SSブログ

遺訓/ハンニバル戦争 [本]

佐藤賢一「遺訓」新潮社

------------
沖田総司の甥にして、天然理心流の遣い手たる沖田芳次郎は、旧庄内藩重臣から西郷隆盛の警護を依頼された。
青年剣士はやがて西南戦争という激流に巻き込まれてゆく。
西郷、大久保という二つの巨星。悲恋、戦塵をくぐり抜けながらの成長。
戊辰戦争ののち西郷と庄内侍の間には熱い絆が結ばれた。『南洲翁遺訓』を後世に伝えた鶴岡に生を受けた著者が、深き感慨をこめて描く、本格時代長篇。
------------

佐藤賢一さんの明治時代を描いた小説です。
「新徴組」の続編で、前作の主人公沖田林太郎の息子沖田芳次郎が主人公です。
幕末から戊辰戦争を描いた前作で西郷隆盛に恩を受けた庄内藩は西郷に肩入れし、芳次郎は西南戦争に巻き込まれていきます。
沖田芳次郎が西南戦争に参加したというのはフィクションみたいですが、お話がよくできていて面白かったです。

佐藤賢一「ハンニバル戦争」中央公論新社

------------
史上最凶の敵から祖国を守れ!
時は紀元前三世紀。広大な版図を誇ったローマ帝国の歴史で、史上最大の敵とされた男がいた。
カルタゴの雷神・バルにあやかりつけられた名はハンニバル。
戦を究めた稀代の猛将軍・ハンニバルが今、復讐の名の下にアルプスを超えた。
予測不可能な強敵を前に、ローマの名家出身の主人公・スキピオは、愛する家族と祖国を守り抜けるのか?
------------

佐藤賢一さんがローマ時代初期のハンニバルの戦いを描いた長編小説です。
主人公はローマ側のスキピオ。
若くしてハンニバルとの戦いに参加し、カンナエでの壊滅的な敗北からも生き残ります。
ハンニバルの戦法を徹底して研究し、ヒスパニア遠征を経て、アフリカに遠征します。
最後にザマの戦いでハンニバルとスキピオは正面から激突します。
これは面白かったですね。


遺訓(新潮文庫)

遺訓(新潮文庫)

  • 作者: 佐藤賢一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: Kindle版



ハンニバル戦争 (中公文庫)

ハンニバル戦争 (中公文庫)

  • 作者: 佐藤 賢一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/01/22
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。