SSブログ

ただ悪より救いたまえ [映画]

「ただ悪より救いたまえ」DVDで見ました。

R (4).jpg

------------
「新しき世界」のファン・ジョンミンとイ・ジョンジェが7年ぶりに共演したノワールアクション。
凄腕の暗殺者インナムは引退前の最後の仕事として、日本のヤクザ・コレエダを殺害する。
コレエダの義兄弟だった冷酷な殺し屋レイは復讐のためインナムを追い、関わった者たちを次々と手にかけていく。
一方、インナムの元恋人は彼と別れた後にひそかに娘を産みタイで暮らしていたが、娘が誘拐され元恋人も殺されてしまう。
初めて娘の存在を知ったインナムは、彼女を救うためタイへ急行。
そしてレイもまた、インナムを追ってタイへとやって来る。
2人の戦いは、タイの犯罪組織や警察も巻き込んだ壮大な抗争へと発展していく。
------------

2020年公開の韓国映画です。
アクション演出の勢いも凄いですが、とにかく主人公のファン・ジョンミンと執拗に追ってくる悪役のイ・ジョンジェにしびれますね。
特にノーブルな印象のイ・ジョンジェの凶悪な演技には圧倒されます。
ただ人はばたばたと死ぬの苦手な人は注意。
舞台はほぼ日本とタイ。日本のヤクザで豊原功補と白竜が出演しています。
ファン・ジョンミンは最近の主演作を何本か見ましたが、ほぼハズレがないのが凄い。
イ・ジョンジェの出演作も結構見ましたが、これまたどれも面白かった。
この二人の対決ですから面白くないわけがない。お勧めです。

監督 ホン・ウォンチャン
脚本 ホン・ウォンチャン
製作 キム・チョルヨン、キム・ウォングク
音楽 Mowg
インナム - ファン・ジョンミン
レイ - イ・ジョンジェ
ユイ - パク・ジョンミン
先生 - 白竜
コレエダ - 豊原功補
ユ・ミン - パク・ソイ
ラン - ヴィタヤ・パンスリンガム
ソ・ヨンジュ - チェ・ヒソ
シマダ - パク・ミョンフン
nice!(0)  コメント(2) 

デューン 砂の惑星 PART2 [映画]

「デューン 砂の惑星 PART2」見ました。

話の展開に触れています。

OIF (3).jpg


------------
その惑星を制する者が全宇宙を制すると言われる砂の惑星デューンで繰り広げられたアトレイデス家とハルコンネン家の戦い。
ハルコンネン家の陰謀により一族を滅ぼされたアトレイデス家の後継者ポールは、ついに反撃の狼煙を上げる。
砂漠の民フレメンのチャニと心を通わせながら、救世主として民を率いていくポールだったが、宿敵ハルコンネン家の次期男爵フェイド=ラウサがデューンの新たな支配者として送り込まれてくる。
------------

フランク・ハーバート原作のSFの映画化part2です。
VFXもよく出来ているし演出もいいですね。
俳優陣も好演していて特に悪役のオースティン・バトラーが印象的。
伝記映画でプレスリーを演じた人ですね。
ただ、ラストがなあ、、原作を改変して戦いは続くという終わり方になってます。
ヴィルヌーヴ監督はPART3を作りたいらしく、続編への含みを持たせたかったのかな。

監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本 ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、エリック・ロス
原作 フランク・ハーバート『デューン』
音楽 ハンス・ジマー
ポール・アトレイデス - ティモシー・シャラメ
チャニ - ゼンデイヤ
レディ・ジェシカ - レベッカ・ファーガソン
ガーニイ・ハレック - ジョシュ・ブローリン
フェイド=ラウサ・ハルコンネン - オースティン・バトラー
皇女イルーラン - フローレンス・ピュー
グロッス・ラッバーン・ハルコンネン - デイヴ・バウティスタ
シャッダム4世 - クリストファー・ウォーケン
レディ・フェンリング - レア・セドゥ
ウラディミール・ハルコンネン男爵 - ステラン・スカルスガルド
ガイウス・ヘレン・モヒアム - シャーロット・ランプリング
スティルガー - ハビエル・バルデム
シシャクリ - スエイラ・ヤクーブ
ジャミス - バブス・オルサンモクン
nice!(1)  コメント(4) 

