SSブログ

8月以降に見たい映画 [映画]

8月以降に見たい映画です。

ついでに7月に見た映画です。

46.7.5 「エルヴィス」
47.7/8 「ソー:ラブ&サンダー」
48.7/15「グレイマン」
49.7/18「キングダム2 遥かなる大地へ」
50.7/22「GHOSTBOOK おばけずかん」
51.7/27「キャメラを止めるな!」
52.7/29「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」

テレビ・録画など

「ロスト・イン・トランスレーション」
「蛇イチゴ」
「BROTHER」
「燃えよデブゴン TOKYO MISSION」
「サンセット大通り」

8月5日(金)
「L.A.コールドケース」
1990年代のヒップホップ界の大スター、2PACとザ・ノトーリアスB.I.G.の殺害事件をモチーフにしたクライムサスペンス。

8月11日(木)
「TANG タング」
『母と暮せば』などの二宮和也が主演を務め、デボラ・インストールの小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」にアレンジを加えて映画化したヒューマンドラマ。

8月19日(金)
「バイオレンスアクション」
浅井蓮次と沢田新によるコミックを、『シグナル100』などの橋本環奈主演で実写映画化。

8月26日(金)
「異動辞令は音楽隊!」
行き過ぎた捜査の末、警察音楽隊に異動することになった鬼刑事の奮闘を描く人間ドラマ。

「アキラとあきら」
ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」シリーズなどの原作で知られる池井戸潤の小説を映画化。

9月1日(木)
「ブレット・トレイン」
映画化もされた「グラスホッパー」などで知られる伊坂幸太郎の小説を原作に、ブラッド・ピットが主演を務めたアクションスリラー
nice!(0)  コメント(0) 

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 [映画]

「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」見ました。

000_l.jpg

------------
現代によみがえった恐竜たちを描く『ジュラシック』シリーズ完結編。
人類と恐竜たちが混在する世界を舞台に、両者の行く末が描かれる。
監督などを務めるのは『ジュラシック・ワールド』などのコリン・トレヴォロウ。
前作にも出演したクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードをはじめ、『ジュラシック』シリーズ初期作品のキャストに名を連ねていたローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニールらが出演する。
------------

3.jpg

『ジュラシック』シリーズ完結編です。
お話は前作の続きで恐竜が世界に放たれた世界が描かれます。
シリーズ初期のローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニールも出演。
サスペンスが効いていて面白かったです。
悪役がドジなのはお約束。
悪役のキャンベル・スコットは名優ジョージ・C・スコットの息子だそうです。

570626.jpg

監督 コリン・トレヴォロウ
脚本 コリン・トレヴォロウ、エミリー・カーマイケル
原案 コリン・トレヴォロウ、デレク・コノリー
原作 キャラクター創造 マイケル・クライトン
製作 フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレヴォロウ
音楽 マイケル・ジアッチーノ
オーウェン・グレイディ - クリス・プラット
クレア・ディアリング - ブライス・ダラス・ハワード
メイジー・ロックウッド - イザベラ・サーモン
アラン・グラント - サム・ニール
エリー・サトラー - ローラ・ダーン
イアン・マルコム - ジェフ・ゴールドブラム
ケイラ・ワッツ - ディワンダ・ワイズ
ルイス・ドジスン - キャンベル・スコット
ラムジー・コール - ママドゥ・アティエ
ヘンリー・ウー - B・D・ウォン
ソヨナ・サントス - ディーチェン・ラックマン
レイン・デラコー - スコット・ヘイズ
フランクリン・ウェブ - ジャスティス・スミス
ジア・ロドリゲス - ダニエラ・ピネダ
バリー・センベーヌ - オマール・シー
シャーロット・ロックウッド - エルヴァ・トリル
ワイアット・ハントリー - クリストファー・ポラーハ
ゲンマ - ジャスミン・チウ
nice!(0)  コメント(2) 

キャメラを止めるな! [映画]

