SSブログ
前の12件 | -

AVA/エヴァ [映画]

「AVA/エヴァ」見ました。

69d2dcf7fa8f5e98.jpg

------------
裏社会に生きる女暗殺者が、ある出来事がきっかけで組織に反逆するサスペンスアクション。
自らの存在意義を追い求める暗殺者を『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインが演じ、『ジョン・ウィック:チャプター2』などのコモン、『マルコヴィッチの穴』などのジョン・マルコヴィッチ、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』などのコリン・ファレルらが共演する。
『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』でジェシカと組んだテイト・テイラーがメガホンを取った。
------------

1017373_02.jpg

ジェシカ・チャステイン主演のサスペンスアクションです。
格闘シーンはよく出来ています。
ジーナ・デイヴィスはジェシカ・チャステインの母親役ですが、久々に見ました。
暴行で告発されマシュー・ニュートンが監督を降板してテイト・テイラーに変更になっています。

CAPT011.jpg

監督 テイト・テイラー
脚本 マシュー・ニュートン
音楽 ベアー・マクレアリー
撮影 スティーヴン・ゴールドブラット
エヴァ - ジェシカ・チャステイン
サイモン - コリン・ファレル
ジーナ・デイヴィス
マイケル - コモン
デューク - ジョン・マルコヴィッチ
ギュンター - クリストファー・ドミグ
トニ - ジョアン・チェン
ダイアナ・シルバーズ
ジュディ - ジェス・ワイクスラー
ピーター・ハミルトン - ヨアン・グリフィズ
アレハンドロ - ジョー・ソバロ・ジュニア
nice!(2)  コメント(2) 

座頭市あばれ凧 [映画]

「座頭市あばれ凧」をレンタルで見ました。

9128CTCl9qL._AC_SL1500_.jpg

------------
子母沢寛の原作を「座頭市兇状旅」の犬塚稔が脚色「座頭市千両首」の池広一夫が監督した座頭市シリーズの七作目。
撮影は「日本名勝負物語 講道館の鷲」の竹村康和。
------------

20181115000931.png

座頭市シリーズ7作。
真上からのショットで始まるなど、撮影が斬新です。
お話もなかなか凝っていて面白いです。
久保菜穂子が美しい。渚まゆみもこの頃は可愛いですね。
遠藤辰雄の悪役演技が楽しいです。左卜全が出ているのもいいです。

監督 池広一夫
脚本 犬塚稔
原作 子母沢寛
音楽 池野成
座頭市:勝新太郎
お国:久保菜穂子
お志津:渚まゆみ
津向の文吉:香川良介
花火師久兵衛:左卜全
竹屋の安五郎(吃安):遠藤辰雄
お仙:毛利郁子
柴山天玄:五味竜太郎
清六:江田島隆
nice!(2)  コメント(0) 

安彦良和マイ・バック・ページズ/原点/安彦良和の戦争と平和 [本]

安彦良和、石井誠「安彦良和マイ・バック・ページズ」太田出版

------------
アニメ『機動戦士ガンダム』『クラッシャージョウ』『巨神ゴーグ』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』、漫画『アリオン』『虹色のトロツキー』『天の血脈』『乾と巽-ザバイカル戦記-』などで知られる、漫画家・アニメーターである安彦良和。
そんな安彦良和が過去に手掛けてきた「全仕事」を30時間を超える超ロングインタビューで語り下ろした、これぞ永久保存版。
------------

漫画家・アニメーターの安彦良和さんの「全仕事」についてインタビューした本です。
これは面白かったです。
この本を読んで初めて知ったのですが、安彦さんは弘前大学時代に学生運動で逮捕され大学を抹籍になっているんですね。
その後、虫プロ経由でアニメーターになります。
安彦ファン、ガンダムファンにはお勧めです。
アニメとマンガの話が主なので、大学時代の話などは「原点」という本作の前に出た本に詳しいです。

