SSブログ

よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続 [本]

宮部みゆき「よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続」KADOKAWA

------------
老人が語る、村を襲う「ひとでなし」の恐怖とは――三島屋シリーズ第八弾!
江戸は神田三島町にある袋物屋の三島屋は、風変わりな百物語をしていることで知られている。
語り手一人に聞き手も一人、話はけっして外には漏らさず、「語って語り捨て、聞いて聞き捨て」これが三島屋の変わり百物語の趣向である。
従姉妹のおちかから聞き手を受け継いだ三島屋の「小旦那」こと富次郎は、おちかの出産を控える中で障りがあってはならないと、しばらく百物語をお休みすることに決める。
休止前の最後の語り手は、商人風の老人と目の見えない彼の妻だった。老人はかつて暮らした村でおきた「ひとでなし」にまつわる顛末を語りだす――。
------------

宮部みゆきさんの三島屋シリーズの8作目。
3編のかなり長い話が収録されています。
どれも相変わらず面白いですが、最後の表題作が一番面白かったです。
なんとゾンビものです。
江戸時代を舞台にゾンビものを成立させているのが凄い。
その手があったか、と思いました。
続巻楽しみです。


よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続

よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2022/07/27
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

すごいトシヨリ散歩/わたしたちが描いたアニメーション「平家物語」 [本]

池内紀、川本三郎「すごいトシヨリ散歩」毎日新聞出版

------------
映画、レコード、喫茶店、鉄道旅に町歩き。トシをとると日々は楽しい。
名エッセイスト二人が語りあう、人生の幸福。その来し方行く末。
軽やかで愉快な対談集。
------------

池内紀、川本三郎さんが映画、レコード、喫茶店、旅などについて語り合った本です。
楽しく読める本でした。
川本さんの本はかなり読んでいますが、池内さんはほとんど読んでいません。
池内さんは2019年8月に亡くなりました。
池内さんの本、読んでみるかな。

高野文子・山田尚子「わたしたちが描いたアニメーション「平家物語」」河出書房新社

------------
誰も見たことがない、わたしたちの「平家」をつくる――山田尚子監督最新作、アニメ「平家物語」ディレクターズ・ノート。
監督エッセイ、山田×高野対談、描き下ろしカット他多数収録。
------------

山田尚子監督、高野文子キャラクター原案のアニメーション「平家物語」について山田さん、高野さんが語り合った本です。
「平家物語」のアニメは素晴らしかった。
あまり表面に出ない高野さんが対談写真を載せているのも珍しい。
美術設定などについても興味深かったです。


すごいトシヨリ散歩

すごいトシヨリ散歩

  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2021/11/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



わたしたちが描いたアニメーション「平家物語」

わたしたちが描いたアニメーション「平家物語」

  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2022/03/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

養老先生、病院へ行く/飛び立つ季節 旅のつばくろ [本]

養老孟司、中川恵一「養老先生、病院へ行く」エクスナレッジ

------------
「老い」と「病気」の違いについて改めて考え、愛猫「まる」の死を経て感じた「身近な存在の死」との向き合い方、医師の目線から見た、現在の医療システムのいびつな仕組みなどについて教え子である東大病院の医師・中川恵一と語り合います。
マンガ「テルマエロマエ」で知られる漫画家ヤマザキマリさんとの鼎談も収録。
------------

養老孟司さんが心筋梗塞で入院され回復された事から、教え子で今回の主治医になった中川恵一さんと語り合った本です。
養老さんは今の医療システムに懐疑的なのですが、医療を否定している訳ではないです。
その辺りが近代医療を拒否する困った人達とは一線を画しています。
ただ、現役の医師である中川さんから見ると多少異論はあるでしょうね。
ヤマザキマリさんとの鼎談も収録されています。
正直読み応えという点では多少物足りないですが、楽しく読みました。


沢木耕太郎「飛び立つ季節 旅のつばくろ」新潮社

------------
16歳のとき初めて一人で旅した秋田県男鹿半島、檀一雄の墓に参った福岡県柳川、吉永小百合と語り合った伊豆の修善寺……
旅先での風景を前に、「あの頃」と「いま」が交錯する。
JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」で人気を博した連載などから35編を収録、
『深夜特急』の著者が気の向くままに歩き続けた、国内旅エッセイ集。
------------

沢木耕太郎さんの旅エッセイです。
JR東日本の「トランヴェール」に連載されたものの二冊目。
前作も楽しく読みましたが、さすがは沢木さん、読ませますね。
沢木さんの本はほとんど読んでいるかな。
やはり『深夜特急』が印象に残っていますが、キャパの話も面白かったです。