「キャメラを止めるな!」見ました。

_ (3).jpg

------------
ゾンビ映画を撮影中のクルーが本物のゾンビに遭遇する『カメラを止めるな!』をフランスでリメイク。
日本で大ヒットした映画のリメイクに挑むことになった映画監督の悪戦苦闘を描く。
監督・脚本を『アーティスト』などのミシェル・アザナヴィシウス、音楽を『シェイプ・オブ・ウォーター』などのアレクサンドル・デスプラが担当。
主人公の監督を『真夜中のピアニスト』などのロマン・デュリス、その妻を『ある過去の行方』などのベレニス・ベジョが演じるほか、オリジナル版に出演した竹原芳子も登場する。
------------

1018302_02.jpg

『カメラを止めるな!』のフランス版リメイクです。
意外とオリジナルに忠実なのはちょっと驚きました。
ただB級でしかなかったオリジナルをフランスのメジャーな俳優が演じるののはちょっと違和感。
オリジナルでも強烈な印象だった竹原芳子が一番印象に残りました。
楽しく見ましたが、DVDレンタルでも良かったかな。

maxresdefault (1).jpg

監督 ミシェル・アザナヴィシウス
脚本 ミシェル・アザナヴィシウス
原案 上田慎一郎、和田亮一(『カメラを止めるな!』より)
音楽 アレクサンドル・デスプラ
レミー: ロマン・デュリス
ナディア: ベレニス・ベジョ
フィリップ: グレゴリー・ガドゥボワ
ラファエル: フィネガン・オールドフィールド
アヴァ: マチルダ・ルッツ
アーメル: セバスチャン・シャサーニュ
ジョナタン: ラファエル・クエナード
ムニール: リエス・セーラム
ロミー: シモーヌ・アザナヴィシウス
ロラ: アニエス・ウーステル
フレド: チャーリー・デュポン
ジョアナ: ルアナ・バイラミ
マノン: ライカ・アザナヴィシウス
ファティ: ジャン=パスカル・ザディ
通訳: 成田結美
マダム・マツダ: 竹原芳子
nice!(0)  コメント(0) 

サンセット大通り [映画]

「サンセット大通り」DVDで見ました。近くの図書館で借りた物。

_ (2).jpg

------------
豪邸で隠遁生活を送るサイレント映画時代の伝説的女優と、彼女が自身のために書いたシナリオの修正をまかされた売れない脚本家。
ジゴロ気取りで邸宅での日々を過ごしていた脚本家が、仕事だけでなく私生活すら束縛される事に怒りを感じ始めた時、物語は悲劇を迎える……。
ハリウッドの光と影をB・ワイルダーが見事に活写した傑作。
------------

main (1).jpg

ビリー・ワイルダー監督の1950年の傑作。
さすがはワイルダー監督、お話の面白さ、小道具の使い方、セリフの冴えにほれぼれとします。
グロリア・スワンソンの熱演に圧倒されます。
ウィリアム・ホールデンが若い。当時32才。
エリッヒ・フォン・シュトロハイムの脇役演技もスゴイ。
セシル・B・デミル、バスター・キートンらが本人役で出演するのも楽しい。
やはり本人役で出演のヘッダ・ホッパーは女優からコラムニストになり、赤狩りではブラックリストの作成など大きな役割を果たしました。
ヒロイン役のナンシー・オルソンはキュートですが、スワンソンやシュトロハイムとの共演はちょっと気の毒。

監督 ビリー・ワイルダー
脚本 チャールズ・ブラケット、ビリー・ワイルダー、D・M・マーシュマン・Jr
製作 チャールズ・ブラケット
音楽 フランツ・ワックスマン
ノーマ・デズモンド - グロリア・スワンソン
ジョー・ギリス - ウィリアム・ホールデン
マックス - エリッヒ・フォン・シュトロハイム
ベティ・シェーファー - ナンシー・オルソン
アーティ・グリーン - ジャック・ウェッブ
シェルドレイク - フレッド・クラーク
本人役での出演。
セシル・B・デミル
バスター・キートン
H・B・ワーナー
アンナ・Q・ニルソン
ヘッダ・ホッパー
ジェイ・リビングストン
レイ・エバンズ
nice!(0)  コメント(0) 

