SSブログ

米澤穂信「巴里マカロンの謎」 [本]

米澤穂信「巴里マカロンの謎」創元推理文庫

------------
「わたしたちはこれから、新しくオープンしたお店に行ってマカロンを食べます」
その店のティー&マカロンセットで注文できるマカロンは三種類。
しかし小佐内さんの皿には、あるはずのない四つめのマカロンが乗っていた。
誰がなぜ四つめのマカロンを置いたのか?小鳩君は早速思考を巡らし始める
…心穏やかで無害で易きに流れる小市民を目指す、あのふたりが帰ってきました!
------------

米澤穂信さんの小市民シリーズ11年ぶりの新刊です。
小市民シリーズは3冊刊行されていて本作は4冊目です。
4作で完結するといわれていましたが、今回は番外編みたいなのでまだ完結しないのかな。
まあ次がいつ出るかわかりませんが。
いわゆる「日常の謎」を主人公が解決するという話で、今回も面白かったです。
毎回、美味しそうなスイーツが登場するのも楽しいです。


巴里マカロンの謎 〈小市民〉シリーズ (創元推理文庫)

巴里マカロンの謎 〈小市民〉シリーズ (創元推理文庫)

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2020/01/30
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(0) 

ダヴィド・ラーゲルクランツ「ミレニアム6 死すべき女」 [本]

ダヴィド・ラーゲルクランツ「ミレニアム6 死すべき女」上下 早川書房

------------
ストックホルムの公園で、身元不明の男の死体が発見された。
男の頬は黒ずみ、真夏にもかかわらずダウンジャケットを着ていた。
そして奇妙なことに、ズボンのポケットにはミカエルの電話番号が書かれた紙切れが入っていた。
法医学者の女性はミカエルに、男は殺された可能性があると告げた。
ミカエルは調査を始め、男に大声でわめかれていたという女性評論家から、そのときの様子を聞いた。
男は国防大臣について何かまくし立てたという。
ミカエルはリスベットに男の資料を送り、調査を依頼する。
そのころリスベットは、ストックホルムのマンションを引き払い、彼女の命を狙う双子の妹カミラを追っていた……。
今世紀最高のミステリーシリーズ、ついにクライマックスへ!
------------

映画化もされた北欧ミステリ、スティーグ・ラーソンのミレニアムシリーズの新作です。
ラーソンは3作目刊行後、急死しましたが、遺族の了解を得てダヴィド・ラーゲルクランツが続編を執筆、6巻が刊行されました。
4-6巻はラーゲルクランツ版の三部作ですが、比較的独立した話でした。
三部作完結編の6巻はリスベットの宿敵、双子の妹カミラとの対決編です。
訳者が同じという事もあってオリジナルに近い印象で、お話も面白かったです。


ミレニアム 6 上: 死すべき女

ミレニアム 6 上: 死すべき女

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2019/12/04
  • メディア: 単行本



ミレニアム 6 死すべき女 下

ミレニアム 6 死すべき女 下

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2019/12/04
  • メディア: Kindle版



nice!(4)  コメント(2) 

横山信義「蒼洋の城塞6 城塞燃ゆ」 [本]

横山信義「蒼洋の城塞6 城塞燃ゆ」C★NOVELS

横山信義さんの仮想戦記新シリーズ完結編です。
本シリーズはドゥリットル空襲を日本の潜水艦が発見していたらという所から歴史が変わります。
前巻で小沢治三郎の奇策で貴重な時間を稼いだ日本軍ですが、とうとう米軍は大攻勢をかけてきます。
戦艦対戦艦、空母同士の起動戦、そして最後はやはり横山さんらしく、米新型戦艦と大和、武蔵を含む戦艦対決です。
まあ新鮮味はないですが、面白かったです。
新シリーズは8月刊行予定だそうです。


蒼洋の城塞6 城塞燃ゆ (C★NOVELS)

蒼洋の城塞6 城塞燃ゆ (C★NOVELS)

  • 作者: 横山信義
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2020/06/22
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 

乾緑郎「機巧のイヴ 帝都浪漫篇」 [本]