張り込み [映画]

「張り込み」DVDで見ました。

o0800080014924512713.jpg

------------
小説新潮所載の松本清張の同名小説の映画化で、兇悪犯を追う刑事の姿を描いたセミ・ドキュメンタリ篇。
「伴淳・森繁の糞尿譚」のコンビ、橋本忍が脚色、野村芳太郎が監督した。
撮影も同じく「伴淳・森繁の糞尿譚」の井上晴二。
主演は「淑女夜河を渡る」の大木実、高千穂ひづる。
「その夜のひめごと」の宮口精二、「喜びも悲しみも幾歳月」の高峰秀子、田村高廣。
ほかに松本克平、藤原釜足、浦辺粂子、多々良純、川口のぶなど。
------------

1958年の松竹映画です。監督は野村芳太郎。
松本清張の原作では大木実演じる刑事は一人で張り込みますが、映画はベテランの宮口精二と張り込みます。
このあたりは橋本忍の脚本がうまい。
大木実、宮口精二のコンビもいいですが、やはり高峰秀子が素晴らしい。
冒頭からずっと張り込む大木実の視点から高峰秀子を描き「裏窓」を連想します。
ずっと遠くから撮っているのですが、最後は高峰秀子のアップになります。

監督 野村芳太郎
脚本 橋本忍
製作 小倉武志
音楽 黛敏郎
大木実(柚木隆雄刑事)
宮口精二(下岡雄次刑事)
高峰秀子(横川さだ子)
田村高広(石井キュウイチ)
菅井きん(下岡の妻・満子)
竹本善彦(下岡の長男・辰男)
清水将夫(さだ子の夫・仙太郎)
伊藤卓(仙太郎の長男・隆一)
高木美恵子(仙太郎の長女・君子)
春日井宏行(仙太郎の次男・貞二)
内田良平(石井の共犯者・山田庄吉)
高千穂ひづる(柚木の恋人・高倉弓子)
藤原釜足(弓子の父)
文野朋子(弓子の母)
町田祥子(弓子の妹)
高木秀代(弓子の妹)
磯部玉枝(弓子の妹)
浦辺粂子(旅館の女主人)
山本和子(旅館の女中・秋江)
小田切みき(旅館の女中・喜和子)
川口のぶ(銭湯の娘・信子)
北林谷栄(信子の母)
芦田伸介(捜査第一課長)
大友富右衛門(佐賀署署長)
多々良純(佐賀署刑事)
nice!(1)  コメント(0) 

変な家 [映画]

「変な家」見ました。

th (1).jpg

------------
オカルト専門の動画クリエイター・雨宮はマネージャーから、購入予定の一軒家の間取りについて不可解な点があると相談される。
そこで雨宮は、自身のオカルトネタの提供者であるミステリー愛好家の設計士・栗原に意見を聞いてみることに。
間取り図から次々と浮かび上がる奇妙な違和感に、栗原はある恐ろしい仮説を導き出す。
そんな中、その家のすぐ近くで死体遺棄事件が発生。
事件と家との関連を疑う雨宮が一連の疑惑を動画にして投稿すると、その家に心当たりがあるという人物・宮江柚希から連絡が来る。
------------

ベストセラーの映画化です。
間取りミステリーという触れ込みですが、後半は横溝ミステリみたいな展開に。
横溝ミステリとしては昨年の「ミステリと言う勿れ」の方がよく出来ていたかな。
間宮祥太朗や佐藤二朗は好演していますが、石坂浩二、髙嶋政伸、斉藤由貴の怪演はちょっともったいない感も。