燃えよデブゴン TOKYO MISSION [映画]

「燃えよデブゴン TOKYO MISSION」DVDレンタルで見ました。

images-1.jpg

------------
「るろうに剣心」シリーズのアクション監督として知られる谷垣健治がメガホンをとったアクションコメディ。
「イップ・マン」シリーズや「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」で活躍するアクション俳優のドニー・イェンが、激太りした熱血刑事に扮し、日本を舞台に活躍する。
------------

710q6rP1RmL._AC_SX679_.jpg

ドニー・イェン主演のアクション映画です。監督は谷垣健治。
お話は結構突っ込みドコロが多いですが、さすがは谷垣監督とドニー・イェン、アクションは素晴らしい。
最初はいつものドニーですが、色々あって太ってしまいます。
特殊メイクで太ったそうですがアクションはさすがです。
日本を舞台にして竹中直人や渡辺哲も出演。
歌舞伎町や東京タワーも登場しますがセットです。
楽しい映画でした。

監督 谷垣健治
脚本 ウォン・ジン、ルイ・クーナン、ロナルド・チャン
製作 ドニー・イェン、ウォン・ジン、コニー・ウォン
製作総指揮 ウォン・ジン、ユー・ドン
音楽 チャン・クォンウィン、ケイ・チャン
アクション指導 大内貴仁、ヤン・ファ、ユー・カン
チュウ・フクロン - ドニー・イェン
ソン・ホーイ - ニキ・チョウ
ウォン - ルイス・チョン
香港警察長官 - アンソニー・チャン
シウサー - ウォン・ジン
フォンワー - テレサ・モウ
シウフー - チェイニー・リン
遠藤助三 - 竹中直人
マギー - ジェシカ・ジャン
島倉タカシ - 丞威
東野太郎 - 渡辺哲
東野組若頭 - 島津健太郎
山本勇二 - 葉山豪
築地の人魚 - バービー
東野組組員 - 三元雅芸
ブラザー・シャーク - 鈴村正樹
市長 - 大石吾朗
銀行強盗団のリーダー - ヤン・ファ
銀行強盗団のメンバー - ユー・カン
銀行強盗団のドライバー - 陳少華
香港の駐車監視員 - ウォン・チョーラム(カメオ出演)
銀行のマネージャー - ジム・チム・スイマン
バナナ日報の記者、トマト新聞の記者 - タイソン・チャック、ボブ・ラム
白服の殺し屋 - フィリップ・ン(カメオ出演)
nice!(0)  コメント(0) 

GHOSTBOOK おばけずかん [映画]

「GHOSTBOOK おばけずかん」見ました。

ghostbook-movie_poster02.jpg

------------
『STAND BY ME ドラえもん』シリーズなどの山崎貴が監督や脚本などを手掛け、童話シリーズ「おばけずかん」を実写化。
どんな願い事もかなえてくれる一冊の本を手に入れた子供たちが、さまざまな試練を乗り越えていく。
------------

20220607-00000013-flix-000-1-view.jpg

山崎貴監督の新作です。これは楽しかったです。
基本的にはジュブナイルファンタジーですが、VFXも充実していて大人の鑑賞にも耐えます。
子役の4人がいいですね。
唯一大人の新垣結衣ももちろんいいです。
VFXと実写の合成も見事です。
山崎監督のデビュー作「ジュブナイル」の鈴木杏と遠藤雄弥が主人公の両親で出演しているのもいいですね。
山崎監督ファンにはお勧めです。
しかし山崎監督の次回作の怪獣映画気になるなあ。

002729.jpg

監督 山崎貴
脚本 山崎貴
原作 斉藤洋、宮本えつよし『おばけずかん』シリーズ
音楽 佐藤直紀
主題歌 星野源「異世界混合大舞踏会 (feat.おばけ)」
坂本一樹:城桧吏
工藤太一:柴崎楓雅
飯田サニー宗佑:サニーマックレンドン
橘湊:吉村文香
一樹の母:鈴木杏
一樹の父:遠藤雄弥
古本屋の店主:神木隆之介
葉山瑤子:新垣結衣
声の出演
図鑑坊:釘宮理恵
山彦:杉田智和
一反木綿:下野紘
百目:大塚明夫
ジズリ:田中泯
nice!(0)  コメント(0) 

