SSブログ

三谷幸喜のありふれた生活16/この本を盗む者は/扉はひらくよいくたびも/大名倒産 [本]

本の感想。ためてしまったので短縮版です。

「三谷幸喜のありふれた生活16 予測不能」朝日新聞社

朝日新聞夕刊連載エッセイの単行本第16弾です。
ドラマや舞台の裏話から、息子さんのダンゴムシの話、さらに影響を受けたハリウッド作品や名優たちについても。
巻末には映画「記憶にございません! 」公開記念の期間限定ブログを収録。
コロナの時期の話ではないですが、サブタイトルはその後の予測ができなかったという意味があるのでしょうね。

深緑野分「この本を盗む者は」KADOKAWA

昨年出た深緑野分さんの新作長編小説です。
敗戦直後のベルリンを舞台にした『ベルリンは晴れているか』で着目した深野さん、新作は一転してマジックリアリズム。
巨大な書庫を舞台にして幻想と現実が入り乱れます。
本を盗む者に呪いがかけられていて、、
なるほどこれが深緑さんが本当にやりたかった事かも。
面白かったです。

竹宮恵子「扉はひらくよいくたびも」中央公論新社

竹宮恵子さんの自伝です。
ちょっと「少年の名はジルベール」と重なる部分もありますが、こちらはスパンが長いですね。
特に大学の教授になってからはこちら方が詳しいです。

浅田次郎「大名倒産」文藝春秋

幕末、つもりつもった借金を踏み倒そうと企てた藩主が隠居して責任を末息子に押し付けようとします。
跡取りにさせられた主人公はどう対抗するのか。
さすがは浅田さん、読ませます。
七福神や貧乏神が登場するのはアレっと思いますが、それがラストは鮮やかに解決する事につながります。


三谷幸喜のありふれた生活 (16) 『予測不能』

三谷幸喜のありふれた生活 (16) 『予測不能』

  • 作者: 三谷 幸喜
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2021/04/07
  • メディア: 単行本



この本を盗む者は【電子特典付き】 (角川書店単行本)

この本を盗む者は【電子特典付き】 (角川書店単行本)

  • 作者: 深緑 野分
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/10/08
  • メディア: Kindle版



扉はひらく いくたびも-時代の証言者 (単行本)

扉はひらく いくたびも-時代の証言者 (単行本)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2021/03/20
  • メディア: 単行本



大名倒産 上

大名倒産 上

  • 作者: 次郎, 浅田
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: 単行本



大名倒産 下

大名倒産 下

  • 作者: 次郎, 浅田
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

おかあさんライフ。/創作講座 料理を作るように小説を書こう/ヤマザキマリ対談集/我らの山田風太郎 [本]

本の感想をためてしまったので短縮版です。

たかぎなおこ「おかあさんライフ。」KADOKAWA

たかぎなおこさんのイラストエッセイです。
40代で結婚したたかぎさん、結婚の経緯はこれまでの著書に詳しいです。
40代を超えての出産そして子育ての大変さが描かれます。
幸い旦那さんが協力的なので何とかなったようですが、それでも子育ては大変です。

山本弘「創作講座 料理を作るように小説を書こう」東京創元社

脳梗塞で倒れた山本さんの久々の新刊。
残念ながら小説ではないですが、小説の創作について料理に例えながら語り面白いです。
脳梗塞の後遺症から復活して新作を出す事を期待します。

「ヤマザキマリ対談集」

ヤマザキマリさんの初の対談集です。面白いです。
対談相手が豪華です。
養老孟司、竹内まりや、中野信子、釈徹宗、棚橋弘至、パトリック・ハーラン、中村勘九郎、平田オリザ、萩尾望都、内田樹、兼高かおる
萩尾望都さんと竹内まりやさんが特に良かったです。

「我らの山田風太郎: 古今無双の天才」文藝別冊

山田風太郎さんのムック本の新作です。
月村了衛×今村翔吾の対談、ロングインタビュー(再録)などなど読み応えたっぷり。
特に最近モーニングで「風太郎不戦日記」をマンガ化した勝田文がマンガを寄稿しているのに注目しました。


おかあさんライフ。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

おかあさんライフ。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

  • 作者: たかぎ なおこ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/02/14
  • メディア: 単行本



