世日記 上 (文春文庫 た 37-2)

  • 作者: 高峰 秀子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1998/03/10
  • メディア: 文庫



わたしの渡世日記 下 (文春文庫 た 37-3)

わたしの渡世日記 下 (文春文庫 た 37-3)

  • 作者: 高峰 秀子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1998/03/10
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(2) 

高速戦艦「赤城」4-グアム要塞/中野のお父さんと五つの謎 [本]

横山信義「高速戦艦「赤城」4-グアム要塞」C★NOVELS

------------
米艦隊による硫黄島、サイパン島の日本軍基地への奇襲攻撃は苦闘の末に撃退された。
戦況は一息つくはずだった。しかし、米軍は激戦の裏で密かにグアム島へ増援を送り込んでいたのだ。
これで、日米双方が互いに敵飛行場の破壊と再建の妨害を繰り返す泥沼の状態に。
それでも、機械化された米軍設営部隊の能力は日本軍を凌駕し、グアム島飛行場再建を阻止し続けることは不可能であった。
敵基地が本格稼働する前に一気に攻勢をかけ、グアム島そのものを占領するしかないと、連合艦隊はグアムに向け出撃する。
だが、米海軍も太平洋艦隊の主力戦艦部隊を繰り出し、鉄壁の布陣をもって待ち受けていたのだ――。
------------

横山信義さんの仮想戦記新シリーズ4巻です。
米国が大艦巨砲に走る中、日本は航空主兵で対抗しようとしますが、、
一番のIFはスターリンもヒトラーも死亡しヨーロッパで大戦が起きていない事。
このため日英同盟は健在でアメリカのみが日本を敵視しています。
航空主兵で米国と善戦していますが、徐々に国力の差が出て来そう。
ただ、これほど日本が善戦しても米国が大艦巨砲を修正しないのは硬直しすぎ。
とはいえ続巻楽しみです。

北村薫「中野のお父さんと五つの謎」文藝春秋

------------
文藝編集者として出版社に勤める娘が仕事の現場で行き当たった〈謎〉を、高校の国語教師のお父さんが解決して見せる〈中野のお父さん〉シリーズ第4弾!
かの夏目漱石は、英語の〈アイ・ラブ・ユー〉を〈月が綺麗ですね〉と訳した――世間に広く伝わるこの話、じつは根拠のない伝説だった!
ではこの伝説はいつ、どのように生まれたのか? お父さんの推理が冴える!
ほかに芥川龍之介、松本清張、池波正太郎など、〈あの文豪〉の〈こんな謎〉を、お父さんが見事に解決!
------------

北村薫さんの中野のお父さんシリーズ4作目。相変わらず面白いです。
出版社に勤める文芸編集者の娘の遭遇した日常の謎を、中野に住む父が解決する連作短編集。
北村さんの練達の文章が素晴らしい。父の鮮やかな推理が読ませますね。
父娘が解く謎は大岡昇平、古今亭志ん生、小津安二郎、菊池寛らにまつわるもの。
松本清張と池波正太郎が同じ年の生まれという話も面白い。
どの話も面白かったですが、三遊亭圓生がからむ話が楽しい。
北村さんも74才。まだまだお元気で続きを読みたいです。
まあ、こちらが先に逝くかもしれませんが。


高速戦艦「赤城」4 グアム要塞 (C★NOVELS)

高速戦艦「赤城」4 グアム要塞 (C★NOVELS)

  • 作者: 横山信義
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2024/02/21
  • メディア: Kindle版



中野のお父さんと五つの謎

中野のお父さんと五つの謎

  • 作者: 北村 薫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2024/02/09
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

小森収インタビュー集/移民の宴 [本]