養老先生、病院へ行く

養老先生、病院へ行く

  • 出版社/メーカー: エクスナレッジ
  • 発売日: 2021/04/08
  • メディア: 単行本



飛び立つ季節 :旅のつばくろ

飛び立つ季節 :旅のつばくろ

  • 作者: 沢木 耕太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2022/06/29
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

霧島兵庫「フラウの戦争論」 [本]

霧島兵庫「フラウの戦争論」新潮社

------------
1818年ベルリン。士官学校校長という閑職に就いたクラウゼヴィッツ少将は「戦争の正体」を明らかにする論文を構想していた。
貴族出身の妻マリーを相手にナポレオン戦争の体験と教訓を語る中で彼の目に見えてきたものとは?
二百年後の現在もなお読み継がれる未完の古典的名著、その誕生の裏側を描き出す斬新な歴史小説誕生!
------------

今月の文庫の新刊に霧島兵庫「二人のクラウゼヴィッツ」新潮文庫がありました。8月28日刊。
クラウゼヴィッツには興味があるので検索してみた所、2020年に刊行された本書の文庫化でした。
という事で早速単行本を読みました。
これは面白かったです。
1818年、士官学校校長になったクラウゼヴィッツがナポレオンとの戦争を回想しつつ「戦争論」を執筆します。
ほとんどが負け戦のナポレオンとの戦いの回想が面白いですね。
プロイセンが最初にナポレオンに敗北したイエナの戦いから、ナポレオンの最後の戦いラ・ベル=アリエンス(ワーテルロー)の戦いまで。
クラウゼヴィッツの師シャルンホルスト、兄弟子グゼイナウも登場します。
本書の参考文献にも取り上げられている渡辺昇一「ドイツ参謀本部」も昔読んだな。


フラウの戦争論

フラウの戦争論

  • 作者: 霧島兵庫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2020/03/13
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

横山信義「連合艦隊西進す1 日独開戦」 [本]

横山信義「連合艦隊西進す1 日独開戦」C★NOVELS

------------
昭和一四年八月、ドイツがソ連との不可侵条約を締結したことにより、日本がそれまで進めていた独伊との同盟は頓挫する。
かわりに日本に接近してきたのはドイツと対峙するイギリス、フランスであった。
やがて日英仏同盟が締結されるが、大陸を席捲したドイツ軍はついに英本土へ上陸。首都ロンドンを陥落させる。
本国を脱出して東アジアに逃れた英艦隊は日本に亡命、これにより日本もまたヒトラー総統の怒りを買い、宣戦布告がなされた。
英仏政府の要請を受けた連合艦隊は、第一航空艦隊にセイロン島トリンコマリーへの進出を命じる。
だがインド洋海面下では、牙を研いだ狼の群れがで息をひそめ獲物を待ち構えていた!
------------

横山信義さんの仮想戦記新シリーズです。
前作「烈火の大洋」は日独伊三国同盟が昭和14年に締結されていたらという話でした。
新作は全く逆のIFで、日本が英仏と同盟しドイツと対決するという物です。
まあ、当時は親独派の勢いが強かったので英仏と組むというのは可能性低いと思いますが、設定は面白い。
この巻ではインド洋で連合艦隊とUボートの対決に始まり、ドイツの接収したフランス戦艦との対決と続きます。
なかなか面白かったです。続巻楽しみです。


連合艦隊西進す1 日独開戦 (C★NOVELS)

連合艦隊西進す1 日独開戦 (C★NOVELS)

  • 作者: 横山信義
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2022/08/22
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

飲むぞ今夜も、旅の空/囚われのスナイパー [本]

太田和彦「飲むぞ今夜も、旅の空」小学館文庫

------------
日本全国の居酒屋巡りを初めて三十余年である著者・太田和彦氏によるエッセイ集です。
単行本からの再録にあたり、一部加筆修正を加え、また、単行本・文庫未収録の作品と併せ改めて編みました。
<いい酒いい人いい肴>をテーマに全国を旅歩き飲み歩き、辿り着いた至福の時をどうか読者の方も追体験して下さい。
------------

太田和彦さんの酒に関するエッセイ集です。
文庫化に合わせて日本全国の酒場を訪ねた話を中心に未収録のエッセイも追加しています。
楽しく読みました。

スティーヴン・ハンター「囚われのスナイパー」上下 扶桑社

------------
アメリカに潜入したアラブ人の凄腕テロリスト“ジューバ"を、息詰まる狙撃戦のすえなんとか打ち倒した退役海兵隊一等軍曹ボブ・リー・スワガー。
だがその際負った胸の傷は深く、長い冬を療養生活に費やすことに。
翌夏、NYタイムズがジューバを仕留めた狙撃手がボブ・リーであることをすっぱ抜き、彼は一躍「英雄」として祀り上げられるが、その反動もまた大きかった。
下院司法委員会から届いた一通の召喚状。
彼は下院議員シャーロット・ヴェナブルによって訴追の「標的」に選ばれたのだ……。
------------

