SSブログ

エンド・オブ・ステイツ [映画]

「エンド・オブ・ステイツ」レンタルDVDで見ました。

pre_bg_sp.jpg

------------
ジェラルド・バトラーが『エンド・オブ・ホワイトハウス』『エンド・オブ・キングダム』に続き、シークレットサービスを演じるアクションシリーズの第3弾。
アメリカ大統領の暗殺未遂事件の容疑者に仕立て上げられた主人公が、自らの潔白を証明するため奮闘する。
前作で副大統領だったモーガン・フリーマンが大統領を演じるほか、ジェイダ・ピンケット=スミス、ニック・ノルティらが出演。
------------

ジェラルド・バトラー主演『エンド・オブ・ホワイトハウス』『エンド・オブ・キングダム』の続編です。
やはり面白いです。
ジェラルド・バトラー好きなんです。本作では制作も兼ねています。
1作目で下院議長、2作目で副大統領だったモーガン・フリーマンが大統領で、アーロン・エッカートの大統領が出てこないのは残念。
追われる主人公の父親役をニック・ノルティが演じているのがいいですね。
ジョン・ウィックシリーズで印象的だったランス・レディックも印象的でした。
前作がロンドンを舞台に派手なアクションを展開したのと比べると予算控えめでちょっと地味かな。
でもシリーズ最高の興行収入だったそうです。

監督 リック・ローマン・ウォー
脚本 ロバート・マーク・ケイメン、マット・クック、リック・ローマン・ウォー
原案 クレイトン・ローゼンバーガー、カトリン・ベネディクト
原作 キャラクター創造 クレイトン・ローゼンバーガー、カトリン・ベネディクト
製作 ジェラルド・バトラー他
音楽 デヴィッド・バックリー
マイク・バニング - ジェラルド・バトラー
アラン・トランブル - モーガン・フリーマン
マーティン・カービー - ティム・ブレイク・ネルソン
ウェイド・ジェニングス - ダニー・ヒューストン
デビッド・ジェントリー - ランス・レディック
ヘレン・トンプソン - ジェイダ・ピンケット=スミス
クレイ・バニング - ニック・ノルティ
リア・バニング - パイパー・ペラーボ
サム・ウィルコックス - マイケル・ランデス
トラヴィス・コール - フレデリック・シュミット
ラミレス - ジョセフ・ミルソン
ピーターソン - サピア・エイズレイ
エージェント・マーフィ - オリ・プフェファー
ジェームズ・ハスケル - マーク・アーノルド
ブルーノ - ロッキ=ボーイ・ウィリアムス
シーバーツ - スチュアート・マクエイリー
軍人 - クリス・ブラウニング
nice!(0)  コメント(0) 

エンド・オブ・キングダム [映画]

「エンド・オブ・キングダム」レンタルDVDで見ました。

169722_01.jpg

------------
アクションサスペンス『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。
テロ集団が占拠したホワイトハウスを奪還した敏腕シークレットサービスが、今度はロンドンで発生した同時多発テロに挑む。
監督は『セッベ』などの新鋭ババク・ナジャフィ。
ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマンら前作のキャストに加え、シャーロット・ライリーやジャッキー・アール・ヘイリーらが出演。
次々と爆破される建造物、市街地での銃撃戦やカーチェイスなど壮絶な見せ場の連続に圧倒される。
------------

ジェラルド・バトラー主演の「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編です。
前作は劇場で見て面白かったのですが、続編は見逃していました。
お話はかなり乱暴ですが面白いです。
ジェラルド・バトラー好きなんですよね。本作では制作も兼ねています。
前作に引き続きアーロン・エッカート、モーガン・フリーマンなどキャストは豪華。
「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」での活躍が記憶に新しいアンジェラ・バセットも印象に残ります。
主人公には絶対に弾が当たらないのですが、まあこういう映画もたまにはいいですね。
メイキングがついていましたが、ロンドンのアクションシーンはほとんどがブルガリアでのオープンセットだそうです。
合成がよく出来ているのでロンドンで撮ったとしか思えませんでした。

