SSブログ
前の12件 | -

レミニセンス [映画]

「レミニセンス」見ました。

187467_01.jpg

------------
『グレイテスト・ショーマン』などのヒュー・ジャックマン主演のSFサスペンス。
世界中が海に水没した近未来を舞台に、他者の記憶に潜入したエージェントが凶悪事件の鍵を握る女性の行方を追う。
監督はドラマ「ウエストワールド」シリーズなどに携ったリサ・ジョイ。
『ドクター・スリープ』などのレベッカ・ファーガソン、『リトリート・アイランド』などのタンディ・ニュートン、『クリミナル・アフェア 魔警』などのダニエル・ウーらが出演する。
------------

KsY.jpg

ヒュー・ジャックマン主演のSFサスペンス映画です。
クリストファー・ノーラン監督の弟ジョナサン・ノーラン制作なので、「インセプション」みたいな話かと思ったのですが、割と幻想性は薄くハードボイルド的な話でした。
ヒュー・ジャックマンが他人の記憶を見ることができるマシンを操るのですが、記憶を改変したりする訳ではありません。
謎めいたヒロインを演じるレベッカ・ファーガソンが素晴らしい。
厳密にはファム・ファタールとは言えないかもしれないのですが、魅力的です。
映画も面白かったですが、これはレベッカ・ファーガソンの映画ですね。
レベッカ・ファーガソンは「ミッション:インポッシブル」シリーズに2作続けて出演し、来年公開予定の7作、さ来年の8作にも出演が決まっています。

E383ACE3839FE3838BE382BBE383B3E382B9E794BBE5838F02.jpg

監督 リサ・ジョイ
脚本 リサ・ジョイ
製作 ジョナサン・ノーラン、リサ・ジョイ、マイケル・デ・ルカ、アーロン・ライダー
音楽 ラミン・ジャヴァディ
ニック・バニスター - ヒュー・ジャックマン
メイ - レベッカ・ファーガソン
エミリー・“ワッツ”・サンダース - タンディ・ニュートン
セント・ジョー - ダニエル・ウー
サイラス・ブース - クリフ・カーティス
ウォルター・シルヴァン - ブレット・カレン
ゾーイ - ニコ・パーカー
エルサ・カリーン - アンジェラ・サラフィアン
エイヴリー・カスティッロ - ナタリー・マルティネス
タマラ・シルヴァン - マリーナ・デ・タビラ
セバスチャン・シルヴァン - モージャン・アリア
ハンク - ハビエル・モリーナ
フォークス - サム・メディナ
ハリス - ノリオ・ニシムラ
フレディ - ロクストン・ガルシア
nice!(1)  コメント(0) 

ドラマ「コンフィデンスマンJP」 [映画]

ドラマ「コンフィデンスマンJP」見ました。

91cbeQGdKZL._AC_SY445_.jpg

映画は二本とも見てとても面白かったです。
1作目の公開時に放映されたスペシャルドラマの「運勢編」も見ました。
ドラマは見ていなかったのですが、再放送されたスポーツ編、コンフィデンスマン編を見たらとても面白かったです。
なので、レンタルで8話を借りて一気見しました。
ドラマも面白いですね。
ゲストも豪華ですが、やはり長澤まさみが素晴らしい。
古沢良太の脚本が楽しい。
面白かったので、古沢脚本の「リーガル・ハイ」も借りてみようかな。

D2uZWf0UwAAKVjZ.jpg

「コンフィデンスマンJP」ゴッドファーザー編
江口洋介、未唯mie
「コンフィデンスマンJP」リゾート王編
吉瀬美智子、本仮屋ユイカ
「コンフィデンスマンJP」美術商編
石黒賢、馬場ふみか、でんでん
「コンフィデンスマンJP」映画マニア編
佐野史郎、伊吹吾郎
「コンフィデンスマンJP」スーパードクター編
かたせ梨乃、永井大、山田孝之
「コンフィデンスマンJP」古代遺跡編
内村光良、長野里美
「コンフィデンスマンJP」家族編
竜雷太、岡田義徳、桜井ユキ、前田敦子、中尾明慶
「コンフィデンスマンJP」美のカリスマ編
りょう
「コンフィデンスマンJP」スポーツ編
小池徹平
「コンフィデンスマンJP」コンフィデンスマン編
佐藤隆太、麿赤兒、袴田吉彦、戸田菜穂、野間口徹

