SSブログ
前の12件 | -

押井守監督が語る映画で学ぶ現代史/押井守のニッポン人って誰だ!? [本]

押井守、野田真外「押井守監督が語る映画で学ぶ現代史」日経BP

------------
「観客には『自分が抱えている不安を、具体化、形象化してほしい』という気持ちがどこかに必ずある」押井守監督はそう指摘します。
その時代に生きる人々の「無意識の不安」を探り当てて、エンターテインメントにするのが映画監督の仕事。
不安の影を捉えればヒット作になるし、ビジネスにもつなげることができる、と。
この本で語られるのは、「世界大戦争」から「007ロシアより愛をこめて」「仁義なき戦い」さらには「キャプテン・アメリカ」「ゲーム・オブ・スローンズ」 まで、それぞれの時代をタイムカプセルのように封じ込め、大ヒット(中には渋いヒット)につながった映画とドラマ。
------------

押井守監督が映画を通して現代史を語った本です。
作品の選定がいいですね。
「世界大戦争」「007ロシアより愛をこめて」「仁義なき戦い」「キャプテン・アメリカ」「ゲーム・オブ・スローンズ」
日経ビジネスオンラインの連載を読んでいましたが、書籍には新たな語り下しも追加されています。
西尾鉄也氏のイラストが楽しい。


押井守、渡辺麻紀「押井守のニッポン人って誰だ!?」講談社

------------
新型コロナを巡る対応には、“日本人の日本人っぽさ”がよく表れている。
それは、日本人の長所でもあり、弱点でもあり、ゆえに日本人の本質といえるのではないか――。
「コメ」「コトバ」「仏教」「ペリー」「マッカーサー」、そして「新型コロナ騒動」……。
歴史の潮流のなかから、日本人がどのように生き、そしてどこへ向かおうとして
------------

押井守監督の日本人論です。
コロナをめぐる対応から、日本史の初めから日本人とは何かを語ります。
お相手は映画ライターの渡辺麻紀さん。
押井監督にしては割と固い話ですが、縦横に語っています。
映画の本と比べるとちょっととっつきにくい所もありましたが、面白かったです。


押井守監督が語る映画で学ぶ現代史

押井守監督が語る映画で学ぶ現代史

  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2020/10/29
  • メディア: Kindle版



押井守のニッポン人って誰だ!? (TOKYO NEWS BOOKS)

押井守のニッポン人って誰だ!? (TOKYO NEWS BOOKS)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/11/02
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

砂漠の鬼将軍 [映画]

「砂漠の鬼将軍」をDVDで見ました。

516JFzNEBRL._AC_SY445_.jpg

------------
“砂漠の狐”と異名をとった独軍アフリカ方面司令官ロンメル元帥は、戦況不利となっても強硬策を主張するヒットラーの横暴さを許せず、彼を暗殺する計画に加担。
だが、計画は不成功に終わり、ロンメルも主謀者の一員として反逆罪に問われる……
------------

9.jpg

ドイツ軍のロンメル元帥を主人公とするアメリカ映画。監督はヘンリー・ハサウェイ。
ロンメルをジェームズ・メイソンが演じます。メイソンのロンメルがやはりいいですね。
和田誠さんの「お楽しみはこれからだ」で取り上げられ見たかった作品です。
冒頭はイギリス特殊部隊によるロンメル襲撃。
激しい撃ち合いの末、特殊部隊員が「彼は死んだか」と聞き、独兵が「彼が死ぬものか」と言うのが「お楽しみはこれからだ」で名セリフとして取り上げられていました。
その後、アフリカ戦線でロンメルを目撃する捕虜の原作者デズモンド・ヤング(本人が演じています)が戦後調査したロンメルの生涯が描かれます。
ドイツ軍人なのに連合軍側にも人気があるのは、ヒトラー暗殺に関与して自殺に追い込まれる悲劇性にあるのでしょうね。
シュタウフェンベルクのヒトラー暗殺未遂事件も描かれます。
さすがは名作と言われるだけありました。

