SSブログ
前の12件 | -

エクストリーム・ジョブ [映画]

「エクストリーム・ジョブ」DVDレンタルで見ました。

_.jpg

------------
コが班長を務める麻薬捜査チームは、休みなく奔走しているのに実績を全く残せず、解散の危機にひんしていた。
彼らは国際犯罪組織による国内麻薬密搬入の情報を入手し、起死回生を狙った潜伏捜査に打って出ることにする。
コ班長とメンバーのチャン刑事、マ刑事、ヨンホ、ジェフンは、組織のアジト前にあるフライドチキン店を買い取って実際に営業しながら24時間体制で監視を行うが、フライドチキンがおいしいと評判になって客が殺到し、捜査する時間がなくなってしまう。
------------

kukkan8.jpg

2019年の韓国製アクションコメディ映画です。
これは面白かった。
コ班長らの麻薬捜査班は組織のアジト前のフライドチキン店を買い取って監視を行いますが、チキンが美味しいと評判になってしまいます。
捜査班面々ののコメディ演技が楽しく、特に凶暴な悪役の多いチン・ソンギュの演技には爆笑しました。
ラストのアクションシーンも冴えています。

photo01.png

監督 イ・ビョンホン
脚本 ムン・チョンイル、ペ・セヨン
音楽 キム・テソン
リュ・スンリョン
イ・ハニ
チン・ソンギュ
イ・ドンフィ
コンミョン
nice!(0)  コメント(2) 

真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960/ぶたぶたのお引っ越し [本]

池上彰、佐藤優「真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960」講談社現代新書

------------
日本の左翼は何を達成し、なぜ失敗したのか?
ーー忘れられた近現代史をたどり、未来の分岐点に求められる「左翼の思考」を検証する壮大なプロジェクト。
深刻化する貧困と格差、忍び寄る戦争の危機、アメリカで叫ばれる社会主義(ソーシャリズム)。
これらはすべて、【左翼の論点】そのものである!
激怒の時代を生き抜くために、今こそ「左の教養」を再検討するべき時が来たーー。
------------

池上彰、佐藤優の二人が日本左翼史を語った本です。
これは分かりやすくて面白いです。
佐藤さんは伯父が社会党の県議会議員で、本人も元社青同だっただけあってさすがに詳しい。
続巻の「激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972」も楽しみです。

矢崎存美「ぶたぶたのお引っ越し」光文社文庫

------------
リタイア後、田舎に移住したいという夫と考えが合わず悩む成実の前に、移住のアドバイザーとして登場したのは――(「あこがれの人」)。
家賃の安い「告知事項あり物件」に引っ越すことになった詠斗は、挨拶に訪れた隣の部屋で、衝撃の出会いを果たす――(「告知事項あり」)。
お引っ越しによる、出会いと別れ。
その節目に、不思議なぬいぐるみと出会ったら。
心震える3編を収録。
------------

ぶたぶたシリーズ最新作。
今回は世相や矢崎さんの精神状態を反映してかちょっとダークな話です。
特に第1話のある人物の言動はほとんどホラーですね。
まあぶたぶたなので基本的には大変な事にはならないのですが。
続巻はしばらく間が空きそうですが楽しみです。


真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960 (講談社現代新書)

真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960 (講談社現代新書)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/06/16
  • メディア: 新書



ぶたぶたのお引っ越し (光文社文庫)

ぶたぶたのお引っ越し (光文社文庫)

  • 作者: 矢崎存美
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2022/05/11
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

峠 最後のサムライ [映画]

「峠 最後のサムライ」見ました。

Iac.jpg

------------
『蜩ノ記(ひぐらしのき)』などの小泉堯史が司馬遼太郎の「峠」を映画化した時代劇。
越後長岡藩の筆頭家老である主人公が激動の時代を生きた姿を、スクリーンに焼き付ける。
------------