脚本 - 古沢良太
音楽 - fox capture plan
主題歌 - Official髭男dism「ノーダウト」(ポニーキャニオン / ラストラム・ミュージックエンタテインメント)
企画 - 成河広明
プロデューサー - 草ヶ谷大輔、古郡真也
演出 - 田中亮、金井紘、三橋利行
nice!(1)  コメント(2) 

風待茶房-松本隆対談集 [本]

「風待茶房-松本隆対談集-1971-2004」

------------
●第一章 谷川俊太郎、桜井淑敏、林静一
●第二章 太田裕美、細野晴臣、佐野史郎、大滝詠一、筒美京平、薬師丸ひろ子、藤井隆、松たか子、萩尾望都、松任谷由実
●第三章 町田康、妹島和世、是枝裕和
●アンコール 高田渡、喫茶店でいろんな人に会った。(松本隆エッセイ)
------------

「風待茶房-松本隆対談集-2005-2015」

------------
●対談 斉藤由貴、松本大洋、山下敦弘、江川紹子、天野喜孝、堤幸彦、鈴木茂、羽海野チカ、中川翔子、水谷豊、菅野よう子、今日マチ子
●鼎談 細野晴臣・鈴木茂・松本隆「風街レジェンド」スペシャル鼎談
●アンコール 松本隆、アニメソングについて語る。/マツモトメモ 二〇〇五-二〇〇九
------------

中川右介「松田聖子と中森明菜」で資料として引用されていた「松本隆対談集」が面白そうだったので読んでみました。
これはとても面白かったです。
個人的に面白かったのはっぴいえんど時代の話ですが、筒美京平、松任谷由実とのヒット曲の舞台裏の話も面白い。
他にも、太田裕美、薬師丸ひろ子、斉藤由貴といったアイドル時代の話。
松本大洋、萩尾望都、羽海野チカなどのマンガ家、山下敦弘、是枝裕和といった映画監督との話も興味深いです。
かなり分厚い2冊の単行本、一気読みでした。


松本隆対談集 風待茶房 1971-2004 (立東舎)

松本隆対談集 風待茶房 1971-2004 (立東舎)

  • 作者: 松本 隆
  • 出版社/メーカー: 立東舎
  • 発売日: 2017/01/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



松本隆対談集 風待茶房 2005-2015 (立東舎)

松本隆対談集 風待茶房 2005-2015 (立東舎)

  • 作者: 松本 隆
  • 出版社/メーカー: 立東舎
  • 発売日: 2017/01/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(2)  コメント(2) 

白頭山大噴火 [映画]

「白頭山大噴火」見ました。

500978.jpg

------------
『KCIA 南山の部長たち』などのイ・ビョンホン、『クローゼット』などのハ・ジョンウ共演によるディザスタームービー。
朝鮮半島にそびえる白頭山の大噴火沈静化を命じられた韓国軍大尉が、その鍵を握る北朝鮮の工作員と核燃料を探し出すために同国に潜入する。
監督は『22年目の記憶』などのイ・ヘジュン、『監視者たち』などのキム・ビョンソ。
『スタートアップ!』などのマ・ドンソクのほか、チョン・ヘジン、ペ・スジらが脇を固める。
------------

efa61914c862daf0.jpg

韓国製のディザスタームービーです。
白頭山大噴火により朝鮮半島と中国の一部で大災害が発生。
冒頭のソウルの大地震描写が大迫力で度肝を抜かれました。
お話はかなり突っ込みドコロが多いのですが、演出の迫力で見せます。
イ・ビョンホン、ハ・ジョンウといった俳優陣もいいですね。
特にマ・ドンソクの噴火を予測し核爆弾で大地震のエネルギーを逃がす方法を提唱する科学者役というのが楽しい。
ほとんど田所博士でこのあたりはリメイクの「日本沈没」にちょっと似てます。
無茶な話ですが、結構楽しく見ました。

E3808EE799BDE9A0ADE5B1B1E5A4A7E599B4E781ABE3808FE383A1E382A4E382ADE383B3E382B0E794BBE5838FE3839EE383BBE38389E383B3E382BDE382AFE38081E38381E383A7E383B3E383BBE38398E382B8E383B3E38081E3839AE383BBE382B9E3.jpg

監督 イ・ヘジュン、キム・ビョンソ
脚本 イ・ヘジュン、キム・ビョンソ、クァク・チョンドク、キム・テユン、イム・ジョンヒョン
音楽 パン・ジュンソク
リ・ジュンピョン: イ・ビョンホン
チョ・インチャン: ハ・ジョンウ
カン・ボンネ: マ・ドンソク
チョン・ユギョン: チョン・ヘジン
チェ・ジヨン: ペ・スジ
nice!(0)  コメント(0) 