The_Desert_Fox.jpg

監督 ヘンリー・ハサウェイ
脚本 ナナリー・ジョンソン
原作 デズモンド・ヤング『砂漠の狐ロンメル』
音楽 ダニエル・アンフィシアトロフ
エルヴィン・ロンメル ジェームズ・メイソン
カール・シュトローリン セドリック・ハードウィック
ロンメル夫人 ジェシカ・タンディ
マンフレート・ロンメル(エルヴィンの息子) ウィリアム・レイノルズ
アドルフ・ヒトラー ルーサー・アドラー
ヴィルヘルム・ブルクドルフ エヴェレット・スローン
ゲルト・フォン・ルントシュテット元帥 レオ・G・キャロル
フリッツ・バイエルライン ジョージ・マクレディ
ハーマン・アルディンガー リチャード・ブーン
クラウス・フォン・シュタウフェンベルク エドュアルド・フランツ
特殊部隊隊長 ダン・オハーリー
ヴィルヘルム・カイテル ジョン・ホイト
デズモンド・ヤング 本人
ナレーター マイケル・レニー
nice!(0)  コメント(0) 

特撮秘宝vol.3/vol.5 [本]


「特撮秘宝 vol.3」洋泉社MOOK
「特撮秘宝 vol.5」洋泉社MOOK

洋泉社の映画秘宝の別冊の特撮MOOKです。
vol.4が面白かったのでvol.1から読んでいます。

3は特集『スペクトルマン』『サンダ対ガイラ』が面白かったです。
特集も面白いのですが、特撮関連のスタッフや俳優、スーツアクターへのインタビューが貴重です。
金子修介監督のインタビューが楽しかった。旧作だけでなく新サンダーバードなど新作の情報もいいですね。

5は特集ゴジラ旋風2016 追悼・池谷仙克。
『シン・ゴジラ』関連で岡本喜八監督夫人の岡本みね子さんや、塚本晋也、大林宣彦監督のインタビューも。
日本だけでなく「謎の円盤UFO」の紹介、新作スタッフへのインタビューも貴重。
しかし特撮にはそこそこ詳しいと思っていましたが、このMOOKの濃さには脱帽です。


別冊映画秘宝特撮秘宝vol.3 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

別冊映画秘宝特撮秘宝vol.3 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2016/02/13
  • メディア: ムック



別冊映画秘宝特撮秘宝vol.5 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

別冊映画秘宝特撮秘宝vol.5 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2016/12/05
  • メディア: ムック



nice!(0)  コメント(0) 

12月以降に見たい映画 [映画]

12月以降に見たい映画です。

ついでに11月に見た映画です。

38.10/31「スティング」
39.11/6 「ビューティフルドリーマー」
40.11/7 「野良犬」神保町シアター
41.11/7 「出獄の盃」神保町シアター
42.11/13「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」
43.11.14「女賭博師 壷くらべ」神保町シアター
44.11/20「ソラリスの著者」ポーランド映画祭
45.11/27「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」
46.11/28「死刑執行人もまた死す」

DVD
11/9 「座頭市物語」
11/16「続・座頭市物語」
11/24「新・座頭市物語」

12月4日(金)
「サイレント・トーキョー」
秦建日子の小説「And so this is Xmas」を原作に描くサスペンス。

「魔女がいっぱい」
『チャーリーとチョコレート工場』などの原作者ロアルド・ダールの児童文学を、『プラダを着た悪魔』などのアン・ハサウェイ主演で映画化したファンタジー。

12月12日(土)
「無頼」
『黄金を抱いて翔べ』などの井筒和幸がメガホンを取った群像劇。

12月18日(金)
「ワンダーウーマン 1984」
『ワンダーウーマン』のガル・ガドットとパティ・ジェンキンス監督が再び組んだアクション。

1月1日(金)
「新感染半島 ファイナル・ステージ」
韓国発のパニックホラー『新感染 ファイナル・エクスプレス』の4年後を描いた続編

1月8日(金)
「大コメ騒動」
1918年に富山県の沿岸部で発生し、全国規模の大暴動へと発展した史実「米騒動」を題材にしたドラマ。

「フリー・ガイ」
『デッドプール』シリーズなどのライアン・レイノルズが主演したアクション。

「ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画」
インドの宇宙開発事業で、アジア初の火星探査ミッションを成功させた実話を映画化。

1月23日(土)
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」
nice!(0)  コメント(0) 

死刑執行人もまた死す [映画]