スティーヴン・ハンターのスワガーサーガの新作です。
前作で“ジューバ"と対決したスワガーですが、司法委員会に召喚される事になります。
変わらず読ませますね。
現在のスワガーの話だけでなく独立戦争時代の先祖の話もあります。
あとがきによると次回作はボブの父アールの話になるそうです。


飲むぞ今夜も、旅の空 (小学館文庫 お 3-9)

飲むぞ今夜も、旅の空 (小学館文庫 お 3-9)

  • 作者: 太田 和彦
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2022/05/06
  • メディア: 文庫



囚われのスナイパー(上) (扶桑社BOOKSミステリー)

囚われのスナイパー(上) (扶桑社BOOKSミステリー)

  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2022/06/02
  • メディア: Kindle版



囚われのスナイパー(下) (扶桑社BOOKSミステリー)

囚われのスナイパー(下) (扶桑社BOOKSミステリー)

  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2022/06/02
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

ハロー・グッドバイ/日本橋に生まれて [本]

小路幸也「ハロー・グッドバイ 東京バンドワゴン」集英社

------------
思わぬ場所での再会、知られざる過去との遭遇、甘酸っぱい恋の行方、切ないけれど前向きな旅立ち……。
今年も賑やかで温かな、大人気シリーズ第17弾!
田町家が取り壊され増谷家・会沢家として生まれ変わろうとするなか、ついに〈かふぇ あさん〉の夜営業が始まる。
見慣れないお客さんとともに、不思議な事件も舞い込み……。
そして、藍子とマードックのイギリス生活にも大きな転機が。
さまざまな変化や試みに、堀田家は「LOVE」を胸に挑んでいく。
------------

ドラマ化もされた小路幸也さんの人気シリーズ17作。相変わらず読ませますね。
今日記を検索すると16作目の「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」の感想を書き忘れていました。
シリーズを通して読んでいると子供たちが成長したり、おなじみのキャラクターにも色々と変転があり感慨深いです。
今回はそれほど大きな事件はありませんが、シリーズのファンには相変わらず安心して読ませます。
小路さんは2018年に心筋梗塞で入院され心配しましたが、今はお元気の様です。
続巻楽しみです。


小林信彦「日本橋に生まれて 本音を申せば」文藝春秋

------------
「週刊文春」で23年連載された名物コラム『本音を申せば』シリーズが、本書をもって完結します。
第一部「奔流の中での出会い」は、野坂昭如さん、山川方夫さん、渥美清さん、植木等さん、長部日出雄さん、大瀧詠一さん、江戸川乱歩さんなど、ひときわゆかり深い17名の思い出。
第二部「最後に、本音を申せば」は、2021年のクロニクル。NHKBSプレミアムで放映される映画のラインナップが上質なのに感心し、『日本の喜劇人』に加筆して「決定版」を刊行された年でした。
「数少い読者へ」と題した最終回が「週刊文春」に掲載されると、愛読してこられた読者の方々からのお便りが、編集部に続々と寄せられました。長年のご愛読に感謝しつつお届けする最終巻。
平野甲賀さんのフォントを題字に使用し、本文挿絵は小林泰彦さんです。
------------

小林信彦さんの週刊文春のコラムの最終巻です。
小林さんには強い影響を受けました。
高校生の頃に古本屋で買った「東京のロビンソン・クルーソ」を読んで、その映画・ミステリの造詣に感心しました。
大学を中退し20代で名画座通いに明け暮れたのは小林信彦になりたかったからかもしれません。
小林さんは2017年に脳梗塞で倒れましたが、復帰してコラムを毎週書かれていました。
そのコラムもこれで最終巻。
毎週、週刊文春を読んではいましたが、まとめて読むと圧倒的ですね。
第一部は倒れる前の色々な人の思い出をまとめたもの。
第二部はコラム最終回の前の集大成。
89歳ですが、まだまだお元気で時々はコラムを読みたいです。


ハロー・グッドバイ 東京バンドワゴン

ハロー・グッドバイ 東京バンドワゴン

  • 作者: 小路 幸也
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2022/04/26
  • メディア: 単行本



日本橋に生まれて 本音を申せば

日本橋に生まれて 本音を申せば

  • 作者: 小林 信彦
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2022/01/26
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

宝樹「三体X 観想之宙」 [本]