監督 石川淳一
脚本 丑尾健太郎
原作 雨穴
音楽 小島裕規 "Yaffle"
主題歌 アイナ・ジ・エンド「Frail」
雨男/雨宮 - 間宮祥太朗
栗原 - 佐藤二朗
柚希 - 川栄李奈
片淵慶太 - 長田成哉
柳岡 - DJ松永(Creepy Nuts)
片淵綾乃 - 瀧本美織
片淵文乃 - 根岸季衣
森垣清次 - 髙嶋政伸
松岡喜江 - 斉藤由貴
片淵重治 - 石坂浩二
nice!(2)  コメント(0) 

ゴールド・ボーイ [映画]

「ゴールド・ボーイ」見ました。

2b8e5a0c3f81f3b490a9f63a9b3f610c-800x1132.jpg

------------
平成「ガメラ」3部作の金子修介監督が岡田将生を主演に迎え、殺人犯と少年たちが繰り広げる心理戦の行方を描いたクライムサスペンス。
「バッド・キッズ 隠秘之罪」のタイトルでドラマ化され中国で人気を集めたズー・ジンチェンの小説「悪童たち」を原作に、舞台を沖縄に移して映画化した。
------------

金子修介監督の新作です。
ドラマ化もされた中国の小説を舞台を沖縄にうつして映画化。
岡田将生がサイコパスの殺人者を演じますが、中学生の少年たちが殺人者と対等に渡り合うのは驚きます。
とはいえ人がばたばた死ぬので苦手な人は注意。
一気に見せられましたが、後味はあまりよくないです。

監督 金子修介
原作 ズー・ジンチェン
脚本 港岳彦
東昇 岡田将生
安室香 黒木華
安室朝陽 羽村仁成
上間夏月 星乃あんな
上間浩 前出燿志
東静 松井玲奈
打越一平 北村一輝
東巌 江口洋介
nice!(2)  コメント(0) 

乱れる [映画]

「乱れる」DVDで見ました。

2019081621422179a.jpg

------------
「みれん」の松山善三がオリジナル・シナリオを執筆、「女の歴史」の成瀬巳喜男が監督した女性ドラマ。
撮影もコンビの安本淳。
脚本は、1963年に放送されたTBSの近鉄金曜劇場『しぐれ』を松山善三が書き直した。
------------

成瀬巳喜男監督の1964年の東宝映画。
前半は加山雄三の明るさもあって普通の雰囲気だが、後半はだんだん不穏な影がさしてくる。
高峰秀子と加山雄三が列車に乗っている間は軽妙な感じになるのだが、、
ラストの温泉郷での悲劇はとても書けないが、温泉町を駆け抜ける高峰秀子の表情が凄い。
三益愛子、草笛光子、白川由美などの俳優陣も素晴らしい。
加山雄三の恋人浜美枝が星由里子ならハッピーエンドになったかな。
でもそれでは成瀬作品にならない。

監督 成瀬巳喜男
脚本 松山善三
製作 成瀬巳喜男、藤本真澄
音楽 斎藤一郎
酒屋「森田屋」の次男・森田幸司:加山雄三
長男の嫁・森田礼子:高峰秀子
母親・森田しず:三益愛子
長女・森田久子:草笛光子
次女・森田孝子:白川由美
賀谷食糧品店主人:柳谷寛
賀谷の妻・道子:中北千枝子
岡本薬局の主人:十朱久雄
久子の夫・森園:北村和夫
スーパー「清水屋」店員・森園:藤木悠
幸司の恋人:浜美枝
温泉場のおかみ:浦辺粂子(大映)
酒屋「森田屋」従業員・川俣:西条康彦
商店主:佐田豊
スーパー「清水屋」店員:中山豊
ホステス:矢吹寿子
警察署長:清水元
スーパー「清水屋」店員:小川安三
nice!(2)  コメント(2) 

ミケランジェロ・プロジェクト [映画]