「死刑執行人もまた死す」見ました。

71WBisNRWAL._AC_SY606_.jpg

------------
所は独軍占領下のプラハ。暗殺犯であるフランツ医師は追跡の包囲網の中で、マーシャの機転によって危機を救われ、そのまま彼女の家に匿われる。
ゲシュタポは犯人が捕まるまで、市民の無差別殺害を宣言。マーシャの父も連行される。
父を救うため、フランツに自首を請うマーシャだが、彼はレジスタンス活動の意義を説き、取り合わない。
やがて、彼の身にも危険が迫るが、マーシャを始めとする市民たちの偽証で、ナチ側のスパイだったチャカが暗殺犯に仕立てあげられる……。
------------

o0720054011831601593.jpg

フリッツ・ラング監督のチェコ総督のラインハルト暗殺事件をテーマにした映画です。
さすがはラング監督、サスペンスの効いた演出で見せますね。
実際のラインハルト暗殺事件とはかなり違いフィクショナルな設定になっていますが、サスペンスが効いて面白い。
実際にナチスは人質を取ったのでそれを題材に犯人を知ってしまって、父親を人質に取られる女性の苦悩をテーマにしています。
悪役を演じるジーン・ロックハートの熱演が印象に残りました。
ラスト近く主人公の父親が息子への遺言として「自由になったチェコ」の話をするシーンが感動的です。
ですが、この映画は1943年に作られたのですが、その後ナチスドイツは滅びますが、チェコがソビエトの圧政に苦悩する事を知っているので、複雑な思いがありました。

14-10-2-2.jpg

監督 フリッツ・ラング
脚本 ジョン・ウェクスリー
原案 フリッツ・ラング、ベルトルト・ブレヒト
音楽 ハンス・アイスラー
フランツ・スヴォボダ医師(カレル・ヴァニヤック): ブライアン・ドンレヴィ
ステファン・ノヴォトニー教授: ウォルター・ブレナン
マーシャ・ノヴォトニー: アンナ・リー
ヤン・ホラク: デニス・オキーフ
エミール・チャカ: ジーン・ロックハート

nice!(2)  コメント(0) 

羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来 [映画]

「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」見ました。

58d29189e1dd5b25.jpg

------------
中国で動画サイトのフラッシュアニメから人気に火がついたファンタジーアニメの劇場版。
自然破壊により妖精たちの居場所が失われた世界で、黒猫の妖精が新たな住みかを探し求める。
漫画家でアニメ監督のMTJJが原作と監督、脚本を兼ね、制作をMTJJが代表を務めるアニメ制作会社の北京寒木春華動画技術有限公司が手掛ける。
ボイスキャストは、花澤香菜や宮野真守、櫻井孝宏などが担当する。
------------

maxresdefault.jpg

中国のファンタジーアニメです。面白かったです。
主人公のシャオヘイが可愛い。
元はWebアニメだそうで、この劇場版は本編の前日譚(4年前の物語)だそうです。
善と悪が簡単に割り切れないというテーマが興味深いですね。
ラストの超能力バトルはAKIRAを連想しました。

662ff094092606d75cb41362f3dc27113eadf0a2.jpg

監督 MTJJ木頭
脚本 MTJJ木頭、彭可欣、風息神泪
シャオヘイ / 小黒 - 山新 / 花澤香菜
ムゲン / 無限 - 劉明月 / 宮野真守
フーシー / 風息 - ?祥海 / 櫻井孝宏
ロジュ / 洛竹 - 叮当 / 松岡禎丞
シューファイ / 虚淮 - 夏侯落楓 / 斉藤壮馬
テンフー / 天虎 - 図特哈蒙 / 杉田智和
ナタ / - 山新 / 水瀬いのり
シュイ / 若水 - / 豊崎愛生
キュウ爺 / 鳩老 - / チョー
パンジン / 潘靖(館長) - / 大塚芳忠
紫羅蘭(花の妖精) - / 宇垣美里
nice!(1)  コメント(0) 

新・座頭市物語

「新・座頭市物語」をDVDで見ました。

91IjnkCMztL._AC_SY445_.jpg

------------
久しぶりに故郷の笠間に足を向けた市は、鬼怒川の温泉宿でかつて彼に斬られた関の堪兵ヱの弟、安彦の島吉と子分たちに襲われる。
偶然、その決闘の場に居合わせたのは、市の剣の師匠・伴野弥十郎であった。
数年ぶりに対面する弥十郎の妹・弥生は市に変わらぬやさしさで接してくれた・・・。
心ならずも師匠と斬りあう羽目に陥った市の姿を描くシリーズ第3作。
------------

2_20200104230801.png

座頭市シリーズの3作目です。本作からカラーとなります。
配役が豪華です。市の剣の師匠に河津清三郎、その妹が坪内ミキ子、兄の敵と狙うやくざが須賀不二男。
前作にも出ていた伊達三郎、後に東映でも活躍する遠藤辰雄も出ています。
田中徳三の演出も良く見せました。