「小森収インタビュー集」創元推理文庫

------------
各務三郎が「ミステリマガジン」編集長時代を、皆川博子が少女時代の読書体験を、三谷幸喜が「作戦もの」の魅力を、法月綸太郎がアントニイ・バークリーの読み解きを、石上三登志がミステリの楽しみ方を、松岡和子が戯曲を翻訳する喜びを、和田誠が戦後のアメリカ文化を、はじめて語ってくれた。
〈短編ミステリの二百年〉で日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞に輝くアンソロジスト・評論家による類を見ないインタビュー集、待望の文庫化。
北村薫が「良き読者」としての在り方を語る新規インタビューを特別収録。
------------

小森収さんのインタビュー集です。
どれも面白いですが、やはり故人の対談が印象的ですね。
大ファンの和田誠さんとの対談はイラストレーターとしてのデビューから映画の話までとても面白かったです。
三谷幸喜が「スパイ大作戦」に代表される「作戦もの」の話をするのも楽しい。
「スパイ大作戦」ファンとしては「ミッション・インポッシブル」は許せないとか。気持ちはわかる。
石上三登志さんの家庭環境に関する話も貴重でした。


高野秀行「移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活」講談社文庫

------------
日本に住む二百万を超える外国人たちは、日頃いったい何を食べているのか?
「誰も行かない所に行き、誰も書かない事を書く」がモットーの著者は、伝手をたどり食卓に潜入していく。
ベリーダンサーのイラン人、南三陸町のフィリピン女性、盲目のスーダン人一家……。
国内の「秘境」で著者が見たものとは?
------------

海外の秘境を旅する高野さんですが、本作では日本に住んでいる外国人たちを取材します。
南三陸町で震災にあったフィリピン女性、ベリーダンサーのイラン人どの人も興味深いです。
ですが「異国トーキョー漂流記」に登場した盲目のスーダン人がその後結婚して一家を構えた話が一番面白かったかな。

はじめて話すけど……: 小森収インタビュー集 (創元推理文庫)

はじめて話すけど……: 小森収インタビュー集 (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2023/12/18
  • メディア: 文庫



移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)

移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)

  • 作者: 高野秀行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

彷徨える艦隊12/暗殺者の屈辱 [本]

ジャック・キャンベル「彷徨える艦隊12 特使船バウンドレス」ハヤカワ文庫SF)

------------
人類に代理首都として知られる星系で黒い艦隊を撃破したギアリーは、旗艦〈ドーントレス〉と侵攻輸送艦〈ミストラル〉で星系同盟(アライアンス)の首都ユニティ星系へ帰還する。
驚くべき陰謀の証拠をアライアンス政府に提出するためだ。
証拠が精査されるあいだ、ギアリーとアライアンス艦隊は使節団を護衛して異星人の宙域へ向かうことに。
だがその彼を、証拠の隠滅を望む者たちが暗殺せんと狙っていた!?
戦争SFの最高峰、第3部開幕!
------------

彷徨える艦隊シリーズの最新刊です。このシリーズは面白い。
戦闘に破れ100年間救出ポッドで冷凍睡眠していた主人公が敗走中の艦隊の指揮を取る事になります。
100年の間にハードは進歩していますが、戦術や戦略のノウハウが失われていて、主人公はその知識で連戦連勝します。
異星人が登場した第2部はちょっとスタートレックみたいです。
この巻は第3部の1作目。相変わらず面白い。
第3部は三部作で本国では刊行済みなので早く続きを出して欲しいです。

マーク・グリーニー「暗殺者の屈辱」上下ハヤカワ文庫NV

------------
ジェントリーは、米露両国の極秘情報を収めたデータ端末を確保する任務につく。
だが、ロシアの工作員も奪還作戦を開始していた!
------------

「暗殺者グレイマン」に始まるマーク・グリーニーの暗殺者シリーズ最新作です。
シリーズ12作目。このシリーズはとても面白いです。
NetFlexでライアン・ゴズリング主演で映画化されました。
映画も面白かったですが、原作の面白さにはかなわなかったです。
さて本作ではウクライナ戦争がからんで、ジェントリーは米露の極秘情報を収めたデータ端末を確保する任務につきます。
相変わらず面白いです。敵も協力でハラハラさせますね。
色々あって最後はとても良かった。
このシリーズ、ここで終わってもいいくらいでした。
でもまあ続きは出るでしょうね。
ジェントリーにはそれまでのつかのまの安らぎを楽しんで欲しいです。