2022061798018_0.jpg

司馬遼太郎原作の時代小説の映画化です。
俳優陣はいいですし映画は健闘していますが、原作を読んだ時から河井継之助の行動には疑問があります。
河井継之助は結局判断を誤ったのではないかと思います。
まあ官軍の側ももっと柔軟に対処して欲しかったとも思いますが。
映画もその疑問を解消する物ではなかったです。
気の毒なのは長岡藩の庶民。

cast_img2_sp.jpg

監督 小泉堯史
脚本 小泉堯史
原作 司馬遼太郎『峠』
ナレーター 松たか子
音楽 加古隆
主題歌 『何処へ』 - 石川さゆり
河井継之助:役所広司
おすが:松たか子
お貞:香川京子
河井代右衛門:田中泯
徳川慶喜:東出昌大
むつ:芳根京子
小山正太郎:坂東龍汰
川島億次郎:榎木孝明
花輪求馬:渡辺大
山本帯刀:AKIRA
松蔵:永山絢斗
小山良運:佐々木蔵之介
松平定敬:矢島健一
月泉和尚:井川比佐志
老人:山本學
岩村精一郎:吉岡秀隆
牧野忠恭(雪堂):仲代達矢
nice!(0)  コメント(0) 

フレンチ・ラン [映画]

「フレンチ・ラン」DVDレンタルで見ました。

main2.jpg

------------
「パシフィック・リム」や「マイティ・ソー」シリーズで活躍する俳優のイドリス・エルバが主演を務め、CIAのはぐれ者捜査官とスリの天才がコンビを組み、テロ事件の犯人捜索のためパリを奔走するバディムービー。
------------

53865.jpg

イドリス・エルバ主演のアクション映画です。
CIAのはぐれ者捜査官(イドリス・エルバ)とパリを舞台にしたテロ事件に巻き込まれたスリ(リチャード・マッデン)とがテロの犯人を追います。
捜査官とスリの凸凹コンビがなかなかいい感じで面白かったです。
アクションも冴えていました。

監督 ジェームズ・ワトキンス
脚本 アンドリュー・バルドウィン、ジェームズ・ワトキンス
音楽 アレックス・ヘッフェズ
イドリス・エルバ
リチャード・マッデン
シャルロット・ルボン
ケリー・ライリー
ジョゼ・ガルシア
nice!(0)  コメント(0) 

フォーン・ブース [映画]

「フォーン・ブース」DVDレンタルで見ました。

51Q7SF1NQXL._AC_SY445_.jpg

------------
マンハッタン、タイムズスクエア。
自称一流のパブリシスト、スチュは、今日もアシスタントを従え、携帯電話からクライアントや業界に口八丁でビジネスをまとめ上げている。
そんな彼はアシスタントと別れた後、1台の電話ボックスに立ち寄り、結婚指輪を外してクライアントの新進女優パメラに電話を掛けた。
スチュは彼女をモノにしようとしていたが、上手くいかずに受話器を置く。
その刹那、今使っていた公衆電話のベルが鳴り、思わず受話器を取ってしまうスチュ。
すると電話の主は、“電話を切ったら殺す”と脅迫してきたのだった…。
------------

3ec60995ecc9a2a03d9f44436df873d9.jpg

ジョエル・シュマッカー監督、コリン・ファレル主演の2002年のサスペンス映画です。
80分と短い映画ですがサスペンスが効いていて面白かったです。
短いせいかDVDにはメイキングも収録されていて、そちらも面白かったです。

_3_2.jpg

監督 ジョエル・シュマッカー
脚本 ラリー・コーエン
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
コリン・ファレル
フォレスト・ウィテカー
ケイティ・ホームズ
ラダ・ミッチェル
キーファー・サザーランド
nice!(1)  コメント(0) 

少女漫画家「家」の履歴書/リアルの私はどこにいる? [本]

「少女漫画家「家」の履歴書」文春新書

------------
あの傑作は、こんな「家」から生まれた!
少女漫画家12人が明かす、家族・仲間との忘れえぬ日々――家族や仲間たちと過ごした親密な空間。
私たちを惹きつけてやまない、あの傑作の舞台裏が今明かされる!
------------