「ミケランジェロ・プロジェクト」DVDで見ました。

poster2.jpg

------------
ジョージ・クルーニーが監督・製作・脚本・主演を務め、第2次世界大戦中の実話を映画化したサスペンス。
ヨーロッパ各国に侵攻したナチスドイツが歴史的に重要な美術品の略奪を繰り返していた第2次世界大戦下、ルーズベルト大統領から建造物や美術品を保護する任務を託された美術館館長フランク・ストークスは、7人の美術専門家で構成される特殊チーム「モニュメンツ・メン」を結成し、危険な状況下で美術品保護のための作戦を遂行していく。
主演のクルーニーほか、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャン・デュジャルダン、ケイト・ブランシェットら豪華キャストが出演。
------------

ジョージ・クルーニー監督・製作・脚本・主演の2014年のアメリカ映画です。
実話を元にしているそうですが、かなりアレンジされている様です。
豪華キャストで俳優が監督した映画らしくうまい俳優を揃えています。
クルーニーやマット・デイモンもいいですが、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマンのうまさが光る。
アメリカ映画らしくお金もかかってますね。

監督 ジョージ・クルーニー
脚本 ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロヴ
原作 ロバート・M・エドゼル、ブレット・ウィッター『ナチ略奪美術品を救え 特殊部隊「モニュメンツ・メン」の戦争』
製作 ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロヴ
音楽 アレクサンドル・デスプラ
フランク・ストークス - ジョージ・クルーニー / 老年期:ニック・クルーニー
ジェームズ・グレンジャー - マット・デイモン
リチャード・キャンベル - ビル・マーレイ
ウォルター・ガーフィールド - ジョン・グッドマン
ドナルド・ジェフリーズ - ヒュー・ボネヴィル
プレストン・サヴィッツ - ボブ・バラバン
ジャン=クロード・クレルモン - ジャン・デュジャルダン
サム・エプスタイン - ディミトリー・レオニダス
クレール・シモーヌ - ケイト・ブランシェット
ヴィクトール・シュタール - ユストゥス・フォン・ドホナーニ
ラングトン大佐 - サム・ヘイゼルダイン
フィールディング少佐 - マイルス・ジャップ
歯科医 - ミヒャエル・ブランドナー
エミール - アレクサンドル・デスプラ
フランクリン・ルーズベルト大統領 - マイケル・ダルトン
ハリー・S・トルーマン大統領 - クリスチャン・ロドスカ
nice!(1)  コメント(0) 

映画 マイホームヒーロー [映画]

「映画 マイホームヒーロー」見ました。

e191254ae328d169.jpg

------------
愛娘・零花に危害を加えようとした彼氏を殺害し、彼が所属していた半グレ犯罪組織と命がけのだまし合いを繰り広げたサラリーマン・鳥栖哲雄。
7年後、哲雄が山中に埋めた死体が土砂崩れによって発見され、警察官となった零花は哲雄に疑いの目を向け始める。
一方、死体とともに消えた10億円の行方を追う犯罪組織のボス・志野寛治は、再び哲雄に狙いを定める。
さらに、かつて哲雄の罠にはまって全ての罪を着せられた間島恭一も姿を現す。
------------

マンガ原作の実写映画の完結編です。
マンガとドラマは見ていませんが、かなりアレンジされているみたいですね。
映画は俳優陣も好演していて面白かったです。
佐々木蔵之介、齋藤飛鳥らも良かったですが、人気声優だという津田健次郎と音尾琢真の悪役コンビが楽しかったです。

監督 青山貴洋
脚本 船橋勧
原作 山川直輝、朝基まさし
音楽 堤博明
主題歌 Eve「インソムニア」
鳥栖哲雄:佐々木蔵之介
鳥栖零花:齋藤飛鳥
間島恭一:高橋恭平(なにわ男子)
大沢隼人:宮世琉弥
戸島:板倉俊之(インパルス)
薬師寺:大東駿介
竹田:淵上泰史
榎木:西垣匠
南田:金子隼也
安元浩司:立川談春
神野三鈴
窪:音尾琢真
志野寛治:津田健次郎
鳥栖歌仙:木村多江
nice!(1)  コメント(0) 

小森収インタビュー集/移民の宴 [本]