彷徨える艦隊12 特使船バウンドレス (ハヤカワ文庫SF)

彷徨える艦隊12 特使船バウンドレス (ハヤカワ文庫SF)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2023/10/18
  • メディア: Kindle版



暗殺者の屈辱 上 グレイマン (ハヤカワ文庫NV)

暗殺者の屈辱 上 グレイマン (ハヤカワ文庫NV)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2023/12/20
  • メディア: Kindle版



暗殺者の屈辱 下 グレイマン (ハヤカワ文庫NV)

暗殺者の屈辱 下 グレイマン (ハヤカワ文庫NV)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2023/12/20
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

神に頼って走れ!/異国トーキョー漂流記 [本]

高野秀行さんの本を二冊読みました。高野さんの本は面白い。

高野秀行「神に頼って走れ! 自転車爆走日本南下旅日記 」集英社文庫

------------
こんなアホな神頼み旅をやる奴、彼しかいない!
2007年1月、ある願いをかなえるため著者は愛車キタ2号にまたがり遍路の旅に。
あらゆる神仏に祈りつつめざすは日本最南端の島。
その発想と行動力にア然、人の心にジーン。愉快爽快な写真日記55日。
------------

読んでいないのですが「西南シルクロードは密林に消える」の取材で高野さんは中国からカンボジア経由でインドへ。
中国よりはインドがマシという事でインド当局に出頭した結果国外追放となりインドへの入国が出来なくなりました。
本書はインドへの入国の願をかけての東京から沖縄までの自転車の旅の記録です。
旅を記録しただけの日記ですがやはり面白い。

高野秀行「異国トーキョー漂流記」集英社文庫

------------
外国人と彷徨う東京は不思議なガイコクの街。
故国を追われたイラク人、盲目で野球狂のスーダン人。様々な外国人とつきあう著者の眼に、東京は不可思議な外国に映る。
笑い、戸惑い、驚きつつトーキョーを旅する友情物語。(解説・蔵前仁一)
------------

高野さんが東京で出会った外国人について書いた本です。
外国人と付き合うと東京が不思議な国に見えると高野さんは書きます。
どの人も面白いですが、やはり盲目で野球狂のスーダンの人の話が一番面白かったかな。
盲目ですが記憶力抜群。ラジオ中継を聞いて野球狂になったというのがユニーク。
他の人の話も面白い。


神に頼って走れ! 自転車爆走日本南下旅日記 (集英社文庫)

神に頼って走れ! 自転車爆走日本南下旅日記 (集英社文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/03/19
  • メディア: 文庫



異国トーキョー漂流記 (集英社文庫)

異国トーキョー漂流記 (集英社文庫)

  • 作者: 高野秀行
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

イスラム飲酒紀行/怪獣記 [本]

高野秀行さんの本を二冊読みました。高野さんの本は面白い。

高野秀行「イスラム飲酒紀行」扶桑社

------------
「辺境作家」としてUMA探索からアヘン生成のルポまで、世界各国をまたにかけ活躍している高野秀行氏。
飲酒を禁じられているイスラム圏で取材をしているとき、どうしても酒が飲みたい高野氏は必然的に酒を探し回る。
別にタブーを破りたいわけではない。ただ、酒が飲みたいだけでの行動だ。
国により意外とあっさり見つかることもあれば、密売人のような男からこっそりと入手することも。
それらの「飲酒紀行」を通じて見えてくる、イスラム圏に暮らす人々の本音とは?
------------