創作講座 料理を作るように小説を書こう

創作講座 料理を作るように小説を書こう

  • 作者: 山本 弘
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2021/04/12
  • メディア: Kindle版



ヤマザキマリ対談集 ディアロゴス Dialogos

ヤマザキマリ対談集 ディアロゴス Dialogos

  • 作者: ヤマザキ マリ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: 単行本



我らの山田風太郎: 古今無双の天才 (文藝別冊)

我らの山田風太郎: 古今無双の天才 (文藝別冊)

  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2021/01/28
  • メディア: ムック



nice!(1)  コメント(2) 

横山信義「荒海の槍騎兵6運命の一撃」 [本]

横山信義「荒海の槍騎兵6運命の一撃」C★NOVELS

------------
「最優先目標は『ヤマト』と『ムサシ』。この二隻に、雷爆撃を集中せよ」
フィリピンへ来寇した敵上陸部隊を撃滅すべく、連合艦隊の全戦力を投じる捷号作戦が開始された。
開戦以来の連戦により、戦力の大半を失った機動部隊は囮となり、米海軍空母部隊を戦場から引き離す作戦を実行、甚大な損害を被りつつも成功に導く。
一方、大和、武蔵ら水上砲戦部隊はレイテ湾を目指し進撃を開始。
だがそれは、米海軍の新鋭戦艦が待ち構える阻止線の正面突破を意味していた――。
前衛隊として突き進む防空巡洋艦「青葉」の前に、米海軍の防空巡洋艦「アトランタ」が立ち塞がる!
------------

横山信義さんの仮想戦記新シリーズ最終巻です。
前巻ではレイテ沖海戦前半が描かれましたが、今回は後半戦。
大和、武蔵ら水上砲戦部隊がレイテ湾を目指し、米海軍の新鋭戦艦と激突します。
日本艦隊には有利な戦いとなりますが、まあこれくらいは許容範囲かな。
しかもラストはかなり大きな歴史改変があり、戦争の終結は意外な展開になります。
やはり横山さんは安心して読めますね。


荒海の槍騎兵6 運命の一撃 (C★NOVELS)

荒海の槍騎兵6 運命の一撃 (C★NOVELS)

  • 作者: 横山信義
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2021/06/21
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

革命とサブカル [本]

安彦良和「革命とサブカル-「あの時代」と「いま」をつなぐ議論の旅」言視舎

------------
『機動戦士ガンダム』の 安彦良和 渾身の1作
何が終わり、何が終わっていないのか?
「ガンダム」をはじめ古今東西の歴史を対象とする壮大なマンガ作品のなかで、時代と社会に翻弄される人間を描きつづける安彦が、あらためて「全共闘時代」を総括し、「いま」を生きるための思考を全面展開する。
……「連赤」「社会主義」「歴史を描くということ」
昨年の自伝的話題作『原点THE ORIGIN』では語りつくせなかった問題を、同時代の当事者たちと本格的に検証。
------------

先週、漫勉に登場した安彦良和さんは実は弘前大学時代に学生運動で逮捕され大学を抹籍になっているんですね。
その安彦さんが学生運動時代の友人との対談を通じて学生運動の時代を語った本です。
サブカルの話もあるのですが、ほとんどが学生運動の時代とその後の安彦さん友人たちの軌跡を検証しています。
学生運動に関心のある人には面白い本だと思いますが、結構予備知識が必要なので読者は選ぶかな。
連合赤軍にも参加した植垣氏が「我々が権力を握ったらポルポトになっていただろう」と語っているのが印象的。


革命とサブカル

革命とサブカル

  • 作者: 安彦 良和
  • 出版社/メーカー: 言視舎
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 

萩尾望都「一度きりの大泉の話」 [本]

萩尾望都「一度きりの大泉の話」河出書房新社 読みました。

------------
352ページ、12万字書き下ろし。未発表スケッチ多数収録。
出会いと別れの“大泉時代"を、現在の心境もこめて綴った70年代回想録。
「ちょっと暗めの部分もあるお話 ―― 日記というか記録です。
人生にはいろんな出会いがあります。
これは私の出会った方との交友が失われた人間関係失敗談です」
------------