監督 ババク・ナジャフィ
脚本 クレイトン・ローテンベルガー、カトリン・ベネディクト、クリスチャン・グーデガスト、チャド・セント・ジョン
原案 クレイトン・ローテンベルガー、カトリン・ベネディクト
製作 ジェラルド・バトラー
音楽 トレヴァー・モリス
マイク・バニング 大統領警護隊長 - ジェラルド・バトラー
ベンジャミン・アッシャー大統領 - アーロン・エッカート
アラン・トランブル副大統領 - モーガン・フリーマン
リン・ジェイコブス シークレットサービス長官 - アンジェラ・バセット
エドワード・グレッグ将軍 - ロバート・フォスター
DC・メイソン次席補佐官 - ジャッキー・アール・ヘイリー
ルース・マクミラン国防長官 - メリッサ・レオ
レイ・モンロー国家安全保障局副長官 - ショーン・オブライアン
リア・バニング - ラダ・ミッチェル
ジャクリーン・マーシャルMI6捜査官 - シャーロット・ライリー
アミール・バルカウィ - アロン・モニ・アブトゥブール
ヴォイト特別警護官 - マイケル・ワイルドマン
ブロンソン特別警護官 - アンドリュー・プレビン
ドリス - デボラ・グラント
カムラン・バルカウィ - ワリード・ズエイター
ジョン・ランカスターMI5長官 - パトリック・ケネディ
ケビン・ハザード総監 - コリン・サーモン
レイトン・クラークソン後任首相 - ガイ・ウィリアムズ
ローズ・ケンター内務長官 - ペニー・ダウニー
アグネス・ブルックナードイツ首相 - ナンシー・ボールドウィン
ジャック・メナールフランス首相 - フィリップ・ディランシー
ロバート・ボウマンカナダ首相 - ナイジェル・ホイットメイ
ブラウン・ボウマン大統領夫人 - ジュリア・モンゴメリー
アントニオ・ガストイタリア首相 - アレックス・ジャンニーニ
ヴィヴィアナ・ガスト大統領夫人 - エルザ・モリアン
中島勉日本首相 - 早乙女ツワユキ
スルタン - マハディ・ザハビ
ラザ - アデル・バンシェリフ
ウィル・デイヴィスSAS隊長 - ブライアン・ラーキン
nice!(0)  コメント(0) 

サウスバウンド [映画]

「サウスバウンド」図書館で借りたDVDで見ました。

146913_01.jpg

------------
浅草に住む小学6年生の上原二郎(田辺修斗)は、疑問に感じたことには猛然と盾つく父親の一郎(豊川悦司)を恥ずかしく思っていた。
ある日、母親さくら(天海祐希)の発案で、一家は父の故郷である沖縄の西表島に引っ越すことに。
島民に温かく迎えられる上原家だが、そこでもまた一郎は観光開発業者を相手に闘うはめになる。
------------

森田芳光監督の2007年の映画です。
これはちょっとつらかったなあ。
いまどき、元過激派の父を肯定的に描くというお話について行けません。
豊川悦司が演じていてもこのキャラクターはちょっとなあ。
俳優陣はみな好演していますが。
北川景子がきれいでした。


監督 森田芳光
脚本 森田芳光
製作 井上泰一
製作総指揮 角川歴彦
音楽 大島ミチル
主題歌 中島美嘉『永遠の詩』
上原家
上原一郎 - 豊川悦司
上原さくら - 天海祐希
上原洋子 - 北川景子
上原二郎 - 田辺修斗
上原桃子 - 松本梨菜

東京編
南先生 - 村井美樹
東京の校長先生 - 平田満
社会保険庁の職員 - 吉田日出子
堀内たえ(母方の祖母) - 加藤治子
佐々木かおる(さっさ) - 久保結季
カツの親父 - 伊藤克信
興信所の探偵 - 小木茂光
ジュン - 原翔太郎
間宮 - 新田亮
伊藤幸太郎 - 伊藤凌
渡邉洋介、井澤勇貴、日高里菜
日前勇馬
柳原聖
石田大樹
米本来輝

沖縄編
新垣巡査 - 松山ケンイチ
ペニー - ショーン・ペロン
ヨダ - ベンビー
沖縄の校長先生 - 与世山澄子
記者 - 津波信一
サンラー - 上間宗男
七重のおばさん - 福田加奈子
nice!(0)  コメント(0) 

ジョン・ウィック:パラベラム [映画]

「ジョン・ウィック:パラベラム」DVDで見ました。

og.jpg

------------
裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。
全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、聖域からの追放と、敬意をもって迎えてくれた組織による粛清の包囲網だった。
後ろ盾を無くし、賞金首となった男に次々と襲いくる、様々な殺しのスキルを誇る刺客たち。
満身創痍となったジョンは、生き残りをかけて、かつて“血の契約”を交わした女、ソフィアに協力を求めカサブランカへ飛ぶが…
------------