安彦良和、斉藤光政「原点 戦争を描く、人間を描く」岩波書店

------------
『機動戦士ガンダム』の生みの親の一人であり,『虹色のトロツキー』など歴史に材をとった作品を世に送ってきた漫画家・安彦良和.
戦い,殺し合ってしまう人間を,彼は,なぜ,どのように描いてきたのか.
東奥日報記者・斉藤光政がその人生に迫り,ついに安彦本人も自らの「原点」を綴った!
生い立ち,学生運動,アニメ・マンガ界での出会いと模索…….
作品世界のバックには,この人間観があった!
------------

安彦良和さんの生い立ちから現在までをインタビューと本人の文章でまとめた本です。
東奥日報に連載された物が元になっています。
学生運動時代の事も詳しくマイ・バック・ページズを補完する本です。
アニメ業界から一時期撤退した事はこちらでは宮崎駿には対抗できないからと語っています。
また、虫プロ養成所時代には伝説の漫画家、岡田史子が同期だったというのも初めて知りました。

杉田俊介「安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本」中公新書ラクレ

------------
『機動戦士ガンダム』の生みの親の一人であり、マンガ家として歴史や神話を題材にした傑作を世に問うてきた安彦良和。
安彦さんが語る、『機動戦士ガンダム』に込めたメッセージや逸話、戦争・歴史マンガへの熱き思い――。
------------

杉田俊介さんが安彦良和さんにインタビューした本です。
上記の2冊と比べると新書だしコンパクトな感じですが、これはこれで面白かったです。


安彦良和 マイ・バック・ページズ

安彦良和 マイ・バック・ページズ

  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2020/11/26
  • メディア: 単行本



原点 THE ORIGIN-戦争を描く,人間を描く

原点 THE ORIGIN-戦争を描く,人間を描く

  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: Kindle版



安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本 (中公新書ラクレ)

安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 杉田俊介
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/05/17
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

罪人の選択/オムニバス [本]

貴志祐介「罪人の選択」文藝春秋

------------
2年半の沈黙を破り、満を持して世に放つ貴志祐介ワールド全開の作品集。
最新SF「赤い雨」は、パンデミックが起きたときあらわになる人間の本性を描いた、今読むべき一作。
表題作は、著者自身が「ここまで強いテンションを維持した作品は、書いたことがありません」と断言する手に汗握るミステリー。
人間の愚かさが絶望で世界を塗りつぶすとき、希望が一筋の光となって未来を照らし出す。
------------

貴志祐介さんの最新刊です。4篇のうち2編がSFの短編集。
どれもかなり暗い話ですが、さすがは貴志祐介さん読ませました。

誉田哲也「オムニバス」光文社

------------
警視庁刑事部捜査一課殺人班捜査第十一係姫川班の刑事たち、総登場!
捜査は続く。人の悪意はなくらない。
激務の中、事件に挑む玲子の集中力と行動が、被疑者を特定し、読む者の感動を呼ぶ。
刑事たちの個性豊かな横顔も楽しい、超人気シリーズ第10弾!
------------

誉田哲也さんの姫川玲子シリーズ最新刊です。
短編集なのでちょっと物足りない部分もありますが、面白かったです。
最終話でちょっとびっくり。誉田さんのあのシリーズともリンクするのか。
続巻が楽しみです。


罪人の選択 (文春e-book)

罪人の選択 (文春e-book)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2020/03/27
  • メディア: Kindle版



オムニバス 警部補 姫川玲子

オムニバス 警部補 姫川玲子

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2021/02/23
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

ザ・バッド・ガイズ [映画]

「ザ・バッド・ガイズ」見ました。

_ (3).jpg

------------
重罪で収監されている服役囚たちが、減刑と引き換えに警察の捜査チーム「特殊犯罪捜査課」として活躍するクライムアクション。
囚人護送車の襲撃により逃亡した凶悪犯を追うメンバーが、巨大な陰謀に立ち向かう。
メガホンを取ったのは『鬼はさまよう』などのソン・ヨンホ。
『無双の鉄拳』などのマ・ドンソクが主演を務め、『次の朝は他人』などのキム・サンジュン、『カンナさん大成功です!』などのキム・アジュン、ドラマ「ここに来て抱きしめて」などのチャン・ギヨンらが共演する。
------------

intro_bg_pc_02.jpg

韓国製のアクション映画です。最近、韓国映画が面白い。
マ・ドンソク主演という事で上映館は少ないのですが見ました。
かなりお話には突っ込みドコロは多いのですが、アクションが冴えていて面白かったです。
マ・ドンソクは相変わらずいいですね。