萩尾望都さんが大泉で竹宮恵子さんと同居した顛末を書いた本です。
竹宮恵子さんの『少年の名はジルベール』は読んで感銘を受けました。
竹宮さんが萩尾さんへの嫉妬心を抑えきれず、距離を置きたいと言った顛末が真摯に書かれていたからです。
ですが、その距離を置かれた萩尾さんの方はどうだったのか。
この本はそれを書いた本です。
基本的には冷静に描かれた『少年の名はジルベール』と比べると血を吐くような本でした。
竹宮さんの本では描かれなかった萩尾さんにショックを与えたエピソードも描かれて、それは繊細な萩尾さんはさぞやショックだったるろうと思いました。
精神的なショックで一時期視力が低下し半分盲目状態になったのだとか。
萩尾さんは大泉サロンなど存在しなかったと書いていますが、この本の前半は大泉に色々なマンガ家やファンが集まってくるエピソードを描いていてわくわくします。
それが無残に終わる事を知っているのでハラハラしながら読みました。
萩尾さんは今でも当時を思い出すと体調が悪くなるそうです。
萩尾さんのファンはこの本を読んでもう萩尾さんをそっとしておいて欲しいと感想書いていました。
私も同感です。
ただ、竹宮さんも、萩尾さんも、同居するきっかけを作ったキーマンの増山法恵さんも当時20、22才。
私自身の若い頃の人間関係失敗経験も色々と想起されて痛々しいと思いました。
この本を読むならば『少年の名はジルベール』も併せて読むべきだと思います。
『少年の名はジルベール』を読んだ人も同様にこちらを読む事をお勧めします。
その上で萩尾さんをそっとしておいて欲しいと思います。


一度きりの大泉の話

一度きりの大泉の話

  • 作者: 萩尾望都
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2021/04/21
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(2) 

展覧会いまだ準備中、幸福トラベラー [本]

山本幸久「展覧会いまだ準備中」中公文庫

------------
大学時代は応援団に所属し、今は新米学芸員の今田弾吉、二十八歳。
個性的な先輩らから振られる雑用をこなすことに精一杯の毎日で、いまだ自ら企画した美術展を実現させていない。
だが、美術品専門運送会社の美人社員・サクラの存在と応援団OBから鑑定を依頼された一枚の絵が、彼の心に火を付ける―。
特別書き下ろし短篇付き。
------------

山本幸久さんのお仕事小説です。
主人公は美術館の学芸員。
「あたしの拳が吼えるんだ」より少し前に書かれた小説ですが、あちらではボクサーのサクラの彼氏として登場します。
こちらでは最後にいい雰囲気になります。
また、「凸凹デイズ」の凪海はじめ色々と山本作品のキャラクターも登場します。

山本幸久「幸福トラベラー」ポプラ文庫

------------
さえない中二男子の“ぼく”が出会った謎めいた少女。修学旅行で東京に来たという彼女と一緒に、なぜか上野を巡ることになってしまったが、何か隠している目的があるようで……。
人気の著者が描く、疾走感溢れるノンストップ青春小説!
書き下ろし短編「旧七夕」も特別収録。
------------

山本幸久さんの青春小説です。
相変わらず読ませますね。
アヒルバスの主人公デコも登場します。
ロアルド・ダールを始め本の話がからんでくるのも楽しい。
書き下ろし短編を読んで初めて「幸福ロケット」の続編だった事に気づきました。


展覧会いまだ準備中 (中公文庫)

展覧会いまだ準備中 (中公文庫)

  • 作者: 山本 幸久
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2015/12/19
  • メディア: 文庫



([や]2-3)幸福トラベラー (ポプラ文庫)

([や]2-3)幸福トラベラー (ポプラ文庫)

  • 作者: 山本 幸久
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2015/09/04
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 

天使たちの課外活動7、8  ガーディ少年と暁の天使 上下 [本]

茅田砂胡「天使たちの課外活動 7 ガーディ少年と暁の天使 (上)」C★NOVELS

------------
いよいよ期間限定「テオドール・ダナー」がシティの隠れ家ホテルに開店した。
しかし『当店で食事したこと及び当店の住所は公にはしないこと』を誓約しないと入店できないというおかしな要求にもかかわらず、各界の有名人が続々と駆けつけるレストランとは一体……?
------------