高野さんは昔はそれほどお酒を飲まなかったそうですが、カンボジア奥地の取材でアヘン中毒になり、アヘンから脱するためにすっかり酒好きに。
本来はお酒が禁じられているイスラム圏でもお酒を飲みたいと酒を探し回ります。
国によって事情は様々で意外とあっさり見つかったり、密売人の様な男から入手したり。
その奮闘ぶりはまさに抱腹絶倒です。
一番寛容なのはやはりトルコみたいですね。
高野さんのソマリの本を読んだ人はお分かりの様に、ソマリでは別のドラッグ、カートの葉っぱを食べるのでお酒はあまり飲まないとか。
その分カート中毒になるのですが。

高野秀行「怪獣記」講談社文庫

------------
トルコ東部のワン湖に棲むといわれる謎の巨大生物ジャナワール。
果たしてそれは本物かフェイクか。現場に飛んだ著者はクソ真面目な取材でその真実に切り込んでいく。
イスラム復興主義やクルド問題をかきわけた末、目の前に謎の驚くべき物体が現れた!
興奮と笑いが渦巻く100%ガチンコ・ノンフィクション。
------------

UMAファンでもある高野さんはトルコのワン湖のジャナワールを探しに。
写真やビデオを撮ったという証言者を訪ねますが、どうもインチキ臭い。
ところが、それらしき物体が出現します。
目撃してしまった事で逆に筆者が正体が分からず混乱してしまうのが興味深いです。


イスラム飲酒紀行 (SPA!BOOKS)

イスラム飲酒紀行 (SPA!BOOKS)

  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2012/09/01
  • メディア: Kindle版



怪獣記 (講談社文庫)

怪獣記 (講談社文庫)

  • 作者: 高野秀行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/05/13
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

還暦不行届/コスタ・コンコルディア [本]

安野モヨコ「還暦不行届」祥伝社

------------
庵野秀明監督と結婚後、新婚生活を描いた『監督不行届』。
本書は、『監督不行届』のその後をつづった文章版エッセイです。
文章版エッセイの合間に、 庵野監督を描いたひとコマ漫画、webエヴァストアで連載していた1ページ漫画を掲載。
庵野監督へのインタビューも収録。
------------

安野モヨコさんの庵野監督との結婚生活をつづったエッセイ集です。
前作から15年後を描いています。
安野さんは、体調不良で2008年頃から「オチビサン」以外の漫画を休まれているとか。
と色々と大変な状況で書かれたので前作のような楽しいだけの本ではないですね。
でも面白かったです。

林譲治「コスタ・コンコルディア 工作艦明石の孤独・外伝」ハヤカワ文庫JA

------------
無人探査機が到達したドルドラ星系で発見された恒星間宇宙船。
なぜか遭難から数千年が経過したらしき船の畏怖すべきドラマとは?
------------

林譲治さんの工作艦明石の孤独の外伝です。
「工作艦明石の孤独」との関連は薄く登場人物も異なります。
なので読んでいなくても独立して読めます。
ですが、作者のあとがきを読むと「工作艦明石の孤独」を書いたから発想できた物語だそうです。


還暦不行届

還暦不行届

  • 作者: 安野モヨコ
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2023/12/28
  • メディア: Kindle版



コスタ・コンコルディア 工作艦明石の孤独・外伝 (ハヤカワ文庫JA)

コスタ・コンコルディア 工作艦明石の孤独・外伝 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 林 譲治
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2023/08/17
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

ユートロニカのこちら側/幽玄F [本]

小川哲「ユートロニカのこちら側」ハヤカワ文庫JA

------------
巨大情報企業による実験都市アガスティアリゾート。
その街では個人情報――視覚や聴覚、位置情報等全て――を提供して得られる報酬で、平均以上の豊かな生活が保証される。
しかし、誰もが羨む彼岸の理想郷から零れ落ちる人々もいた……。
苦しみの此岸をさまよい、自由を求める男女が交錯する6つの物語。
第3回ハヤカワSFコンテスト〈大賞〉受賞作。
------------