宝樹、大森望、光吉さくら、ワン チャイ訳「三体X 観想之宙」早川書房

------------
アジアに初めてヒューゴー賞をもたらし、世界で2900万部、日本でも63万部を売り上げた『三体』三部作を、劉慈欣を敬愛する中国新世代のSF作家・宝樹が受け継いだ。
謎のすべてが明かされる公式スピンオフ!
太陽系侵略をもくろむ三体文明の懐に、人類のスパイを送るという「階梯計画」の主人公となった孤独な男・雲天明。
彼はいかにして三体文明のもとで過ごし、程心(チェン・シン)の前に現れたのか?
シリーズ完結篇である『三体III 死神永生』で描かれたさまざまなできごとの裏側、知りたかった事件がすべて描かれる。
------------

傑作「三体」の公式スピンオフ小説です。
「三体」のラストの喪失感に耐えられなかった宝樹が書いたスピンオフ。
当時はアマチュアだったのですが、後にSF作家に。
「三体」の作者の劉慈欣も公式に認めて幅広く出版されました。
あくまでもスピンオフですが、面白いですね。
ラストはそう来たかと思いました。
「三体」を読んでからでないと面白くないと思いますが、「三体」を読んだ人はぜひ一読を。


三体X 観想之宙

三体X 観想之宙

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2022/07/06
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 

ヤマザキマリ「壁とともに生きる: わたしと「安部公房」」 [本]

ヤマザキマリ「壁とともに生きる: わたしと「安部公房」」NHK出版新書

------------
不自由で理不尽な社会で、心涼やかに生きるには?
自由に生きれば欠乏し、安定すれば窮屈だ。
どうしようもなく希望や理想を持っては、様々な”壁”に阻まれる――。
そんな私たち人間のジレンマを乗り越えるヒントは、戦後日本のカオスを生きた作家・安部公房にある!
「マンガ家・ヤマザキマリ」に深い影響を与え、先の見えない現代にこそその先見性が煌めく作家の「観察の思考」を、著者の視点と体験から生き生きと描き出す!
(NHKEテレ「100分de名著」2022年6月放送予定「安部公房 砂の女」に講師出演決定)
------------

ヤマザキマリさんが安部公房を取り上げた新書です。
ちょっと意外な組み合わせですが、ヤマザキさんはイタリア留学時代に安部公房を愛読し救われたそうです。
私も若い頃は安部公房は愛読したので楽しく読みました。
といっても読んだのは昔なので忘れてました。
もう一度読んでみるかな。
「100分de名著 安部公房 砂の女」も機会があれば見てみるかな。


壁とともに生きる: わたしと「安部公房」 (NHK出版新書 675)

壁とともに生きる: わたしと「安部公房」 (NHK出版新書 675)

  • 作者: ヤマザキマリ
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2022/05/10
  • メディア: 新書



安部公房『砂の女』 2022年6月 (NHK100分de名著)

安部公房『砂の女』 2022年6月 (NHK100分de名著)

  • 作者: ヤマザキマリ
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2022/05/27
  • メディア: ムック



nice!(2)  コメント(2) 

凜の弦音/残心 凜の弦音 [本]

我孫子武丸「凜の弦音」光文社

------------
弓道一筋の高校一年生・篠崎凛は引退した恩師の家で起きた殺人事件を解決に導いたのをきっかけに、「天才弓道美少女」として世間からもてはやされるように。
身の回りで起こるちょっとした事件に巻き込まれるたび、凛は葛藤しながらも真摯に向き合っていく。
弓道に、友情に――ひたむきに挑み、成長していく爽やかさ満点の青春ミステリー!
弓道青春ミステリー、誕生!
------------

我孫子武丸「残心 凜の弦音」光文社

------------
ちょっと一生懸命すぎる普通の少女、人生と弓道に悩んでます――。
弓道部主将となった翠星学園高校三年生の篠崎凜。
ひたむきに弓道に打ち込んできたが自分の進む道がわからなくなる。
弓道とは、生きるとは、なんだろう?
たのしくて胸にくる、青春ときどきミステリー小説!
------------

我孫子武丸さんの新作です。
実は新作が出た事を知らなかったのですが、前作が先月文庫化されていたので、前作と続編を図書館で借りました。
面白いですね。
実は我孫子さんの奥さんは弓道をやられていて5段まで取ったとか。
我孫子さんも取材を兼ねて弓道を始め初段を取ったそうです。
弓道一筋の主人公・篠崎凛がいいですね。
プロが存在しない弓道をやる意味とは、、
続編も読みたいです。


凜(りん)の弦音(つるね) 凜の弦音 (光文社文庫)

凜(りん)の弦音(つるね) 凜の弦音 (光文社文庫)

  • 作者: 我孫子 武丸
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2022/07/13
  • メディア: Kindle版



残心 凜の弦音

残心 凜の弦音

  • 作者: 我孫子 武丸
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2022/05/24
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0)