乾緑郎「機巧のイヴ 帝都浪漫篇」新潮文庫

------------
浪漫とモダニズムの花咲く1918年。
美しき機巧人形・伊武は、女学校の友人・ナオミとともに訪れた猫地蔵坂ホテルで、ある男と運命の出会いを果たす。
恋の始まりを予感したそのとき、幸せな日常を引き裂く大震災が襲う。
時代の波に翻弄され、廻り出す運命の歯車。そして物語の舞台は、大陸の新国家・如洲へ―。
心を持たない人形が問いかける、愛とは、魂とは。
日本SF小説史に残る圧倒的傑作。
------------

乾緑郎さんの「機巧のイヴ」シリーズ3作目で完結編です。
詳細は大森望さんの解説に詳しいですが、1作目はパラレルワールドの明治に始まり、2作目で新大陸の博覧会を舞台にした機巧人形・伊武の物語。
この3作目で大正と思われる日本と満州がモデルの国が舞台になります。
やはりこのシリーズは面白いです。
大森さん曰く「ラストの1行で鮮やかに円環が閉じる」のですが、やはりまたこの続きを読みたいですね。


機巧のイヴ―帝都浪漫篇―(新潮文庫)

機巧のイヴ―帝都浪漫篇―(新潮文庫)

  • 作者: 乾緑郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2020/06/05
  • メディア: Kindle版



機巧のイヴ(新潮文庫)

機巧のイヴ(新潮文庫)

  • 作者: 乾緑郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/02/16
  • メディア: Kindle版



機巧のイヴ―新世界覚醒篇―(新潮文庫)

機巧のイヴ―新世界覚醒篇―(新潮文庫)

  • 作者: 乾緑郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/11/30
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 

宮部みゆき「きたきた捕物帖」 [本]

宮部みゆき「きたきた捕物帖」PHP

------------
宮部みゆき、久々の新シリーズ始動!
謎解き×怪異×人情が味わえて、著者が「生涯、書き続けたい」という捕物帖であり、宮部ワールドの要となるシリーズだ。
舞台は江戸深川。いまだ下っ端で、岡っ引きの見習いでしかない北一(16歳)は、亡くなった千吉親分の本業だった文庫売り(本や小間物を入れる箱を売る商売)で生計を立てている。
やがて自前の文庫をつくり、売ることができる日を夢見て……。
------------

宮部みゆきさんの新作で新シリーズです。
さすがは宮部みゆき。とても面白かったです。
主人公は岡っ引きの見習いの北一。ところがいきなり千吉親分が急死するところから話が始まります。
本業だった文庫売りで生計を立てているのですが、岡っ引きの見習いだった事から思わぬ事件に巻き込まれる事になります。
親分のおかみさんは目が見えないのですが、事件の真相をぴたりと当てる、このあたりは安楽椅子探偵という感じ。
そして北一の相棒になるもう一人の「きた」。
今回はこのきたきたコンビ誕生編という感じです。
シリーズの今後が楽しみです。


きたきた捕物帖

きたきた捕物帖

  • 作者: 宮部みゆき
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(2) 

ライプツィッヒの犬/西原理恵子/星系出雲の兵站-遠征-4 [本]

乾緑郎「ライプツィッヒの犬」祥伝社

------------
冷戦時代の東ドイツ。体制を批判するシェイクスピアの翻案で名を馳せた世界的劇作家ヘルムート・ギジ。
彼が三十年ぶりに新作を執筆中というニュースは世界を驚かせた。
完成を待つ中で進む舞台の稽古中、女優が重傷を負う事故が発生。直後、ギジが新作原稿とともに姿を消した。
ドイツでギジに師事していた気鋭の劇作家内藤岳はギジの足跡を辿り、やがて彼の経歴から消された闇を知ることに……。
------------

乾緑郎さんの長編小説です。
乾さんは以前演劇の世界にいたそうで、演劇業界の描写がリアルです。
東ドイツ出身の劇作家の新作には秘密警察シュタージとの過去の因縁がありました。
さすがは乾さん、読ませました。