週刊文春に掲載された連載から少女漫画家の家の履歴をまとめた新書です。

取り上げられたのは以下の漫画家たち。

水野英子、青池保子、一条ゆかり、美内すずえ、庄司陽子、山岸凉子、
木原敏江、有吉京子、くらもちふさこ、魔夜峰央、池野恋、いくえみ綾

どの人も興味深いですが、ファンの青池保子、山岸凉子、木原敏江、魔夜峰央が印象的。
くらもちふさこの父が元日本製紙会長だったという事は初めて知りました。


森博嗣「リアルの私はどこにいる?」講談社タイガ

------------
ヴァーチャル国家・センタアメリカが独立した。
南米の国や北米の一部も加え一国とする構想で、リアル世界とは全く別の新国家になるという。
リアルにおける格差の解消を期待し、移住希望者が殺到。国家間の勢力図も大きく塗り替えられることが予想された。
そんなニュースが報じられるなか、リアル世界で肉体が行方不明になりヴァーチャルから戻れない女性が、グアトに捜索を依頼する。
------------

森博嗣さんのWWシリーズ6作目。23世紀の世界。
主人公グアトらがリアル世界で肉体が行方不明になるという事件を調査します。
人が現実世界を捨てヴァーチャルに移行するという話もあり相変わらず読ませます。
続巻が楽しみです。


少女漫画家 「家」の履歴書 (文春新書)

少女漫画家 「家」の履歴書 (文春新書)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2022/02/18
  • メディア: Kindle版






nice!(1)  コメント(0) 

ALIVEHOON アライブフーン [映画]

「ALIVEHOON アライブフーン」見ました。

flyer_1 (2).jpg

------------
内向的で人付き合いが苦手な大羽紘一(野村周平)は、幼いころからゲームにだけは驚異的な才能を示し、レースゲームの大会で日本一となる。
ある日、解散の危機に陥ったドリフトチーム「チームアライブ」のメカニックだという武藤夏美(吉川愛)にスカウトされ、テストを受けると初めての実車でも才能を発揮。
夏美の父で元レーサーの亮介(陣内孝則)に反対されるも、実力を認められチームに正式加入し、テクニックを磨いていく。
------------

02.jpg

ドリフトレースを描いた映画です。
これは面白かったです。とにかくレース描写が素晴らしい。
お話もなかなかよく出来ていて俳優陣も好演していました。
レースゲームの日本チャンピオンが実際のレースに挑戦するというのはどうかなと思ったのですが、海外では実例があるそうです。
筋トレなど実際のレースに挑戦するためのトレーニングもちゃんと描かれて説得力がありました。

558786.jpg

監督 下山天
脚本 作道雄 高明
大羽紘一 野村周平
武藤夏実 吉川愛
小林総一郎 青柳翔
大柴崎快 福山翔大
葛西隆司 本田博太郎
檜山三郎 モロ師岡
チームスクリュー・オーナー 土屋アンナ
田村孝 きづき
土屋圭市(本人役)土屋圭市
武藤亮介 陣内孝則
nice!(1)  コメント(0) 

捜査線上の夕映え/さはしひろし 今夜、すべてのロックバーで [本]

有栖川有栖「捜査線上の夕映え」文藝春秋

------------
「臨床犯罪学者 火村英生シリーズ」誕生から30年! 最新長編は、圧倒的にエモーショナルな本格ミステリ。
一見ありふれた殺人事件のはずだった。火村の登場で、この物語は「ファンタジー」となる。
大阪の場末のマンションの一室で、男が鈍器で殴り殺された。金銭の貸し借りや異性関係のトラブルで、容疑者が浮上するも……。
「俺が名探偵の役目を果たせるかどうか、今回は怪しい」火村を追い詰めた、不気味なジョーカーの存在とは――。
コロナ禍を生きる火村と推理作家アリスが、ある場所で直面した夕景は、佳き日の終わりか、明日への希望か――。
------------

有栖川有栖さんのミステリシリーズの最新作です。
有栖川さんのミステリは相変わらず面白いです。
本作は割と動機や登場人物の感情には重点をおかない感のある有栖川さんにはちょと珍しくエモーショナルな印象です。
コロナでしばらく捜査に関われなかったというコロナ過も描かれています。
ラストはちょっと松本清張を連想しました。