茅田砂胡「天使たちの課外活動 8 ガーディ少年と暁の天使 (下)」C★NOVELS

------------
口外無用の誓約書を出させても噂はひっそりと広がっていった。
超絶においしい料理を提供するのに、その存在を声高に語ることのできない不思議なレストランのことだ。
オープンから一カ月、二カ月と過ぎれば、いくら口止めしても「テオドール・ダナー」の名声は静かに広がっていく。
そしてその評判は、料理長テオの誘拐(未遂か)?や、エレメンタル美術館への強奪事件へと発展していく。
おいしいご飯とそれを食するに最もふさわしい空間を飾る名画を守るため、敢然と(余裕で)?立ち向かうルウ・リィ・シェラの三天使。
連邦主席直属特殊部隊をも巻き込んで大がかりな課外活動が始まった。
------------

茅田砂胡さんの天使シリーズの最新刊です。
料理の天才、テオの期間限定の店をめぐる騒動。
まあ、このシリーズを読んでいる人にはおなじみの楽しさです。
ラストはちょっと意外な展開に。
運送業者と化した特殊部隊がなかなかいい味を出していました。
年内には続巻を出したい、そうなので再登場を期待します。


天使たちの課外活動7 ガーディ少年と暁の天使(上) クラッシュ・ブレイズ (C★NOVELS)

天使たちの課外活動7 ガーディ少年と暁の天使(上) クラッシュ・ブレイズ (C★NOVELS)

  • 作者: 茅田砂胡
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2021/03/20
  • メディア: Kindle版



天使たちの課外活動8 ガーディ少年と暁の天使(下) クラッシュ・ブレイズ (C★NOVELS)

天使たちの課外活動8 ガーディ少年と暁の天使(下) クラッシュ・ブレイズ (C★NOVELS)

  • 作者: 茅田砂胡
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2021/04/19
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

大日本帝国の銀河2/荒海の槍騎兵5 奮迅の鹵獲戦艦 [本]

林譲治「大日本帝国の銀河2」ハヤカワ文庫

------------
帝国内での影響力を強める謎の存在・オリオン太郎。
それに対し、満洲に現れたオリオン花子の思惑とは?
事態は風雲急を告げる。
------------

林譲治さんの最新作です。
オリオン座方面から来たというオリオン太郎。
新型の航空機も登場し、欧州を始め世界の状況は流動的に。
仮想戦記+ファーストコンタクトという事でこれからの展開が楽しみ。


横山信義「荒海の槍騎兵5 奮迅の鹵獲戦艦」C★NOVELS

------------
マリアナをめぐる決戦に勝利を得られなかった連合艦隊は中部太平洋最大の根拠地であるトラックを失った。
環礁を占領した米軍は大航空兵力を送り込み、難攻不落の航空要塞を建設する。
次の戦場はマリアナかフィリピンか。おそらく、この戦闘で日本の命運は決する。
だが歴戦の空母は撃ち減らされ、艦上機搭乗員の補充もままならない連合艦隊には米艦隊と正面から戦う力はすでに失われていた。
新司令長官小沢は、わずかな勝機に賭けて、機動部隊を囮として砲戦部隊を突入させるという作戦を命じた――。
------------

横山信義さんの仮想戦記新シリーズ5巻です。
前巻で次で完結かと書きましたが、半分当たりでした。
史実のレイテ沖海戦がかなり有利な状況で再現される感じですが、この巻では前半の機動部隊を囮とする戦いが描かれます。
史実と異なり米機動部隊は完全に囮作戦にかかり、全力で機動部隊を攻撃します。
砲戦部隊がレイテ湾に突入する所で続きます。
続巻が楽しみです。


大日本帝国の銀河 2 (ハヤカワ文庫JA)

大日本帝国の銀河 2 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 林 譲治
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2021/04/14
  • メディア: Kindle版



荒海の槍騎兵5 奮迅の鹵獲戦艦 (C★NOVELS)

荒海の槍騎兵5 奮迅の鹵獲戦艦 (C★NOVELS)

  • 作者: 横山信義
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2021/04/19
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

安彦良和マイ・バック・ページズ/原点/安彦良和の戦争と平和 [本]

