SSブログ

2月以降に見たい映画 [映画]

2月以降に見たい映画です。

ついでに1月に見た映画です。

1.1/3 「アンブッシュ」
2.1/5 「コンクリート・ユートピア」
3.1/10 「エクスペンダブルズ ニューブラッド」
4.1/12 「アクアマン 失われた王国」
5.1/17 「ある閉ざされた雪の山荘で」
6.1/19 「ゴールデンカムイ」
7.1/26 「カラオケ行こ!」

録画・DVDなど

「ル・アーブルの靴磨き」
「最後まで行く」韓国版
「キングメーカー大統領を作った男」
「復讐者に憐れみを」
「悪魔を見た」
「ロスト・エモーション」
「華麗なるリベンジ」
「放浪記」
「ブルービートル」
「レディー・アロー」
「宝塚版銀河英雄伝説」
「メカニック:ワールドミッション」

2月9日
「身代わり忠臣蔵」
時代劇「忠臣蔵」をベースに「身代わり」という設定を加えてコミカルに描いた土橋章宏の同名小説を、ムロツヨシ主演で映画化。

2月16日
「フレディ・マーキュリーThe Show Must Go On」
イギリスのロックバンド「クイーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーのドキュメンタリー。

2月23日
「犯罪都市 NO WAY OUT」
マ・ドンソク主演のシリーズ3作目。青木崇高、國村隼も出演。

「コヴェナント/約束の救出」
監督・脚本・製作ガイ・リッチー。

「マダム・ウェブ」
マーベル・コミックスのキャラクター、マダム・ウェブを主役に描くミステリーサスペンス。
nice!(1)  コメント(2) 

メカニック:ワールドミッション [映画]

「メカニック:ワールドミッション」地上波の録画で見ました。

060772_mechanic_poster.png

------------
ジェイソン・ステイサム主演で、1972年公開のチャールズ・ブロンソン主演の同名アクションスリラーをリメイクした「メカニック」の続編。
]鍛え上げられた肉体と頭脳を駆使し、精密機械のように暗殺任務を遂行することから「メカニック」と呼ばれる殺し屋ビショップをステイサムが再び演じ、トミー・リー・ジョーンズ、ジェシカ・アルバ、ミシェル・ヨーが共演した。
殺し屋稼業から足を洗い、平穏に暮らしていたビショップ。
しかし、そんな彼の前に、幼い頃に共に暗殺者として育て上げられ、ビショップを裏切っていった兄弟子クレインが現れ、世界を裏で操るフィクサーでもある武器商人の暗殺を依頼してくる。
最初はその依頼を断ったビショップだがったが、クレインに人質を取られ、やむなく再び暗殺を遂行することになるが……。
------------

2016年のアクション映画です。2011年の『メカニック』の続編。
前作よりも派手で面白かったです。
殺し屋から足を洗った主人公の前に旧知のクレインが現れ暗殺を依頼します。
ヒロインはジェシカ・アルバだし、ミシェル・ヨーも出ている。ミシェル・ヨーのアクションしないのは残念。
トミー・リー・ジョーンズがちょっと面白い役です。
ジェイソン・ステイサムの身体能力がさすがでアクションも快調でした。

監督 デニス・ガンゼル
脚本 フィリップ・シェルビー、トニー・モジャー
原案 フィリップ・シェルビー
原作・キャラクター創造 ルイス・ジョン・カリーノ
音楽 マーク・アイシャム
アーサー・ビショップ - ジェイソン・ステイサム
ジーナ - ジェシカ・アルバ
マックス・アダムス - トミー・リー・ジョーンズ
メイ - ミシェル・ヨー
クレイン - サム・ヘイゼルダイン
ジェレミー - ジョン・セナティエンポ
エイドリアン・クック - トビー・エディントン
クリル - フェミ・エルフォウォジュ・Jr
フランク - アンテオ・クィンタヴァッレ
メッセンジャー - ラター・ポーガーム
nice!(0)  コメント(2)