先生、私の隣に座っていただけませんか? [映画]

「先生、私の隣に座っていただけませんか?」見ました。

320 (1).jpg

------------
TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018 で準グランプリに輝いた企画を映画化したドラマ。
不倫を題材にした作品を描き始めた漫画家と、その内容から自身の不倫が知られたのではないかと不安に陥る夫の姿を描く。
メガホンを取るのは『いたくても いたくても』などの堀江貴大。
『ビブリア古書堂の事件手帖』などの黒木華、『火口のふたり』などの柄本佑のほか、金子大地、奈緒、風吹ジュンらが出演する。
------------

hqdefault.jpg

黒木華、柄本佑主演の映画です。マンガ家夫婦の不倫を描きます。
出演者は二人に加え金子大地、奈緒、風吹ジュンの5人。
みなうまい人なので見せますね。お話も面白かったです。
金子大地はどこかで見た人だなと思っていたのですが、「サマーフィルムにのって」の未来人でした。

maxresdefault.jpg

監督 堀江貴大
脚本 堀江貴大
音楽 渡邊琢磨
主題歌 eill「プラスティック・ラブ」
早川佐和子:黒木華
早川俊夫:柄本佑
新谷歩:金子大地
桜田千佳:奈緒
下條真由美:風吹ジュン
nice!(1)  コメント(0) 

ユナイテッド93 [映画]

「ユナイテッド93」を録画で見ました。

51jEx8zpkPL._AC_UL600_SR426600_.jpg

------------
アメリカ史上最悪のテロ攻撃事件として記憶された2001年9月11日の出来事を、当事者の視点から再現した衝撃的作。
『ボーン・スプレマシー』のポール・グリーングラスが脚本と監督を手がけ、4番目のハイジャック犠牲となった、ユナイテッド航空93便の乗員と乗客らが経験した未曾有の恐怖心をリアリスティックに描く。
離陸からハイジャック、そして運命の瞬間までを時間軸にそって再構築し、悲劇の結末を臨場感たっぷりに伝える。
------------

9.11で乗っ取られた4機の航空機で唯一目的地に突っ込まなかった93便の物語です。
臨場感を出すために俳優はほとんど無名の人を起用、管制官など一部の俳優は本人が演じています。
ポール・グリーングラスの演出は臨場感があるので、まるでドキュメンタリーを見ている様な印象でした。

t02200160_0512037312161831916.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

手塚治虫とトキワ荘/松田聖子と中森明菜 [本]

中川右介さんの本をまた二冊。

中川右介「手塚治虫とトキワ荘」集英社文庫

------------
日本のマンガは、このアパートから生まれた。
手塚治虫、藤子・F・不二雄、藤子不二雄A、石ノ森章太郎、赤塚不二夫
……若き日の巨匠たちが集った聖地・トキワ荘。
日本のマンガ出版史を描き切る決定版評伝。
------------

最近、新たに建て直されたトキワ荘の物語です。
中川さんらしく膨大な資料を整理して、読み応えあります。
手塚の生い立ちから始まり、手塚がマンガ家になったあたりで、一転、講談社、小学館などの出版社の歴史の話になるのが凄い。
このあたりはマンガとミステリという違いはありますが、「江戸川乱歩と横溝正史」で大正、昭和の雑誌の歴史を描いた所の続編という感じ。
以後は、手塚とトキワ荘のマンガ家たちの仕事を追いながら、マンガ週刊誌の歴史を描いていきます。
トキワ荘の物語の集大成と言っていい労作です。
後半、マンガ家たちはトキワ荘を去り、最後が寺田ヒロオの死で終わるのが悲しいですね。

中川右介「松田聖子と中森明菜」幻冬舎新書

------------
アイドルを自覚して演じ、虚構の世界を謳歌する松田聖子。
生身の人間として、唯一無二のアーティストとしてすべてをさらす中森明菜。
相反する思想と戦略をもった二人の歌姫は、八〇年代消費社会で圧倒的な支持を得た。
商業主義をシビアに貫くレコード会社や芸能プロ、辛気臭い日本歌謡界の転覆を謀る作詞家や作曲家
…背後で蠢く野望と欲望をかいくぐり、二人はいかに生き延びたのか?
歌番組の全盛時代を駆け抜けたアイドル歌手の、闘争と革命のドラマ。
------------