BROTHER [映画]

「BROTHER」DVDで見ました。近くの図書館で借りた物。

51boTgtif6L._AC_.jpg

------------
北野武監督第9作目。長期にわたるアメリカ・ロケを敢行した、ビートたけし主演によるハード・バイオレンス・アクション。
ヤクザ同士の抗争で組織を追われ、日本を脱出しLAに高飛びしたヤクザ組長の山本。
彼は現地で暮らしている弟を探し出し、そこに転がり込んだ。
やがて、山本はヤクの売人をしていた弟とその仲間たちと共に縄張りを拡大。
遂にはイタリアン・マフィアと抗争するまでに勢力を広げていくが…。
------------

kff1077s.jpg

北野武監督の9作目。
アメリカで撮影された事もあっていつもの青みがかった色調とは違いちょっと乾いた感じです。
前半は日本を脱出した主人公が弟と縄張りを広げていく展開でユーモラスで明るい感があり見せますね。
後半は無茶をしすぎてマフィアと抗争になり北野監督らしい展開ですね。
寺島進や大杉漣といった北野組常連の俳優もいいです。
オマケのメイキングが楽しい。

監督 北野武
脚本 北野武
製作 森昌行、吉田多喜男、ジェレミー・トーマス、ピーター・ワトソン
音楽 久石譲
山本:ビートたけし(スタンドイン:津川誠)
デニー:オマー・エップス
ケン:真木蔵人
白瀬:加藤雅也
加藤:寺島進
原田:大杉漣
石原:石橋凌
警察官僚:大竹まこと
クラブのママ:かたせ梨乃
仁政会組長:渡哲也
杉本:ジェームズ・シゲタ
花岡組長:奥村公延
六平直政、村上連、國本鍾建、嵯峨周平、吉田晃太郎、川原和久、稲宮誠、森永健司、ガンビーノ小林、冨樫真、佐野元哉
nice!(0)  コメント(0) 

蛇イチゴ [映画]

「蛇イチゴ」DVDで見ました。近くの図書館で借りた物。

61FNnsSDtgL._AC_SX425_.jpg

------------
明智家の娘・倫子は、幼い頃から真面目で優秀。現在は小学校で教師をしており、同僚で恋人の鎌田との結婚を控えている。
そんな彼女は働き者の父、優しい母、ボケてはいるが明るい祖父に囲まれ、平穏な毎日を過ごしていた。
だがある日、痴呆の進んだ祖父が亡くなり、その葬式に10年間も行方知れずだった長男・周治が姿を現わしたのをきっかけに、一家の和やかな雰囲気が一変する。
------------

20201126-hebi-2.jpg

西川美和監督のデビュー作です。
西川監督は長編2作目の「ゆれる」が素晴らしかったので本作以外の長編は全て見ていました。
デビュー作ながらさすがは西川作品、面白い。
俳優陣もみないいですね。
ラストに登場人物たちはその後どうなったんだろうと強烈な印象を残すのがいかにも西川作品でした。
DVDには西川監督と制作の是枝裕和さんの対談がついていましたが、2003年の作品だけあって二人とも若い。

監督 西川美和
脚本 西川美和
製作総指揮 是枝裕和
音楽 中村俊
明智周治:宮迫博之(雨上がり決死隊)
明智倫子:つみきみほ
明智章子:大谷直子
明智芳郎:平泉成
明智京蔵:笑福亭松之助
鎌田賢作:手塚とおる
喜美子:絵沢萠子
前田三郎:寺島進
通夜会場の男:蛍原徹(雨上がり決死隊)
菅原大吉
佐藤浩市
nice!(0)  コメント(0) 

キングダム2 遥かなる大地へ [映画]