監督 ソン・ヨンホ
マ・ドンソク
キム・サンジュン
キム・アジュン
チャン・ギヨン
キム・イヌ
イ・ジェユン
パク・ウォンサン
チョ・ヨンジン
パク・ヒョンス
パク・サンウク
nice!(3)  コメント(2) 

座頭市千両首 [映画]

「座頭市千両首」をレンタルDVDで見ました。

6a8d33a1-7366-4757-8e10-6767af9f30a6.png

------------
市は三年前心ならずも斬った男の墓参に上州の板倉村を訪れる。
村では三年続きの凶作に苦しむ村民が代官に差し出す上納金をやっとの思い出捻出するが、その運搬途中に正体不明の何者かに襲撃され、強奪されてしまった。
市と兄の仇と狙う娘馬子・お千代の証言で、国定忠治に疑いがかかり、市もその仲間と思われてしまう。
身に覚えのない嫌疑を晴らすために、市は赤城山に立てこもる忠治一家に会いに行く。
------------

i-img1200x912-1574309165mr96kb299.jpg

座頭市シリーズの第六作。
前半は上納金を奪う話と国定忠治の話が交錯します。
忠治役は島田正吾でさすがの貫禄を見せます。
第2作で市の兄役で出演した城健三朗(若山富三郎)が悪役を演じます。
城健三朗と市の最後の対決シーンが凄い。
鞭を使う城健三朗に勝新太郎が馬で引きずられます。
このシーンは「レイダース」で引用されています。
スピルバーグは「座頭市千両首」をスタッフに参考試写したそうです。

Emh0hB-VkAIZVm9.jpg

監督 池広一夫
脚本 浅井昭三郎、太田昭和
原作 子母沢寛
音楽 斎藤一郎
撮影 宮川一夫
座頭市:勝新太郎
仙場十四郎:城健三朗
女馬子お千代:坪内ミキ子
国定忠治:島田正吾
お吟:長谷川待子
百々村の紋次:天王寺虎之助
代官松井軍太夫:植村謙二郎
日光の円蔵:石黒達也
板割の浅太郎:丹羽又三郎
百姓岩次郎:片岡彦三郎
庄屋清右衛門:林寛
nice!(1)  コメント(0) 

劇場版「SHIROBAKO」 [映画]

劇場版「SHIROBAKO」レンタルで見ました。

320 (1).jpg

------------
アニメーション業界の舞台裏を描いたアニメ「SHIROBAKO」の劇場版。
アニメーション制作への夢を胸に社会へ飛び出した主人公が、念願の劇場用アニメの企画に携わる。
監督の水島努、キャラクターデザイン・総作画監督の関口可奈味らスタッフ、宮森あおい役の木村珠莉、安原絵麻役の佳村はるか、坂木しずか役の千菅春香らボイスキャストがアニメ版より続投する。
------------

5e59f95c76772_997d6771231767c4f4a88b7feeb75c86.jpg

2014年に放映されたテレビアニメーションの劇場版です。
テレビアニメーションは最近NHKで再放送されたのですが、友人にお勧めされてみたらこれが面白い。
半年間欠かさず見たので昨年公開された劇場版をレンタルし、せっかくなのでお勧めしてくれた友人宅で見ました。
原作の5年後、色々あって壁に直面している主人公たちが劇場用アニメに挑みます。
面白かったです。
ちなみにアニメ業界を舞台にしているので、モデルになった人が登場しているそうです。

【SHIROBAKO】登場人物のモデルになったヒトたち
https://minkara.carview.co.jp/userid/705995/blog/35441796/