松田聖子と中森明菜を対比して論じたアイドル論です。
これも膨大な資料を良く整理しています。
前半は山口百恵の話が結構長いです。
山口百恵の引退と前後する様に登場した松田聖子の話が多く、中森明菜はちょっと少な目。
これは証言者が多かったせいなのかも。
参考文献として引用されている「松本隆対談集」が面白そうなので、さっそく入手して今読んでいます。


手塚治虫とトキワ荘 (集英社文庫)

手塚治虫とトキワ荘 (集英社文庫)

  • 作者: 中川 右介
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2021/05/20
  • メディア: 文庫



松田聖子と中森明菜

松田聖子と中森明菜

  • 作者: 中川右介
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/05/31
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(2) 

非弁護人/高倉健からアホーと呼ばれた男 [本]

月村了衛「非弁護人」徳間書店

------------
元特捜検事・宗光彬。高度な法律関連事案の解決を請け負う彼は、裏社会で「非弁護人」と呼ばれる。
六年前の冤罪により、表向き弁護士活動はできなくなった身の上だ。
ふとした経緯で、ひとりのパキスタン人少年から「いなくなったクラスメイトを捜して欲しい」という依頼を受けた。
失踪した少女とその家族の行方を追ううちに、底辺の元ヤクザ達とその家族を食い物にする男の存在を知る。
おびただしい数の失踪した者達はことごとく惨殺され、子ども達は人身売買組織に売り払われた。
ヤクザを文字通り骨まで食い物にする〈ヤクザ喰い〉。
奇跡的にその男の手を脱した女性の手掛かりから男の指紋を検出することに成功した。
その名は蜷川功一。宗光は因縁の元同僚弁護士・篠田と共に反撃を開始する。
悪魔のような連続大量殺人犯に、いまなお確執を抱え、恩讐を越えたふたりが挑む!
著者渾身のリーガルサスペンス!
------------

月村了衛さんの新作長編小説です。
元検事の主人公が底辺の元ヤクザを食い物にする男を追い詰めていく話です。
これは面白かったです。
冤罪で前科があるため法廷に立てない主人公が、元同僚の弁護士と男と対決します。
犯人は巧妙でほとんど証拠を残していません。
その男を追い詰めていくプロセスが絶妙で読ませます。
さすがは月村さん、読み始めると止まりませんでした。


山平重樹「高倉健からアホーと呼ばれた男-付き人西村泰治が明かす-健さんとの40年-」

------------
健さんの何もかもを孫の孫の代まで風化させずに伝えていきたい――
「泰治、反省しろ! 」
2014年に83歳で没し、2020年に七回忌を迎える戦後最大の映画スター高倉健。
素顔の「健さん」は厳しい中にも、意外な茶目っ気があってイタズラ好きでもあった――。
40年来の付き人・西村泰治が本音で語った、「健さん」とヤッさんの物語。
数々のエピソード、秘話とともに貴重な未公開カラー写真を掲載。
------------

高倉健さんの付き人西村泰治さんが高倉さんの思い出を語った本です。
西村さんは本業はガソリンスタンド社長ですが、私的な付き人として高倉さんに尽くします。
来日時にブルック・シールズのガードをした話など色々な話が出てきます。
西村さんは高倉さんの映画にもたくさん出演していたとか。


非弁護人

非弁護人

  • 作者: 月村了衛
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2021/04/30
  • メディア: Kindle版



高倉健からアホーと呼ばれた男 付き人西村泰治(ヤッさん)が明かす――健さんとの40年

高倉健からアホーと呼ばれた男 付き人西村泰治(ヤッさん)が明かす――健さんとの40年

  • 作者: 山平重樹
  • 出版社/メーカー: かや書房
  • 発売日: 2020/11/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(2) 

幼女戦記12/烈火の大洋1 [本]

カルロ・ゼン「幼女戦記12」KADOKAWA

------------
戦場で勝利し、戦場で勝利し続け、しかし帝国は破滅へ一直線。
爛れ切った愛国心と、残酷な現実の抱擁を経てゼートゥーアは「世界の敵」たるべく舞台を作り上げていく。
死に逃げることも出来ない参謀本部の責任者としてゼートゥーアが求めるのは『最良の敗北』なのだ。
言葉よりも、理性よりも、ただ、衝撃を世界に。世界よ、刮目せよ、恐怖せよ、そして神話に安住せよ。
我こそは、諸悪の根源なり。
------------