EjPIzPJVoAASG7O.jpg

監督 田中徳三
脚本 犬塚稔、梅林喜久生
原作 子母沢寛
音楽 伊福部昭
座頭市:勝新太郎
伴野弥十郎:河津清三郎
弥生:坪内ミキ子
安彦の島吉:須賀不二男
馬蔵:中村豊
奥井紀之助:丹羽又三郎
おきぬ:真城千都世
お薪:近藤美恵子
安蔵:伊達三郎
七五三吉:遠藤辰雄
山田靖之助:杉山昌三九
神田欽吾:高倉一郎
神田陣八郎:南部彰三
お茂:武智豊子
nice!(2)  コメント(0) 

忘れられそうで忘れられない映画/日本SF誕生 [本]

和田誠「忘れられそうで忘れられない映画」ワイズ出版

------------
2011年から断続的に綴られた忘れられそうで忘れられない19作品の映画たち。
和田誠全篇書き下ろし映画エッセイ。
------------

和田誠さん最後の映画エッセイです。
あまり有名でないが和田さんが大好きな映画19本を取り上げて細かく語ります。
ほとんど見ていませんが、「原始怪獣現わる」はテレビで見たかな。
「放射能X」もモンスター映画ファンには有名ですね。
見ていない映画が多いですが、とても面白かったです。
機会があれば見てみたいと思います。


豊田有恒「日本SF誕生 空想と科学の作家たち」勉誠出版

------------
小松左京・星新一・筒井康隆…日本のSFが若かったころ。
1960年代初頭、SFは未知のジャンルだった。不可思議な現象と科学に好奇心を燃やし、SFを広めようと苦闘する作家たちの物語。
『SFマガジン』『宇宙塵』から「宇宙戦艦ヤマト」へ。
------------

豊田有恒さんが、日本SFの創成期について書いた本です。
大阪万博と連動したSFシンポジウムの話が貴重。
クラークやフレドリック・ポールやジュディス・メリルが来日したんですね。
SFの世界では有名な覆面座談会と福島正美との葛藤も書いています。


忘れられそうで忘れられない映画

忘れられそうで忘れられない映画

  • 作者: 和田誠
  • 出版社/メーカー: ワイズ出版
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



日本SF誕生―空想と科学の作家たち

日本SF誕生―空想と科学の作家たち

  • 作者: 豊田有恒
  • 出版社/メーカー: 勉誠出版
  • 発売日: 2019/07/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 

ソラリスの著者 [映画]

「ソラリスの著者」見ました。

Ely0v9YVcAAwtFx.jpg

ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムのドキュメンタリー映画です。
ポーランド映画祭2020で見ました。
ソビエトのタルコフスキー監督、アメリカのソダーバーグ監督に映画化された『ソラリスの陽のもとに』が有名ですが、他にもたくさん名作があります。
レム本人とレムの研究者の語るレムの生涯が印象的です。
やはり20代に祖国がナチス・ドイツに占領され、レジスタンスに関わった事、その後生地のルヴフがソ連に割譲されクラクフに移住、ソビエトの影響下で作家となるという苦労があの哲学的な作風の元でしょうね。
ポーランド戒厳令時の1982年に西ベルリン、1983年から5年間ウィーンに移住していた事も初めて知りました。

o0770056714229174842.jpg

ポーランド映画祭2020
http://topmuseum.jp/contents/exhibition/movie-3973.html

640.jpg

監督 ボリス・ランコシュ
nice!(1)  コメント(0) 

森博嗣「馬鹿と嘘の弓」 [本]

森博嗣「馬鹿と嘘の弓」講談社ノベルズ


森さんのシリーズ作品の展開に多少触れています。



------------
探偵は匿名の依頼を受け、ホームレス青年の調査を開始した。
対象は穏やかで理知的。危険のない人物と判断し、嵐の夜、街を彷徨う彼に声をかけた。
その生い立ちや暮らしぶりを知るにつれ、何のために彼の調査を続けるのか、探偵は疑問に感じ始める。
青年と面識のあった老ホームレスが、路上で倒れ、死亡した。
彼は、1年半まえまで大学で教鞭を執っていた元教授で、遺品からは青年の写真が見つかった。
それは依頼人から送られたのと同じものだった。
------------