直木賞受賞作「地図と拳」「ゲームの王国」の小川哲さんのデビュー作です。
前記2冊ほどの完成度はないですが、さすが小川さん読ませますね。
AIがテーマですが、デビュー作でこの面白さはさすがです。

佐藤究「幽玄F」河出書房新社

------------
天才パイロットが戦闘機Fと共に辿る、数奇な運命とは――。
「ただ私は戦闘機という機械に乗りたかっただけで、その戦闘機の飛ぶ空が〈護国の空〉だったのです」
構想5年、直木賞・山本周五郎賞W受賞の『テスカトリポカ』から2年――。
日本の戦後精神の支柱「三島由紀夫」に挑んだ、佐藤究・圧巻の第4長篇。
------------

直木賞『テスカトリポカ』の佐藤さんの新作です。
さすが佐藤さん読ませますね。
主人公は自衛隊に入りパイロットを目指します。
並外れた技量で天才パイロットと呼ばれますが、、
主人公がパイロットを目指す話は面白い。
ただ大きなテーマの「三島由紀夫」との関連は正直よくわかりませんでした。
でも面白いです。

ユートロニカのこちら側 (ハヤカワ文庫JA)

ユートロニカのこちら側 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 小川 哲
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/12/28
  • メディア: Kindle版



幽玄F

幽玄F

  • 作者: 佐藤究
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2023/10/19
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

山本巧次「鷹の城」「岩鼠の城」 [本]

山本巧次「鷹の城 定廻り同心 新九郎、時を超える」光文社文庫
山本巧次「岩鼠の城 定廻り同心 新九郎、時を超える」光文社文庫

------------
激動の戦国を経た安土桃山時代の天正六年。羽柴秀吉は東播磨の城を囲んでいた。
一方、江戸南町奉行所の同心・瀬波新九郎は下手人を追うなか、崖から転落し、天正時代にタイムスリップした。
新九郎の眼前には、甲冑姿の戦国武士たちがいた。
ひょんなことから滞在を許された青野城内で殺人が起きる。
そこから始まった壮大すぎる物語とは――。
------------
江戸南町奉行所・定廻り同心の瀬波新九郎は、江戸城下で根津の常磐津の師匠のお涼が首を絞められて殺された一件を調べていた。
疑わしい者が何人か挙がり、探索を進めていたところ、またも突然タイムスリップ!
はたして飛んだ先は文禄年間の京・伏見だった。関白を経て、いまや太閤となった豊臣秀吉が、甥で関白の秀次を謀叛の疑いありと処刑し、張り詰めた空気が流れていた。
そこでは、前回、危機を回避したはずの青野城城主・鶴岡式部が謀叛に連座した疑いをかけられ、窮地に陥っていた。
懇意にしていた鶴岡式部の姫・奈津姫にも危機が訪れている。しかも太閤秀吉の側衆が殺されたとの報がはいり、ますます暗雲が立ち込めてきた。
はたして、新九郎は殺しの探索に乗り出すのだが……。
------------

「八丁堀のおゆう」の山本巧次さんの新作です。二か月連続刊行。
現代と江戸時代が時穴でつながっているおゆうとは違い、江戸の同心が信長と秀吉の時代にタイムスリップします。
1作目では戦国時代の城内で殺人事件を捜査します。
見事事件は解決しますが、危機に陥りますが、、
2作目では秀吉の時代に再びタイムスリップし、やはり殺人事件を捜査しますが。。
やはり最後は色々あって危機に。
SFミステリとしてなかなかよく出来ています。
3作目はあるのかな。出れば読みたいです。


鷹の城 定廻り同心 新九郎、時を超える (光文社文庫 や 39-1)

鷹の城 定廻り同心 新九郎、時を超える (光文社文庫 や 39-1)

  • 作者: 山本巧次
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2023/09/13
  • メディア: 文庫



岩鼠の城 定廻り同心 新九郎、時を超える (光文社文庫 や 39-2)

岩鼠の城 定廻り同心 新九郎、時を超える (光文社文庫 や 39-2)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2023/10/12
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)