最新12巻。
転生して幼女となった現代のサラリーマンが魔道のある世界で戦功をあげて出世していくと言う話です。
コミックとアニメ化されています。
相変わらず戦略や兵站についてマニアックに語られています。
今後どうなるのか、続巻楽しみですが、もう少し刊行ペースは上げて欲しいかな。

横山信義「烈火の大洋1 セイロン島沖海戦」C★NOVELS

------------
昭和一四年、日本陸軍は満蒙国境ノモンハンにてソ連軍に押され続けていた。
このまま日ソ全面戦争に発展することを恐れた日本は、急ぎドイツ・イタリアとの同盟を締結。
ソ連軍も矛を収め、相互不可侵条約が成立した。だが、北の脅威がなくなったことに安堵できた時は短い。
ドイツがポーランドを攻撃、イギリス・フランス両国と戦争状態を引き起こしてしまう。
三国同盟の約定により参戦することとなった日本は、西太平洋のイギリス領・フランス領を攻撃。
マレー・シンガポール・ビルマなどを占領し、連合艦隊はインド洋へと進出した。
だが、そこにはイギリス海軍の最強戦艦が待ち構えていたのである――。
------------

横山信義さんの仮想戦記新シリーズです。
今回、史実より早く1939年に日独伊三国同盟が結ばれていたら、というIFです。
ドイツのポーランド侵攻により日本も英仏との戦いに参戦しイギリス領・フランス領を攻撃。
アメリカは参戦していません。
インド洋に進出し戦艦同士の戦いとなります。
時代が1939年なので零戦は空母に搭載されていず、96艦戦が活躍する所が面白い。
続巻楽しみです。


幼女戦記 12 Mundus vult decipi, ergo decipiatur

幼女戦記 12 Mundus vult decipi, ergo decipiatur

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/02/20
  • メディア: Kindle版



烈火の大洋1-セイロン島沖海戦 (C・Novels 55-115)

烈火の大洋1-セイロン島沖海戦 (C・Novels 55-115)

  • 作者: 横山 信義
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2021/08/18
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0) 

モンタナの目撃者 [映画]

「モンタナの目撃者」見ました。

320.jpg

------------
アンジェリーナ・ジョリーが主演を務めたサバイバルスリラー。
殺人現場を目撃し命を狙われる少年を保護した森林消防隊員が、少年を守るため奮闘する。
監督・脚本は『ウインド・リバー』などのテイラー・シェリダン。
共演には『トールキン 旅のはじまり』などのニコラス・ホルト、ドラマ「タイドランド」などのフィン・リトル、ドラマシリーズ「プロジェクト・ブルーブック」などのエイダン・ギレン、シェリダン監督作『ウインド・リバー』などのジョン・バーンサルらがそろう。
------------

20210817-00000063-nataliee-000-1-view.jpg

アンジェリーナ・ジョリー主演のサスペンス映画です。
ジョリーは少年たちを助けられなかったトラウマを抱える森林消防隊員で、殺し屋に追われる少年を守って戦います。
二人の殺し屋(兄弟という設定は見た後で知りました)をニコラス・ホルトとエイダン・ギレンが演じています。
二人ともうまい役者なので、演技に見ごたえがありますね。
悪役がうまいのではらはらさせます。
最後は大規模な森林火災の中での悪役との闘いが見せました。

cast-3.jpg

監督 テイラー・シェリダン
脚本 マイケル・コリータ、チャールズ・リーヴィット、テイラー・シェリダン
原作 マイケル・コリータ『Those Who Wish Me Dead』
音楽 ブライアン・タイラー
ハンナ・フェイバー - アンジェリーナ・ジョリー
コナー・キャサリー - フィン・リトル
パトリック・ブラックウェル - ニコラス・ホルト
ジャック・ブラックウェル - エイダン・ギレン
アーサー・フィリップ - タイラー・ペリー
イーサン・ソーヤー - ジョン・バーンサル
アリソン・ソーヤー - メディナ・センゴア
オーウェン・キャサリー - ジェイク・ウェバー
ベン - ジェームズ・ジョーダン
ライアン - トリー・キトルズ
ティナ - ローラ・マルティネス=カニンガム
ヴィック - ハワード・ファーガソン・Jr
nice!(1)  コメント(0) 

シャン・チー/テン・リングスの伝説 [映画]