18c3c0f10fc56fe6c0f7223cbaef81da.jpg

キアヌ・リーヴス主演の「ジョン・ウィック」の3作目です。
前2作と同じく面白かったです。
前作がいい所で続くのでさっそく見ました。
人はばたばたと死ぬので苦手な人は注意。
しかも刃物でのシーンも多いので残酷度はアップしている様な。
出番は割と短いですが、ハル・ベリーが活躍するのも楽しかった。
来年公開予定の4作目には、ドニー・イェン、真田広之も出演しているそうです。
ラストの展開だと主席連合と対決するのかな。

監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタット、シェイ・ハッテン、クリス・コリンズ、マーク・エイブラムス
原案 デレク・コルスタッド
原作 キャラクター創造 デレク・コルスタッド
製作総指揮 チャド・スタエルスキ、デヴィッド・リーチ、ジョビー・ハロルド
音楽 タイラー・ベイツ、ジョエル・J・リチャード
ジョン・ウィック - キアヌ・リーヴス
ゼロ - マーク・ダカスコス
シノビ No.1、No.2 - セセプ・アリフ・ラーマン、ヤヤン・ルヒアン
裁定人 - エイジア・ケイト・ディロン
ディレクター - アンジェリカ・ヒューストン
バレリーナ - ユニティー・フェラン
首長 - サイード・タグマウイ
ベラーダ - ジェローム・フリン
オペレーター - マーガレット・デイリー
管理人 - ロビン・ロード・テイラー
ウィンストン・スコット - イアン・マクシェーン
ソフィア - ハル・ベリー
シャロン - ランス・レディック
バワリー・キング - ローレンス・フィッシュバーン
アール - トビアス・シーガル
チクタク男 - ジェイソン・マンツォーカス
ドク - ランドール・ダク・キム
アーネスト - ボバン・マリヤノヴィッチ
nice!(1)  コメント(0) 

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー [映画]

「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」見ました。

catalog_blackpanther-wf_01_18b59c0e.jpeg

------------
超文明国家ワカンダの国王とヒーローの二つの顔を持つティ・チャラが主人公の『ブラックパンサー』の続編。
国王であり、ヒーローでもあるティ・チャラを失ったワカンダに、新たな敵が迫る。
前作でも監督などを務めたライアン・クーグラーが今回もメガホンを取る。
『アベンジャーズ』シリーズなどのレティーシャ・ライトのほか、『それでも夜は明ける』などのルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラ、ウィンストン・デューク、アンジェラ・バセットらが出演している。
------------

「ブラックパンサー」の続編で「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の30作品目です。
前作でブラックパンサーを演じていたチャドウィック・ボーズマンが2020年に43歳の若さで亡くなったため、本作でも病没したという設定になっています。
前作も黒人スター総登場の感がありましたが、本作もブラックパワーを感じさせる作品となっています。
マーベルらしくCGを派手に使ったアクションはさすがでした。
最後にはボーズマンの映像が流れ、ヒーローが去っても志は失われないという追悼作品となっていました。

監督 ライアン・クーグラー
脚本 ライアン・クーグラー、ジョー・ロバート・コール
原作 スタン・リー、ジャック・カービー『ブラックパンサー』
製作 ケヴィン・ファイギ
音楽 ルドウィグ・ゴランソン
主題歌 『Life Me Up』作曲者 - リアーナ
シュリ - レティーシャ・ライト
ナキア - ルピタ・ニョンゴ
オコエ - ダナイ・グリラ
エヴェレット・K・ロス - マーティン・フリーマン
エムバク - ウィンストン・デューク
リリ・ウィリアムズ / アイアンハート - ドミニク・ソーン
アヨ - フローレンス・カサンバ
アネカ - ミカエラ・コール
ラモンダ - アンジェラ・バセット
ネイモア - テノッチ・ウエルタ・メヒア
ナモーラ - メイベル・カデナ
フェン王女 - マリア・メルセデス・コロイ
アットゥマ - アレックス・リヴィナリ
グラハム博士 - レイク・ベル
アメリカ合衆国国務長官 - リチャード・シフ
海軍士官 - カマル・ウスマン
nice!(1)  コメント(0) 

すずめの戸締まり [映画]

「すずめの戸締まり」見ました。

NgWrUFV7_400x400.jpg

------------
九州の静かな町で生活している17歳の岩戸鈴芽は、”扉”を探しているという青年、宗像草太に出会う。
草太の後を追って山中の廃虚にたどり着いた鈴芽は、そこにあった古い扉に手を伸ばす。
やがて、日本各地で扉が開き始めるが、それらの扉は向こう側から災いをもたらすのだという。
鈴芽は、災いの元となる扉を閉めるために旅立つ。
------------

v-pc.jpg

新海誠監督の新作です。
これは面白かった。映像は今までにも増してきれいですし、音楽も素晴らしい。
声優陣もとても良かった。
お話はコミカルな楽しさもありシリアスなはらはらさせる部分もありよく出来ています。
3.11がテーマです。
主人公たちが宮崎から北上するロードムービーでもあります。
楽しいのは昭和から平成の懐かしいヒット曲が劇中で流れる事。
特に「ルージュの伝言」は「魔女の宅急便」へのオマージュかなと思いました。
監督は「魔女の宅急便」の影響について肯定しているそうです。
お勧めです。