佐橋佳幸、延江浩「さはしひろし 今夜、すべてのロックバーで」東京ニュース通信社

------------
国民的大ヒット曲である小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」や、藤井フミヤの「TRUE LOVE」といった印象的なイントロを生み出した、カリスマギタリスト・佐橋佳幸。
TOKYO FM「村上RADIO」をはじめ多くのラジオ番組を手掛け、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞したほか、作家としても活躍するラジオプロデューサー・延江浩。
2人の奇才が奇跡のコラボレーションでおくるラジオ番組『さはしひろし』のオフィシャルブックが完成。
------------

佐橋佳幸さんというと山下達郎のコンサートのギタリストというイメージが強いのですが、一般的には松たか子の旦那さん、かなあ。
この本は佐橋さんとラジオプロデューサー・延江浩さんのラジオ番組『さはしひろし』の書籍化です。
お二人の語る話が興味深いです。
最後は大貫妙子さんがゲストで大貫さんを加えた三人の話がまた面白いです。

捜査線上の夕映え 火村英生 (文春e-book)

捜査線上の夕映え 火村英生 (文春e-book)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2022/01/11
  • メディア: Kindle版



さはしひろし 今夜、すべてのロックバーで

さはしひろし 今夜、すべてのロックバーで

  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2022/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 

はい、泳げません [映画]

「はい、泳げません」見ました。

oyogemasen_poster.jpg

------------
NHK大河ドラマ「八重の桜」で夫婦役で共演した長谷川博己と綾瀬はるかが映画初共演を果たし、ノンフィクション作家・高橋秀実の著書「はい、泳げません」を映画化。
「舟を編む」の脚本を担当した渡辺謙作が監督・脚本を手がけ、水泳教室を舞台に“泳げない男”と“泳ぐことしかできない女”の希望と再生を描く。
------------

maxresdefault (1).jpg

長谷川博己と綾瀬はるかの共演映画です。
ちょっと期待が大きすぎたかな。
基本的には長谷川博己の主演映画で綾瀬はるかは脇役的ですね。
お話も前半はコミカルな部分もありますが、後半はかなりシリアスです。
長谷川博己も綾瀬はるかも好演していて他の俳優陣もなかなかいいのでかなりもったいない感じでした。
まあ、綾瀬はるかの水着姿だけでモトは取れた感はあるのですが。

226020284167039_650.jpg

監督 渡辺謙作
脚本 渡辺謙作
原作 高橋秀実
音楽 渡邊琢磨
主題歌 Little Glee Monster「magic!」「生きなくちゃ」
長谷川博己
綾瀬はるか
伊佐山ひろ子
広岡由里子
占部房子
上原奈美
小林薫
阿部純子
麻生久美子
nice!(1)  コメント(2) 

HANA-BI [映画]

「HANA-BI」DVDで見ました。

115870_01.jpg

------------
ベネチア国際映画祭でグランプリに輝いた北野武監督第7作。
追われる身の刑事とその妻の逃亡劇を、これまでの乾いた視点から一転、叙情的な描写で挑む。
ビートたけし、岸本加世子、大杉漣、寺島進共演。
------------

hqdefault.jpg

北野武監督の第7作です。1998年の映画ですが20年前の映画と思えません。
北野監督の映画はどれも引き込まれますね。
見ていない作品も多いので見ようと思います。
ビートたけしはもちろん、当時無名だった大杉漣、寺島進がすばらしい。
岸本加世子も他の作品とは全く違います。
劇中で大杉漣が描く印象的な絵画もたけし作です。

o0400026813599413178.jpg

監督 北野武
脚本 北野武
製作 森昌行
音楽 久石譲
ビートたけし
岸本加世子
大杉漣
寺島進
芦川誠
逸見太郎
田村元治
西沢仁太
白竜
薬師寺保栄
大家由祐子
岸本加世子
nice!(1)  コメント(0) 