「キングダム2 遥かなる大地へ」見ました。

kingdum2_poster.jpg

------------
原泰久のコミックを実写映画化した『キングダム』の続編で、「蛇甘(だかん)平原の戦い」のエピソードを描く歴史アクション。
春秋戦国時代の中国で、秦の玉座をめぐる争いから半年後、大将軍を目指す信が初陣に挑み、羌カイらと共に隣国・魏との壮絶な戦いを繰り広げる。
------------

kyokai.jpg

原泰久原作のコミックの映画化です。
前作(2019年)からしばらく空きましたが相変わらず面白い。
山﨑賢人はじめ俳優陣は好演していますが、今回はやはり清野菜名がいいですね。
CGを使っているにしても大軍の戦闘シーンはスゴイです。
ラストに3作目の予告編がついています。
来年公開予定。

RjEC5G5DBnnCuWMhbOrAD9bCE2otg4oLtlw5RC6dF3gW7oP4IKCVx3nMcanOgWGd.jpg

監督 佐藤信介
脚本 黒岩勉、原泰久
原作 原泰久『キングダム』
音楽 やまだ豊
主題歌 Mr.Children「生きろ」
信:山﨑賢人
嬴政 / 漂:吉沢亮
河了貂:橋本環奈
羌瘣:清野菜名
壁:満島真之介
尾平:岡山天音
尾到:三浦貴大
澤圭:濱津隆之
沛浪:真壁刀義
羌象:山本千尋
麃公:豊川悦司
昌文君:髙嶋政宏
騰:要潤
肆氏:加藤雅也
宮元:高橋努
縛虎申:渋川清彦
蒙武:平山祐介
昌平君:玉木宏
呉慶:小澤征悦
呂不韋:佐藤浩市
王騎:大沢たかお
nice!(0)  コメント(0) 

グレイマン [映画]

「グレイマン」見ました。

42323f0851b374655e9dd14594ac49c9.jpg

------------
「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ エンドゲーム」のアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟がメガホンをとったアクションスリラー。
「ブレードランナー 2049」「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリングと、「キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ」シリーズのクリス・エバンスが初共演し、命をかけた工作員同士の攻防を描く。
通称「グレイマン」と呼ばれ、その正体を誰も知らない優秀なCIAの工作員コート・ジェントリーは、ある日、組織の超重要機密を知ってしまったことから、命を狙われるはめになる。
元同僚で非情な工作員のロイド・ハンセンはコートに賞金をかけ、あらゆる手段を使ってコートを仕留めようとするが……。
------------

thegrayman_202204_3.jpg

マーク・グリーニー原作の『暗殺者グレイマン』の映画化です。
NetFlex映画ですが、15日から都内の一部劇場等で上映。
原作ファンなので早速見ました。
さすがはルッソ兄弟の監督。面白かったです。
Netflix史上最もお金がかかった作品だそうです。
ウィーンでの路面電車も登場するアクションなど唖然ですね。
俳優陣はみな好演していてゴズリングはもちろん、クリス・エヴァンスの悪役演技も見もの。
ファンのアナ・デ・アルマスのアクションもいいですね。
原作ファンにはアレ?という感じもあるのですが、まあ原作とは異なる別設定のアクション映画として見るのがいいかな。

a6bb63774258808f2ca1061d74127842-600x384.jpeg

監督 アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
原作 マーク・グリーニー『暗殺者グレイマン』(ハヤカワ文庫NV)
音楽 ヘンリー・ジャックマン
コート・ジェントリー / シエラ・シックス - ライアン・ゴズリング
ロイド・ハンセン - クリス・エヴァンス
ダニ・ミランダ - アナ・デ・アルマス
スザンヌ・ブリューワー - ジェシカ・ヘンウィック
デニー・カーマイケル - レジ=ジーン・ページ
アヴィク・サン - ダヌーシュ
クレア・フィッツロイ - ジュリア・バターズ
モーリス・カーヒル - アルフレ・ウッダード
ドナルド・フィッツロイ - ビリー・ボブ・ソーントン
ミスター・フェリックス - エミ・イクワコール
ペリーニ - ロバート・カジンスキー
nice!(0)  コメント(2)