「小森収インタビュー集」創元推理文庫

------------
各務三郎が「ミステリマガジン」編集長時代を、皆川博子が少女時代の読書体験を、三谷幸喜が「作戦もの」の魅力を、法月綸太郎がアントニイ・バークリーの読み解きを、石上三登志がミステリの楽しみ方を、松岡和子が戯曲を翻訳する喜びを、和田誠が戦後のアメリカ文化を、はじめて語ってくれた。
〈短編ミステリの二百年〉で日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞に輝くアンソロジスト・評論家による類を見ないインタビュー集、待望の文庫化。
北村薫が「良き読者」としての在り方を語る新規インタビューを特別収録。
------------

小森収さんのインタビュー集です。
どれも面白いですが、やはり故人の対談が印象的ですね。
大ファンの和田誠さんとの対談はイラストレーターとしてのデビューから映画の話までとても面白かったです。
三谷幸喜が「スパイ大作戦」に代表される「作戦もの」の話をするのも楽しい。
「スパイ大作戦」ファンとしては「ミッション・インポッシブル」は許せないとか。気持ちはわかる。
石上三登志さんの家庭環境に関する話も貴重でした。


高野秀行「移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活」講談社文庫

------------
日本に住む二百万を超える外国人たちは、日頃いったい何を食べているのか?
「誰も行かない所に行き、誰も書かない事を書く」がモットーの著者は、伝手をたどり食卓に潜入していく。
ベリーダンサーのイラン人、南三陸町のフィリピン女性、盲目のスーダン人一家……。
国内の「秘境」で著者が見たものとは?
------------

海外の秘境を旅する高野さんですが、本作では日本に住んでいる外国人たちを取材します。
南三陸町で震災にあったフィリピン女性、ベリーダンサーのイラン人どの人も興味深いです。
ですが「異国トーキョー漂流記」に登場した盲目のスーダン人がその後結婚して一家を構えた話が一番面白かったかな。

はじめて話すけど……: 小森収インタビュー集 (創元推理文庫)

はじめて話すけど……: 小森収インタビュー集 (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2023/12/18
  • メディア: 文庫



移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)

移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)

  • 作者: 高野秀行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

一級機密 [映画]

「一級機密」DVDで見ました。

81e971jQslL._AC_SY741_.jpg

------------
韓国で実際にあった軍の不正・汚職事件などを題材に、「イテウォン殺人事件」のホン・ギソン監督が描いたサスペンス。
念願の国防部へ異動し、軍需本部の航空部品購買課の課長としてエリート街道を歩み始めたパク・デイク中佐は、ある時、過去の購買履歴からエアスター社という企業と軍との間に独占的な取引があったことを発見する。
さらに、エアスター社の部品の欠陥を指摘していたパイロットのカンが、任務中に墜落事故を起こし、生死の境をさまよう重態になってしまう。
パクは原因を調べようとするが、事故はカンの過失として処理され、一連の疑惑を上司に報告したパクも逆に圧力をかけられ……。
------------

2017年の韓国映画です。韓国軍の不正事件を描きます。
主人公は国防部購買課に栄転しします。
墜落事故の原因が部品の欠陥にあると知り、事実を公表しようとしますが、上司には逆に圧力をかけられます。
孤立し追いつめられた主人公は捨て身の反撃に出ます。
悪役のチェ・グィファや記者のキム・オクビンといった脇を固める俳優陣も好演していました。
ラストは苦さは残るものの救いのある結末でした。

監督:ホン・ギソン
パク:キム・サンギョン
ジョンスク:キム・オクビン
チェ・ムソン
チョン・イル
チェ・グィファ
nice!(1)  コメント(0) 

バトルフロント [映画]

「バトルフロント」DVDで見ました。

R (3).jpg

------------
シルベスター・スタローンが製作・脚本を務め、スタローンとは「エクスペンダブルズ」でもタッグを組んだジェイソン・ステイサムが主演を務めたクライムアクション。
ひとり娘のマディのため、危険な潜入捜査官の仕事を辞し、亡き妻の田舎で娘と穏やかに暮らすことを決めたフィル。
しかし、町を裏で牛耳る麻薬密売人のゲイターが、ある思惑のためにフィル親子を陥れようと画策する。
平和な生活を望んだフィルだったが、娘の身に危険が及んだことで怒りに火が付き、娘を守るためにたったひとりで悪に立ち向かう。
------------