森博嗣さんの新作。
シリーズ外作品という事ですが、Gシリーズの加部谷恵美とXシリーズの小川令子がコンビで登場します。
時系列的にはXシリーズ最終作のダマシ×ダマシのちょっと後か。
そういえば、、GシリーズとXシリーズの最後は融合するという話があったので、本作がそうなのかな。
加部谷と小川は二人で探偵事務所で調査をしています。
その対象のホームレス青年の調査で事件が起きます。
ラストは思わぬ方向に進み、ショッキングな展開になります。
森さんはおそらくこの続きは書かないかもしれませんが、加部谷・小川コンビの掛け合いが楽しいので、このコンビの探偵ものを読みたいと思いますが、どうかなあ。


馬鹿と嘘の弓 Fool Lie Bow (講談社ノベルス)

馬鹿と嘘の弓 Fool Lie Bow (講談社ノベルス)

  • 作者: 森博嗣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/10/07
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 

続・座頭市物語 [映画]

「続・座頭市物語」をDVDで見ました。

91KCTTZvTcL._AC_SY445_.jpg

------------
勝新太郎主演の傑作時代劇シリーズの第2作目。
座頭の市と平手酒造の壮絶な戦いから1年後、市は黒田家の殿様から命を狙われ、ヤクザの勘兵衛一家ら刺客に襲われる。
彼らを退けていく市の前に、今度は謎の浪人が現れる。しかし、その男は市の実兄だった。
------------

DLONpQrUEAA50Qo.jpg

座頭市の2作目です。
勝新太郎の実兄の城健三朗(若山富三郎)が市の兄を演じます。
1作目の半年後に公開されただけあってちょっとお話は荒っぽいかな。
ですが、城健三朗はさすがの迫力。1作目の登場人物も登場して見せました。
水谷良重もいいですね。

zatoichi0201.jpg

原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
監督:森一生
撮影:本多省三
録音:林土太郎
音楽:斎藤一郎
美術:太田誠一
照明:伊藤貞一
編集:谷口登司夫
スチール:浅田延之助
助監督:井上昭
座頭市:勝新太郎
渚の与四郎:城健三朗
お節:水谷良重
おたね:万里昌代
鏡の三蔵:中村豊
関の勘兵衛:沢村宗之助
飯岡助五郎:柳永二郎
民五郎:杉山昌三九
吉田甲斐:嵐三右衛門
弥平:山路義人
黒田越前守:春本富士夫
勘造:水原浩一
森助:伊達三郎
白石左門:南条新太郎
柏屋五右衛門:南部
nice!(1)  コメント(0) 

だから、何。/闇中の星 [本]

中野翠「だから、何。」毎日新聞出版

------------
桜散る昭和は遠くなりにけりーー時代は何まわりもして、昔も懐かしいけど、やっぱり今がいちばんと思いたい!
平成から令和へ、年間映画ベストテン、貴景勝と炎鵬、イチロー引退、歌舞伎の子役たち、ラグビーW杯の快挙......いろいろあった2019年を総まくり。
自筆イラスト&自作句もたのしい世俗観察コラム集です!
------------

中野翠さんのサンデー毎日連載のコラム集です。
2019年末に出た2018年末~2019年末をまとめた物。
個人的には中野さんの映画の好みには多少異論はありますが、コラムは面白い。
昨年も面白かったですが、もうすぐ出る今年分はさらに興味深いです。


五代ゆう「闇中の星 グイン・サーガ 147」ハヤカワ文庫JA

------------
アルド・ナリスの妖しい力を目撃したグイン一行はいったんクリスタルを離れることにする。
しかしそこへ新たに闇からの脅威が襲いかかる!
一方、沿海州ヴァラキアでは、ボルゴ・ヴァレンが、反対を受けながらも執拗にクリスタルへの派兵を画策し、モンゴールでは、国を顧みようとしないイシュトヴァーンへの不満から、その不在を突いて、反乱のうねりが高まっていた。
パロの崩壊は、各地に不穏な情勢をもたらしていた。
------------

五代ゆうさんのグインサーガ147巻です。
五代ゆうさんだけになっての6作目。相変わらず面白いですね。
前々巻グインはアルド・ナリスと再会します。
その後も色々あって早くナリスの正体を知りたいです。
その他にもゴーラ、ケイロニア、ヴァラキアと色々と展開が興味深く、続巻が大変楽しみです。


だから、何。

だから、何。

  • 作者: 中野 翠
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2019/12/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



闇中【あんちゅう】の星 (ハヤカワ文庫JA)

闇中【あんちゅう】の星 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2020/07/02
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
前の12件 | -