安彦良和、石井誠「安彦良和マイ・バック・ページズ」太田出版

------------
アニメ『機動戦士ガンダム』『クラッシャージョウ』『巨神ゴーグ』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』、漫画『アリオン』『虹色のトロツキー』『天の血脈』『乾と巽-ザバイカル戦記-』などで知られる、漫画家・アニメーターである安彦良和。
そんな安彦良和が過去に手掛けてきた「全仕事」を30時間を超える超ロングインタビューで語り下ろした、これぞ永久保存版。
------------

漫画家・アニメーターの安彦良和さんの「全仕事」についてインタビューした本です。
これは面白かったです。
この本を読んで初めて知ったのですが、安彦さんは弘前大学時代に学生運動で逮捕され大学を抹籍になっているんですね。
その後、虫プロ経由でアニメーターになります。
安彦ファン、ガンダムファンにはお勧めです。
アニメとマンガの話が主なので、大学時代の話などは「原点」という本作の前に出た本に詳しいです。

安彦良和、斉藤光政「原点 戦争を描く、人間を描く」岩波書店

------------
『機動戦士ガンダム』の生みの親の一人であり,『虹色のトロツキー』など歴史に材をとった作品を世に送ってきた漫画家・安彦良和.
戦い,殺し合ってしまう人間を,彼は,なぜ,どのように描いてきたのか.
東奥日報記者・斉藤光政がその人生に迫り,ついに安彦本人も自らの「原点」を綴った!
生い立ち,学生運動,アニメ・マンガ界での出会いと模索…….
作品世界のバックには,この人間観があった!
------------

安彦良和さんの生い立ちから現在までをインタビューと本人の文章でまとめた本です。
東奥日報に連載された物が元になっています。
学生運動時代の事も詳しくマイ・バック・ページズを補完する本です。
アニメ業界から一時期撤退した事はこちらでは宮崎駿には対抗できないからと語っています。
また、虫プロ養成所時代には伝説の漫画家、岡田史子が同期だったというのも初めて知りました。

杉田俊介「安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本」中公新書ラクレ

------------
『機動戦士ガンダム』の生みの親の一人であり、マンガ家として歴史や神話を題材にした傑作を世に問うてきた安彦良和。
安彦さんが語る、『機動戦士ガンダム』に込めたメッセージや逸話、戦争・歴史マンガへの熱き思い――。
------------

杉田俊介さんが安彦良和さんにインタビューした本です。
上記の2冊と比べると新書だしコンパクトな感じですが、これはこれで面白かったです。


安彦良和 マイ・バック・ページズ

安彦良和 マイ・バック・ページズ

  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2020/11/26
  • メディア: 単行本



原点 THE ORIGIN-戦争を描く,人間を描く

原点 THE ORIGIN-戦争を描く,人間を描く

  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: Kindle版



安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本 (中公新書ラクレ)

安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 杉田俊介
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/05/17
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

罪人の選択/オムニバス [本]

貴志祐介「罪人の選択」文藝春秋

------------
2年半の沈黙を破り、満を持して世に放つ貴志祐介ワールド全開の作品集。
最新SF「赤い雨」は、パンデミックが起きたときあらわになる人間の本性を描いた、今読むべき一作。
表題作は、著者自身が「ここまで強いテンションを維持した作品は、書いたことがありません」と断言する手に汗握るミステリー。
人間の愚かさが絶望で世界を塗りつぶすとき、希望が一筋の光となって未来を照らし出す。
------------

貴志祐介さんの最新刊です。4篇のうち2編がSFの短編集。
どれもかなり暗い話ですが、さすがは貴志祐介さん読ませました。

誉田哲也「オムニバス」光文社

------------
警視庁刑事部捜査一課殺人班捜査第十一係姫川班の刑事たち、総登場!
捜査は続く。人の悪意はなくらない。
激務の中、事件に挑む玲子の集中力と行動が、被疑者を特定し、読む者の感動を呼ぶ。
刑事たちの個性豊かな横顔も楽しい、超人気シリーズ第10弾!
------------

誉田哲也さんの姫川玲子シリーズ最新刊です。
短編集なのでちょっと物足りない部分もありますが、面白かったです。
最終話でちょっとびっくり。誉田さんのあのシリーズともリンクするのか。
続巻が楽しみです。


罪人の選択 (文春e-book)

罪人の選択 (文春e-book)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2020/03/27
  • メディア: Kindle版



オムニバス 警部補 姫川玲子

オムニバス 警部補 姫川玲子

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2021/02/23
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0)