監督 水島努
脚本 横手美智子
原作 武蔵野アニメーション
製作 劇場版「SHIROBAKO」製作委員会
音楽 イマジン
主題歌 fhana「星をあつめて」
木村珠莉
佳村はるか
千菅春香
髙野麻美
大和田仁美
佐倉綾音
nice!(2)  コメント(0) 

劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班 [映画]

「劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班」見ました。

7eae799535b575e0.jpg

------------
韓国のサスペンスドラマを日本でリメイクし、2018年に放送されたドラマを映画化。
現在を生きる刑事と過去を生きる刑事が謎の無線機を通じて協力し、巨大な陰謀に立ち向かう。
主演の坂口健太郎、彼の相棒となる刑事役の北村一輝をはじめ、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋、青野楓がドラマ版から続投し、新たに杉本哲太、奈緒、田中哲司、伊原剛志らが出演。
『探偵はBARにいる』シリーズなどの橋本一がメガホンを取った。
------------

09086s1.jpg

ドラマの映画化です。
ドラマは見ていませんが、先週放映されたスペシャルは見ました。
過去と無線がつながり、現在と過去で捜査するという発想がなかなか面白い。
主演の坂口健太郎はじめ俳優陣も好演していました。

p_I.jpg

監督 橋本一
脚本 仁志光佑、林弘
原案 『シグナル』
音楽 林ゆうき、橘麻美
主題歌 BTS(防弾少年団)「Film out」
楽曲提供・プロデュース:back number
坂口健太郎
北村一輝
吉瀬美智子
木村祐一
池田鉄洋
青野楓
杉本哲太
奈緒
田中哲司
鹿賀丈史
伊原剛志
nice!(1)  コメント(2) 

ホムンクルス [映画]

「ホムンクルス」見ました。

5df9890999aab8ee.jpg

------------
山本英夫のコミックを、『ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-』などの綾野剛を主演に迎えて実写化したミステリー。
ある手術を受けたホームレスが、それを機に他人の深層心理を視覚化して見ることが可能になってしまう。
監督を務めるのは『犬鳴村』などの清水崇。
『カツベン!』などの成田凌、『愛がなんだ』などの岸井ゆきのに加え、石井杏奈、内野聖陽らが共演する。
------------

Xg0.jpg

山本英夫のコミックの映画化です。
綾野剛が主人公を熱演しています。
成田凌はじめ他の俳優陣も好演していました。
原作にかなり忠実で面白く見たのですが、特別興行で1900円はちょっと高かったかな。

maxresdefault (1).jpg

監督 清水崇
脚本 内藤瑛亮、松久育紀、清水崇
原作 山本英夫
音楽 ermhoi、江﨑文武
主題歌 millennium parade「Trepanation」
名越進:綾野剛
伊藤学:成田凌
謎の女:岸井ゆきの
女子高生:石井杏奈
組長:内野聖陽
nice!(0)  コメント(0) 

座頭市喧嘩旅 [映画]

「座頭市喧嘩旅」見ました。

_ (2).jpg

------------
勝新太郎が盲目の居合い斬りの達人“座頭市”を演じる傑作時代劇シリーズの第5作目。
藩士たちに追われる豪商の娘を助けた市。
江戸まで彼女を送り届けることになった市だったが、仕込み杖を抱えた盲目の市はなかなか信用されず……。
------------

446014.jpg

座頭市シリーズ第5作。
本作は脚本がなかなかよく出来ていて面白いです。
はかなげな藤村志保が美しい。
武士に追われる藤村志保を助けた市がやくざの争いに巻き込まれます。
殺陣も冴えていて楽しかったです。

監督 安田公義
脚本 犬塚稔
原作 子母沢寛
音楽 伊福部昭
美術 西岡善信
座頭市:勝新太郎
お美津:藤村志保
お久:藤原礼子
岬の甚五郎:島田竜三
籠屋留五郎:吉田義夫
下妻の藤兵衛:沢村宗之助
堂山の彦蔵:杉山昌三九
山田:丹羽又三郎
鎌七:水原浩一
惣五郎:東良之助
紅屋:寺島貢
三造:沖時男
河七:堀北幸夫
清野:木村玄
住之江:千石泰三
喜助:越川一
山三郎:志賀明
nice!(1)  コメント(0) 

