SSブログ

座頭市千両首 [映画]

「座頭市千両首」をレンタルDVDで見ました。

6a8d33a1-7366-4757-8e10-6767af9f30a6.png

------------
市は三年前心ならずも斬った男の墓参に上州の板倉村を訪れる。
村では三年続きの凶作に苦しむ村民が代官に差し出す上納金をやっとの思い出捻出するが、その運搬途中に正体不明の何者かに襲撃され、強奪されてしまった。
市と兄の仇と狙う娘馬子・お千代の証言で、国定忠治に疑いがかかり、市もその仲間と思われてしまう。
身に覚えのない嫌疑を晴らすために、市は赤城山に立てこもる忠治一家に会いに行く。
------------

i-img1200x912-1574309165mr96kb299.jpg

座頭市シリーズの第六作。
前半は上納金を奪う話と国定忠治の話が交錯します。
忠治役は島田正吾でさすがの貫禄を見せます。
第2作で市の兄役で出演した城健三朗(若山富三郎)が悪役を演じます。
城健三朗と市の最後の対決シーンが凄い。
鞭を使う城健三朗に勝新太郎が馬で引きずられます。
このシーンは「レイダース」で引用されています。
スピルバーグは「座頭市千両首」をスタッフに参考試写したそうです。

Emh0hB-VkAIZVm9.jpg

監督 池広一夫
脚本 浅井昭三郎、太田昭和
原作 子母沢寛
音楽 斎藤一郎
撮影 宮川一夫
座頭市:勝新太郎
仙場十四郎:城健三朗
女馬子お千代:坪内ミキ子
国定忠治:島田正吾
お吟:長谷川待子
百々村の紋次:天王寺虎之助
代官松井軍太夫:植村謙二郎
日光の円蔵:石黒達也
板割の浅太郎:丹羽又三郎
百姓岩次郎:片岡彦三郎
庄屋清右衛門:林寛
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。