「文藝別冊 総特集 西原理恵子」河出書房新社

------------
デビュー30周年を迎えた漫画家・西原理恵子を大特集。
インタビュー、描きおろし漫画、豪華対談のほか、伊藤理佐、
吉田戦車、羽海野チカ、角田光代、有川浩らの寄稿、貴重な資料も満載!
------------

西原理恵子さんのムックです。
久々に図書館に行き選んだ本です。
2018年に出ていたのですが、不覚にも読み逃していました。
インタビュー、作品リスト、対談など盛りだくさんでした。
サイバラファンとしてはとても面白かったです。

林譲治「星系出雲の兵站-遠征-4」ハヤカワ文庫JA

------------
出雲星系で発見された播種船の減速装置と思われる遺物。
その分析から、太古の人類は敷島星系を通過していたことが明らかになる。
ジャック真田らはゴート文明の真実を明らかにすべく、敷島星系の衛星美和に存続しているらしい海中都市、および謎に包まれた惑星敷島の調査を急ぐ。
いっぽう烏丸司令官は、ガイナスの集合知性の基盤に獣知性なる存在があることを喝破するが、その矢先、五賢帝が不穏な反応を示し始める……。
------------

林譲治さんの長編SF第2部4巻です。
このシリーズは兵站にフォーカスしている所が面白いです。
成田三樹夫がモデルの烏丸三樹夫は今回も活躍します。
今回はさらにガイナス人らの調査が進む事で、意外な展開に。
人類側が優位になったと思わせてラストは大変な事態が起こります。
そう来たか、、
いきなりの急展開で次が最終巻。楽しみです。


ライプツィヒの犬 (祥伝社文庫)

ライプツィヒの犬 (祥伝社文庫)

  • 作者: 乾緑郎
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2020/05/15
  • メディア: 文庫



西原理恵子 (文藝別冊)

西原理恵子 (文藝別冊)

  • 作者: 西原理恵子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: ムック



星系出雲の兵站―遠征― 4 (ハヤカワ文庫JA)

星系出雲の兵站―遠征― 4 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 林 譲治
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2020/05/26
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 

キャサリンはどのように子供を産んだのか?/留萌本線、最後の事件 トンネルの向こうは真っ白 [本]

森博嗣「キャサリンはどのように子供を産んだのか?」講談社タイガ

------------
国家反逆罪の被疑者であるキャサリン・クーパ博士と彼女の元を訪れていた検事局の八人が、忽然と姿を消した。
博士は先天的な疾患のため研究所に作られた無菌ドームから出ることができず、研究所は、人工知能による完璧なセキュリティ下に置かれていた。
消えた九人の謎を探るグアトは、博士は無菌ドーム内で出産し、閉じた世界に母子だけで暮らしていたという情報を得るのだが。
------------

森博嗣さんのWWシリーズ3作目。23世紀の世界。
主人公グアトらがある女性の失踪事件に協力を依頼されます。
失踪事件の謎は大体想像がつきますが、むしろその裏にあるAIの葛藤が印象的でした。
森博嗣最強のキャラクター、マガタ・シキも登場します。


山本巧次「留萌本線、最後の事件 トンネルの向こうは真っ白」ハヤカワ文庫JA

------------
鉄道ファンの浦本は廃線前の撮りおさめのため、北海道・留萌本線に乗車した。
だが発車後まもなく発生したハイジャック事件に巻き込まれ、乗員乗客4名とともに車両内に閉じ込められてしまう。
前代未聞の事態に頭を悩ます道警の安積らのもとに、犯人から連絡が入る。
「道議会議員の河出を交渉役に、身代金として1億7550万を要求する」
犯人はなぜこんな事件を起こしたのか?
鉄道を愛する著者がおくる、郷愁のミステリ。
------------

山本巧次さんの長編小説です。
北海道の留萌本線がハイジャックされるという事件が起きます。
人質の側と警察側から事件を描きます。
事件の動機、警察との攻防、なぜ道議会議員を交渉役に選んだのかなど数々の謎が鮮やかに解決されます。