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」見ました。

1628557945431.jpg


ちょっと話の展開に触れています。



------------
『アベンジャーズ』シリーズなどを手掛けるマーベル・スタジオによるヒーローアクション。
悪の組織を率いる父親の恐ろしい計画に巻き込まれていく主人公の姿を描く。
『黒い司法 0%からの奇跡』などのデスティン・ダニエル・クレットンがメガホンを取る。
シム・リウが主人公、『インファナル・アフェア』シリーズなどのトニー・レオンが父親を演じ、『クレイジー・リッチ!』などのミシェル・ヨー、『フェアウェル』などのオークワフィナらが共演する。
------------

E8xGbAkUUAIbNfY-scaled.jpg

これは面白かった。
「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第25作目だそうです。
1000年以上生きているという父トニー・レオンの巨大組織を築くイントロは中国戦国物みたい。
主人公シム・リウの話になってからもアクションが快調。
バスの中での戦い、高層ビルの外の足場での戦いには唖然。
後半ミシェル・ヨーが重要な役で登場し活躍するのもうれしい。
ベン・キングズレーに似た人が出ていると思ったら本人でした。
最後は大怪獣特撮映画になるので、怪獣映画ファンは見逃さない様に。
他のマーベルものとはあまり接点はないですが、「ドクター・ストレンジ」のベネディクト・ウォンの出演が楽しい。
エンドクレジット後も二つオマケがあるので席を立たないように。

1629256922461.jpg

監督 デスティン・ダニエル・クレットン
脚本 デヴィッド・キャラハム、デスティン・ダニエル・クレットン
原作 スティーブ・エングルハート、ジム・スターリン『シャン・チー』
ショーン / シャン・チー - シム・リウ
ケイティ・チェン - オークワフィナ
シャーリン - メンガー・チャン
幼いシャーリン - ハーモニー・ヒー
イン・リー - ファラ・チャン
レーザー・フィスト - フロリアン・ムンテアヌ
デス・ディーラー - アンディ・リー
ウォン - ベネディクト・ウォン
イン・ナン - ミシェル・ヨー
トレヴァー・スラッタリー - ベン・キングズレー
シュー・ウェンウー - トニー・レオン
アボミネーション - ティム・ロス
ジャン・ジャン - ロニー・チェン
ミセス・チェン - ジョディ・ロン
ルイファ - ダラス・リュー
グアン・ボー - ユン・ワー
クレヴ - ザック・チェリー
nice!(1)  コメント(0) 

沈黙のレジスタンス [映画]

「沈黙のレジスタンス」見ました。

320.jpg

------------
パントマイムアーティスト、マルセル・マルソーの実録ドラマ。
第2次世界大戦下のフランスでレジスタンス活動に身を投じていた彼が、親を殺されたユダヤ人の子供たちをホロコーストから逃そうとする姿を描く。
監督は『ハンズ・オブ・ストーン』などのジョナタン・ヤクボウィッツ。
『ビバリウム』などのジェシー・アイゼンバーグ、『招かれざる隣人』などのクレマンス・ポエジーのほか、マティアス・シュヴァイクホファー、フェリックス・モアティ、ルーリグ・ゲーザらが出演する。
------------

528687.jpg

ジェシー・アイゼンバーグ主演の実話の映画化です。
パントマイムアーティスト、マルセル・マルソーが第2次世界大戦下のフランスでユダヤ人の子供たちを助けたという実話を描きます。
良い映画だとは思いますが、気になるのはゲシュタポのボス、クラウス・バルビーは戦後アメリカ陸軍情報部の工作員となり、最後には情報部によりボリビアに出国しています。
エド・ハリスがパットン将軍を演じ、いかにもアメリカ軍を解放者の様に描き上記の事実に触れないのはちょっとどうかと思いました。

8614d4eb1da8b925edb03aa2a81a6e1c-e1623802817469.jpg

監督 ジョナサン・ヤクボウィッツ
脚本 ジョナサン・ヤクボウィッツ
音楽 アンジェロ・ミィリ
ジェシー・アイゼンバーグ - マルセル・マンジェル
クエ・ローレンス - 子供時代のマルセル・マルソー
エド・ハリス - ジョージ・S・パットン
エドガー・ラミレス - ジークムント
クレマンス・ポエジー - エマ
マティアス・シュヴァイクホファー - クラウス・バルビー
ベラ・ラムジー - エルスベート
ルーリグ・ゲーザ - ジョルジュ・ロインジャー
カール・マルコヴィクス - シャルル・マンジェル
フェリックス・モアティ - アラン
アリシア・フォン・リットベルク - レジーヌ
ヴィカ・ケレケシュ - ミラ
トビー・ギャレス・エルマン - ジョセフ
nice!(2)  コメント(0) 
前の12件 | -