監督 新海誠
脚本 新海誠
原作 新海誠
音楽 RADWIMPS、陣内一真
主題歌 RADWIMPS「すずめ feat. 十明」「カナタハルカ」
岩戸 鈴芽(いわと すずめ) - 原菜乃華、三浦あかり(幼少時代)
宗像 草太(むなかた そうた) - 松村北斗(SixTONES)
ダイジン - 山根あん
岩戸 環(いわと たまき) - 深津絵里
岡部 稔(おかべ みのる) - 染谷将太
二ノ宮 ルミ(にのみや るみ) - 伊藤沙莉
海部 千果(あまべ ちか) - 花瀬琴音
岩戸 椿芽(いわと つばめ) - 花澤香菜
芹澤 朋也(せりざわ ともや) - 神木隆之介
宗像 羊朗(むなかた ひつじろう) - 松本白鸚
ミキ - 愛美
nice!(1)  コメント(2) 

ジョン・ウィック:チャプター2 [映画]

「ジョン・ウィック:チャプター2」DVDで見ました。

169989_05.jpg

------------
キアヌ・リーヴスふんする元殺し屋の壮絶な復讐劇を描き、銃撃戦とカンフーをミックスしたアクションが話題を呼んだ『ジョン・ウィック』の続編。
殺し屋稼業から身を引いて静かに生活していた主人公が、再びし烈な戦いに巻き込まれる。
------------

キアヌ・リーヴス主演の「ジョン・ウィック」の続編です。
前作と同じく面白かったです。
ただ同様に人はばたばたと死ぬので苦手な人は注意。
フランコ・ネロが出ているのがうれしい。
結構それからどうなるという所で続くので3も早く見たいです。
ハル・ベリーが出ているのも楽しみ。
来年公開予定の4作目には、ドニー・イェン、真田広之も出演しているそうです。

監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタッド
原作 キャラクター創造 デレク・コルスタッド
音楽 タイラー・ベイツ、ジョエル・J・リチャード
ジョン・ウィック - キアヌ・リーブス
サンティーノ・ダントニオ - リッカルド・スカマルチョ
アレス - ルビー・ローズ
ジアナ・ダントニオ - クラウディア・ジェリーニ
カシアン - コモン
ウィンストン - イアン・マクシェーン
シャロン - ランス・レディック
ジュリアス - フランコ・ネロ
ルシア - ヨウマ・ジャキテ
ソムリエ - ピーター・セラフィノウィッツ
アンジェロ - ルカ・モスカ
バワリー・キング - ローレンス・フィッシュバーン
アール - トビアス・シーガル
オーレリオ - ジョン・レグイザモ
ジミー - トーマス・サドスキー
バイオリン奏者 - ハイジ・マネーメーカー
スモウ - YAMA
ヘレン・ウィック - ブリジット・モイナハン
アブラム・タラソフ - ピーター・ストーメア
オペレーター - マーガレット・デイリー
nice!(1)  コメント(0) 

パフューム ある人殺しの物語 [映画]

「パフューム ある人殺しの物語」DVDで見ました。

perfume.jpg

------------
世界45か国で発売され、1500万部の売上げを記録したパトリック・ジュースキントのベストセラー小説を映画化。
『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァが監督を務め、美しい女性の香りを手に入れるため、恐怖の連続殺人鬼と化していく男の物語を描く。
驚異的な嗅覚を持ち、一切の体臭を持たない主人公を演じるのは『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』のベン・ウィショー。
------------

4613.jpg

パトリック・ジュースキント原作、トム・ティクヴァ監督の異色作です。
驚異的な嗅覚を持つ男の話ですがかなり奇怪な映画です。
原作に非常に忠実だそうです。
ベン・ウィショーというとクレイグボンドのQ役のイメージが強いですが、その前にこんな怪演をしていたとは。
ダスティン・ホフマン、アラン・リックマンを向こうに回して堂々の怪演です。
ヒロイン、ローラ役のレイチェル・ハード=ウッドが美しいですね。
ただ、かなりグロなシーンもあるので苦手な人は注意。