押井守のサブぃカルチャー70年/黄金旅程 [本]

「押井守のサブぃカルチャー70年」東京ニュース通信社

------------
1951年生まれの監督・押井守が、ほぼ初めてふれたエンタテインメントだと語る『赤胴鈴之助』から、現在ハマっているというYouTubeまで――。
約70年にわたって親しんできた映画、TVシリーズ、漫画、アニメなどをその思い出とともに振り返りつつ、戦後日本がエンタテインメントを通じて何を表現し、社会を映し出してきたのかを語ります。
------------

押井守監督が親しんできた映画などの思い出を語った本です。
とても面白かったです。
個人的には『プリズナー№6』を熱く語る回が面白かったです。大ファンなので。
確かに押井守的ドラマだったなあ。
『サンダーバード』『キャプテン・スカーレット』『謎の円盤UFO』を語る回も良かった。
『謎の円盤UFO』に出演していた女優ワンダ・ヴェンサムがベネディクト・カンバーバッチの母親だったという事は初めて知りました。


馳星周「黄金旅程」集英社

------------
装蹄師の平野敬は北海道の浦河で養老牧場を営んでいる。
敬が注目するのは栗木牧場生産の尾花栗毛馬・エゴンウレア。
以前装蹄したことがあり、その筋肉に触れた瞬間、超一流の資質を秘めた馬だと確信していた。
だが気性が荒く、プライドも高い馬で調教に手を焼いていて、今まで勝ち鞍がない。
様々なトラブルが起こる中、エゴンが出馬するレースの日も近づき、亮介による最後の調教も終わった。
エゴンに人生を託した人々の想いは、二勝馬脱却への奇跡を呼び起こせるのか――。
------------

馳星周さんの競馬小説です。
これはディック・フランシスだなあ。
フランシスの競馬シリーズは大好きなので面白く読みました。
気性が荒くなかなか勝てないエゴンウレアの最後のレース描写には手に汗にぎりました。
競馬の事は全く知らないのですが競馬ファンにはエゴンウレアのモデルはステイゴールドだとわかるのだそうです。


押井守のサブぃカルチャー70年 (Bros.books)

押井守のサブぃカルチャー70年 (Bros.books)

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2022/05/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



黄金旅程 (集英社文芸単行本)

黄金旅程 (集英社文芸単行本)

  • 作者: 馳星周
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2021/12/03
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

何がジェーンに起こったか [映画]

「何がジェーンに起こったか」DVDで見ました。

715FrVlJg4L._AC_SY445_.jpg

------------
古い屋敷に一組の姉妹ブランチとジェーンが暮らしていた。
ジェーンは可愛らしい名子役で一世を風靡したが、成長してからは仕事も無く、美貌のブランチの下で鬱屈した生活を送っていたのだった。
そんなある日、ブランチが事故で半身の自由を失ってしまう。
立場の逆転したジェーンは、押え付けられていた鬱憤を、陰湿ないじめで晴らそうとする。
やがてブランチは、ジェーンのもとから逃げ出そうとするのだが……。
------------

What-Ever-Happened-to-Baby-Jane1-768x431.jpg

ロバート・アルドリッチ監督の1962年の映画です。
ジョーン・クロフォードをいじめるベティ・デイヴィスの怪演が見ものです。
ですが、子役スターのまま大人になって現実を見失っている姿がだんだん哀れになってきます。
ラストシーンも強烈です。さすがはアルドリッチ監督。
デイヴィスとクロフォードの二人には撮影中も確執があったそうです。

監督 ロバート・アルドリッチ
脚本 ルーカス・ヘラー
原作 ヘンリー・ファレル
製作 ロバート・アルドリッチ
ジェーン・ハドソン - ベティ・デイヴィス
ブランチ・ハドソン - ジョーン・クロフォード
エドウィン・フラッグ - ヴィクター・ブオノ
エルヴァイラ・スティット - メイディ・ノーマン
ベイツ夫人 - アンナ・リー
デリラ・フラッグ - マージョリー・ベネット
nice!(1)  コメント(0) 
前の12件 | -