ジェイソン・ステイサム主演の2013年のアクション映画です。シルベスター・スタローン製作・脚本。
スタローン脚本のせいかステイサムがいつもほと無双せず人間味も感じさせました。
それでも強いですが。
悪役のジェームズ・フランコ、フランコの恋人で事件に巻き込まれるウィノナ・ライダーもなかなか良かったです。
暴力的なキャラを演じさせるとフランク・グリロ説得力あります。

監督 ゲイリー・フレダー
脚本 シルヴェスター・スタローン
原作 チャック・ローガン『Homefront』
製作 ケヴィン・キング=テンプルトン、シルヴェスター・スタローン、ジョン・トンプソン
音楽 マーク・アイシャム
フィル・ブローカー ジェイソン・ステイサム
モーガン・"ゲイター"・ボーダイン ジェームズ・フランコ
シェリル・マリー・モット ウィノナ・ライダー
キャシー・ボーダイン・クルム ケイト・ボスワース
スーザン・ハッチ ラシェル・ルフェーブル
サイラス・ハンクス フランク・グリロ
キース・ロドリゲ保安官 クランシー・ブラウン
マディ・ブローカー イザベラ・ヴィドヴィッチ
ジミー・クルム マーカス・ヘスター
ティード オマー・ベンソン・ミラー
ダニー・T チャック・ジトー
弁護士 プルイット・テイラー・ヴィンス
ジョジョ リンズ・エドワーズ
テディ・クルム オースティン・クレイグ
上級麻薬取締官 ランス・E・ニコルズ
nice!(2)  コメント(2) 

アーガイル [映画]

「アーガイル」見ました。

OIF (2).jpg

------------
謎のスパイ組織の正体に迫る凄腕エージェント・アーガイルの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」の作者エリー・コンウェイは、愛猫アルフィーと一緒にのんびり過ごす時間を愛する平和主義者。
新作の準備を進めている彼女は、アルフィーを連れて列車で移動中に謎の男たちに命を狙われ、エイダンと名乗るスパイに助けられる。
やがて、エリーの小説が偶然にも現実のスパイ組織の行動を言い当てていたことが判明。
エリーの空想のはずだった世界と、命を狙われる現実との境界線が曖昧になっていくなか、敵の一歩先を行くべく世界中を駆け巡るエリーだったが……。
------------

「キングスマン」のマシュー・ヴォーン監督の新作です。これは面白かった。
主人公はスパイ小説の作家ですが、列車で襲われ、、
と、この後の展開は書けません。
驚くにはできるだけ予備知識をいれずに見る事をお勧めします。
ブライス・ダラス・ハワードの主人公と助けるサム・ロックウェルがいいですね。
元々好きな俳優ですが、二人ともアクションをこなしています。
まあ、スタントやVFXもあるのでしょうが。

監督 マシュー・ヴォーン
脚本 ジェイソン・フック
制作 マシュー・ヴォーン、アダム・ボーリング、David Reid、ジェイソン・フックス
音楽 ローン・バルフ
エージェント・オーブリー・アーガイル - ヘンリー・カヴィル
若い頃のアーガイル - ルイス・パートリッジ
エリー・コンウェイ /レイチェル・カイル- ブライス・ダラス・ハワード
エイデン・ワイルド - サム・ロックウェル
リッター - ブライアン・クランストン
ルース・コンウェイ - キャサリン・オハラ
ラグランジ - デュア・リパ
キーラ - アリアナ・デボーズ
ワイアット - ジョン・シナ
アルフレッド・ソロモン - サミュエル・L・ジャクソン
サバ・アル=バドル - ソフィア・ブテラ
フォウラー - リチャード・E・グラント
パウエル副長官 - ロブ・ディレイニー
nice!(2)  コメント(2)