監督 トム・ティクヴァ
脚本 トム・ティクヴァ、アンドリュー・バーキン、ベルント・アイヒンガー
原作 パトリック・ジュースキント『香水 ある人殺しの物語』
音楽 トム・ティクヴァ、ジョニー・クリメック、ラインホルト・ハイル
ジャン=バティスト・グルヌイユ - ベン・ウィショー
ジュゼッペ・バルディーニ - ダスティン・ホフマン
リシ - アラン・リックマン
ローラ - レイチェル・ハード=ウッド
ナレーター ジョン・ハート
nice!(1)  コメント(0) 

犯罪都市 THE ROUNDUP [映画]

「犯罪都市 THE ROUNDUP」見ました。

c1c0484687a83650c2e15fe0be59ac74.jpg

------------
マ・ドンソク主演『犯罪都市』の続編で、韓国とベトナムを行き来しながら容疑者らを追い詰めていく刑事たちの死闘を描くクライムアクション。
韓国の強行犯係の腕利き刑事たちが、凶悪犯を追い詰める。
------------

AS20221104001510_comm.jpg

マ・ドンソク『犯罪都市』の続編のアクション映画です。
マ・ドンソクが強くてちょっとコミカルでキュートです。
今の日本にこんなスターはいないなあ。
前作では中国からの悪党と対決しましたが、今回はベトナムで誘拐事件を起こす悪党を追います。
ベトナムにマ・ドンソクと一緒に行く班長チェ・グィファが色々と大変な目にあいます。
悪役のカン・ヘサンを演じるソン・ソックが凶悪です。
前作も面白かったですが、本作も面白かったです。
韓国映画は面白いですね。

監督 イ・サンヨン
製作 ユ・ヨンチェ マ・ドンソク
脚本 キム・ミンソン イ・サンヨン イ・ヨンジョン マ・ドンソク
マ・ドンソク マ・ソクト
ソン・ソック カン・ヘサン
チェ・グィファ チョン・イルマン
パク・チファン チャン・イス
ホ・ドンウォン オ・ドンギュン
ハジュン カン・ホンソク
チョン・ジェグァン キム・サンフン
nice!(1)  コメント(2) 

アムステルダム [映画]

「アムステルダム」見ました。

4f8c0af982cd3917b790019bf8d44a36-1024x758.jpeg

------------
1930年代のニューヨーク。かつて第1次世界大戦の戦地で知り合い、終戦後にオランダのアムステルダムで一緒の時間を過ごし、親友となったバート、ハロルド、ヴァレリー。
3人は「何があってもお互いを守り合う」と誓い合い、固い友情で結ばれていた。
ある時、バートとハロルドがひょんなことから殺人事件に巻き込まれ、容疑者にされてしまう。
濡れ衣を着せられた彼らは、疑いを晴らすためにある作戦を思いつくが、次第に自分たちが世界に渦巻く巨大な陰謀の中心にいることに気づく。
------------

20221027-OYT1I50188-1.jpg

デヴィッド・O・ラッセル監督のサスペンス映画です。
キャストは豪華です。
クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンが主役トリオ。
ロバート・デ・ニーロ、ラミ・マレック、マイケル・シャノンなど脇も豪華です。
ただお話は割と地味かな。
実話が元という事であまり白黒がはっきりしないラストもちょっと微妙かも。

監督 デヴィッド・O・ラッセル
脚本 デヴィッド・O・ラッセル
製作 マシュー・バドマン、デヴィッド・O・ラッセル、アーノン・ミルチャン、アンソニー・カタガス
音楽 ヒドゥル・グドナドッティル
バート・ベレンゼン - クリスチャン・ベール
ヴァレリー・ヴォーズ - マーゴット・ロビー
ハロルド・ウッドマン - ジョン・デヴィッド・ワシントン
ギル・ディレンベック将軍 - ロバート・デ・ニーロ
トム・ヴォーズ - ラミ・マレック
リビー・ヴォーズ - アニャ・テイラー=ジョイ
イルマ・セントクレア - ゾーイ・サルダナ
ベアトリス・ファンデンフーヴェル - アンドレア・ライズボロー
ミルトン・キング - クリス・ロック
ヘンリー・ノークロス - マイケル・シャノン
ポール・カンタベリー - マイク・マイヤーズ
レム・ゲトワイラー刑事 - マティアス・スーナールツ
ヒルツ刑事 - アレッサンドロ・ニヴォラ
リズ・ミーキンズ - テイラー・スウィフト
タリーム・ミルファックス - ティモシー・オリファント
ミスター・ネヴィンズ - リーランド・オーサー
エヴァ・オット - コリーン・キャンプ
nice!(1)  コメント(0)