4月以降に見たい映画 [映画]

4月以降に見たい映画です。

ついでに3月に見た映画です。

8.3/6 「太陽は動かない」
9.3/10 「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」
10.3/14「ブレイブ -群青戦記-」
11.3/20「奥様は、取り扱い注意」
12.3/26「騙し絵の牙」

DVD
「座頭市兇状旅」
「オールド・ボーイ」

4月2日(金)
「ホムンクルス」
山本英夫のコミックを、『ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-』などの綾野剛を主演に迎えて実写化したミステリー。

「劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班」
韓国のサスペンスドラマを日本でリメイクし、2018年に放送されたドラマを映画化。

4月9日(金)
「ザ・バッド・ガイズ」
重罪で収監されている服役囚たちが、減刑と引き換えに警察の捜査チーム「特殊犯罪捜査課」として活躍するクライムアクション。

4月16日(金)
「AVA/エヴァ」
裏社会に生きる女暗殺者が、ある出来事がきっかけで組織に反逆するサスペンスアクション。

4月23日(金)
「るろうに剣心 最終章 The Final」
和月伸宏のコミックを原作にしたアクションシリーズの最終章である2部作の第1弾。

4月29日(木)
「ブラック・ウィドウ」
すご腕の暗殺者で世界最高のスパイ、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフが主人公のアクション。

5月7日(金)
「ジェントルメン」
『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』『スナッチ』などのガイ・リッチー監督によるクライムサスペンス。

5月14日(金)
「ゴジラvsコング」

5月21日(金)
「フリー・ガイ」
『デッドプール』シリーズなどのライアン・レイノルズが主演したアクション。
nice!(1)  コメント(0) 

オールド・ボーイ [映画]

「オールド・ボーイ」レンタルで見ました。

2Q00DzT7JMZdimv6ZTo1o1WRJ3jAnhP5PNTrn8Iy.jpeg

------------
カルト的人気を誇る日本の同名漫画を原作に、『JSA』のパク・チャヌク監督が映画化したアクション・サスペンス。
2004年カンヌ国際映画祭グランプリを受賞し、韓国映画のパワーを見せつけた話題作。
15年の理由なき監禁生活を強いられ、突如解放された男の復讐劇を描く。
『シュリ』のチェ・ミンシクを主演に、『春の日は過ぎゆく』のユ・ジテ、『バタフライ』のカン・ヘジョンが共演。
完成度の高さに注目したハリウッドメジャーによるリメイクも決定している
------------

o1136049813881778125.png

最近、韓国映画が面白いので、傑作と噂の本作を見てみました。
15年間監禁された男の復讐劇です。
確かに面白いのですが、前半の肉体的に痛い描写、後半の肉体・精神的に痛い展開に注意。
原作は日本の漫画ですが、映画の後半はオリジナルです。
ネタバレはしませんが、しかし良くこんな事を考え付くなあ、、
一気に見せられましたが、かなり観客を選ぶかも。

監督 パク・チャヌク
脚本 ワン・ジョユン、イム・ジュンヒュン、パク・チャヌク
原作 土屋ガロン、嶺岸信明『ルーズ戦記 オールドボーイ』
製作 キム・ドンジュ
音楽 チョ・ヨンウク
オ・デス チェ・ミンシク
ミド カン・ヘジョン
イ・ウジン ユ・ジテ
ノ・ジュファン チ・デハン
パク・チョルン オ・ダルス
ヒョンジャ イ・スンシン
イ・スア ユン・ジンソ
ハン警護室長 キム・ビョンオク
高校時代のデス オ・テギョン
高校時代のジュファン ユ・イラン
高校時代のウジン アン・ヨンソク
時計屋のおばさん イ・ヨンヒ
ヨンジャ パク・ミョンシン(特別出演)
自殺しようとする男 オ・グァンノク(特別出演)
乞食 イ・デヨン(特別出演)
nice!(0)  コメント(0) 
前の12件 | -