留萌本線、最後の事件 トンネルの向こうは真っ白 (ハヤカワ文庫JA)

留萌本線、最後の事件 トンネルの向こうは真っ白 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 山本 巧次
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2020/04/16
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 

息子たちよ/イエロー・サブマリン [本]

北上次郎「息子たちよ」早川書房

北上次郎さんが本を取り上げつつ自分の息子たちへの思いを語った本です。
北上さんは本の雑誌の発行人としての仕事が忙しく、現役時代は日曜しか家に帰らなかったそうで、家族へは忸怩たる思いがある様です。
その息子たちへの思いを本の紹介をしつつ語る訳ですが、なかなか面白かったです。

小路幸也「イエロー・サブマリン 東京バンドワゴン」集英社

ドラマ化もされた小路幸也さんの人気シリーズ15作。相変わらず読ませますね。
シリーズを通して読んでいると子供たちが成長したり、おなじみのキャラクターにも色々と変転があり感慨深いです。
今回はなんといってもひ孫世代の高校卒業という節目の回です。
シリーズのファンには相変わらず安心して読ませます。
小路さんは2018年に心筋梗塞で入院され心配しましたが、今はお元気の様です。
続巻楽しみです。


息子たちよ

息子たちよ

  • 作者: 北上 次郎
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2020/01/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



イエロー・サブマリン 東京バンドワゴン (集英社文芸単行本)

イエロー・サブマリン 東京バンドワゴン (集英社文芸単行本)

  • 作者: 小路幸也
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2020/05/22
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 

文藝別冊 総特集 星野之宣 [本]

「文藝別冊 総特集 星野之宣」河出書房新社

星野之宣さんのムックです。
いつもなら図書館を待つ所ですが、読む物も心細いし迷わず買いました。
なに、金はあるんだ^^; 収納スペースがないだけで^^;
星野さんもデビュー45周年だそうです。これは面白かったですね。
萩尾望都、とり・みき、鶴田謙二、田中芳樹、新井素子ら登場メンバーも豪華。
ただ、私はそれほど星野さんのいい読者ではないので、紹介される作品は結構読んでいませんでした。
さすがに代表作は読んでましたが、作品紹介などで未読の傑作がたくさんあるので、機会を見て読んでみたいと思います。

内容詳細は以下を参照:

https://www.amazon.co.jp/%E6%98%9F%E9%87%8E%E4%B9%8B%E5%AE%A3-%E2%80%95%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC45%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E2%80%95-%E6%96%87%E8%97%9D%E5%88%A5%E5%86%8A/dp/4309980090


星野之宣 ―デビュー45周年記念― (文藝別冊)

星野之宣 ―デビュー45周年記念― (文藝別冊)

  • 作者: 星野之宣
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2020/05/22
  • メディア: ムック



nice!(2)  コメント(0) 

はじまりの歌をさがす旅/五郎治殿御始末 [本]

さすがに図書館で入手した本も底をついたので近くのブックオフで買った本二冊です。

川端裕人「はじまりの歌をさがす旅」角川文庫

川端裕人さんの長編小説です。川端さんは結構読んでいるのですが、これは読んでいませんでした。
オーストラリアを舞台に歌でアポリジニの一族となった祖父のルーツをさぐる旅は驚くべき展開に。
アポリジニが歌で一族の歴史を語るとか、さすがは川端さん、読ませます。
最後、主人公がそれからどうなったか、続きが読みたいです。

浅田次郎「五郎治殿御始末」中公文庫

浅田次郎さんの短編小説集です。
どれも幕末がテーマで、負け組になった武士たちを描きます。
さすがは浅田さん、読ませます。そんなに分厚くないのでさくさく読みました。
「柘榴坂の仇討」井伊直弼がテーマで映画化されています。


はじまりの歌をさがす旅 (角川文庫)

はじまりの歌をさがす旅 (角川文庫)

  • 作者: 川端 裕人
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/07/25
  • メディア: 文庫



五郎治殿御始末 (中公文庫)

五郎治殿御始末 (中公文庫)

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)